« (書評)戦国 北条一族 | トップページ | 今月のみんなのうた »

2006年5月10日

ロングドライブin北海道

 連休の前半は、5年振りに北海道を車で走った。例年よりも春が遅いとという今年の北海道では、少し高いところに登だけで雪が残っていたし、標高の高い峠越えはまだ閉まっていた。桜はもとより木々に新しい芽吹きはまだなく、初日は雨混じりの天気だったこともあって2月のような景色だった。

いつもの事ながら北海道の道は走り易い。道路の整備が進んでいることもあるが、雪対策で路肩が広い、市街地周辺以外はほとんど信号が無い、多少起伏があっても真直ぐな道が多い、そしてそもそも交通量が少ない。一般の道道や農道でも走り易い二車線道路が続いているが、対向車はめったにない。

今回走ったところがたまたまだったのかもしれないのだが、ここ5年ほどで新しく造られたトンネルを沢山走り抜けた。今まで全く道の無いところにできたものも中にはあったと思うが、ほとんどが既にあった道路の改築として造られたもの。横幅が広く取ってあってとても走り易い。ただ、海沿いの景色を期待して走っていたのに肝心の所が長いトンネルに代わり、ひたすら暗闇を走り抜けるだけになってしまった所もあった。急な海岸崖や冬の風雪対策、メンテナンスの軽減に威力を発揮することと思う。外から行くものは我が儘である。もう少し海沿いを、海を見ながら豪快に走ってみたかった。

北海道の道は間違い無く他の地域より整備されている。地形や地勢、歴史の違いがあるので単純比較はできないが、私がここ数年よく走る機会があった九州にくらべ格段に走り易い。北海道建設部のHPには「全国よりも低い高規格幹線道路の整備水準」とある。それはそうだろう、一般道路が十分に他の地域の高規格道路並みに機能し得るのだから。現在建設が進められている高速道路は当面片側一車線、制限速度70km/h。一般道路と10kmしか違わない。納得がいかないのはしょうがないと思う。

|

« (書評)戦国 北条一族 | トップページ | 今月のみんなのうた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/10009938

この記事へのトラックバック一覧です: ロングドライブin北海道:

« (書評)戦国 北条一族 | トップページ | 今月のみんなのうた »