« 教育基本法 | トップページ | 5月6日購入書籍 »

2006年4月30日

(書評)人は放射線になぜ弱いか

ブルーバックス
人は放射線になぜ弱いか 第3版
少しの放射線は心配無用
近藤宗平
ISBN4-06-257238-9
講談社 1998.12

 興味があったのでたまたまだったのだが、時事的に少しタイムリーだったようだ。本文ではチェルノブイリの問題にも触れている。

ブルーバックスシリーズ自体、きちっと数字を並べてあるものが多く、その点少し専門的なのだが、放射線という一般的に捉え難いものがテーマなだけにイメージし難い部分が多い。特に放射線を取り上げた場合、複数あるその強さ大きさを表わす単位がどうしても漠然としてしまい、なにが大きくてなにが小さいのか最後までピンとこなかった。

ただし話としては十分に面白く、放射能がどういう点で人体に影響があるのか、それなりに噛み砕いて解説されている。とくに細胞のDNA損傷にたいする修復についての解説が詳しく、分子レベル細胞レベルでの具体的な話が多い。この点で、生物を化学反応の集合体として捉えた場合になにが見えて来るのか、という自分が持っているテーマにたいして参考になる話が多い。

放射能という点では、いくつもの根拠をあげて低レベル放射線に対する過剰な拒否反応に警鐘を鳴らしている点がメインと思う。この問題については、いまの所この本以上には踏み込まないつもりなので、そういうもんなのか、という反応しかできない。ただ、日本にいくつもある放射能系の温泉が何故身体に良いのかという説明にはなっており、その点単純に肯定できそうな部分を含むと思う。中国にある自然放射線が相対的にかなり高い地域での研究が報告されていて、むしろ健康で長生きな人がいたりするという。考証のしようはないのだが面白い話ではある。

全体でみて、話を少し単純化する為に省いてある部分や、部分的に難解な文章が混ざるところなど、読後感としては引っ掛かるところも多い。また、あまり踏み込まない前提で読んだため、難解な部分はアバウトな理解のままで読み過ごしてもいるので、本の内容としては半分も理解していないかもしれない。それでも、本のタイトルに対して期待したものは十分に得られたと思うので良しとしておきたい。

|

« 教育基本法 | トップページ | 5月6日購入書籍 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/9824218

この記事へのトラックバック一覧です: (書評)人は放射線になぜ弱いか:

« 教育基本法 | トップページ | 5月6日購入書籍 »