« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日

今さらだが

 ・・・結果が微妙に面白かったので、記録に留めておこう。

  成分解析

しかし、月の光と税金かい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日

(書評)内陸圏・海域圏交流ネットワークとイスラム

内陸圏・海域圏交流ネットワークとイスラム
森川哲雄・佐伯弘次編
ISBN4-88757-107-0
櫂歌書房 2006.5

 九州大学21世紀COEプログラムに基づいて、昨年9月に行われたワークショップでの内容に沿ったもので、「内陸圏・海域圏交流ネットワークとイスラム」のテーマに沿った11の論文が収録されている。社会経済史というような分野に近い内容であり、政治史を中心として、趣味として歴史と付き合っている私には遠い分野であり、学生時代の歴史の授業では文化史と並んで読み飛ばしていたところといってよい。それでも読んでみると得心する部分がかなりあり、今まで知らなかった世界という点で面白かった。以下、興味を惹かれたものについて、つまみ食いして簡単に紹介してみたい。


 「明初中国と中央アジア・西アジア地域との間における外交言語の問題」
 劉迎勝
 中国に来る諸外国の使節が何語を使っていたのか。自国語と中国語を喋れる通訳を使い、文書は漢文でと想像するのだが、日本や朝鮮ならそうなのかもしれない。では中央アジアや東南アジアはどうだったの、といわれると想像もつかない。本論によると、明初期その中心は回回文、つまりアラビア文字によるペルシャ語文書だったという。しかもシャムあたりからの文書についても、回回文だったとか。鄭和が注目されているように、この時代にもムスリムの存在がある。教科書的な知識として、明初といえば東南アジアに本格的にイスラム教が拡がり始めた時代との認識がある。それでペルシャなのかなという点は分りやすく、それでいて面白い。

 「西安清真寺洪武25年聖旨碑」からみた元明期中国ムスリムの変容とネットワーク」
 舩田善之
 チンギス=ハンの時代に活躍した中央アジア出身者というサイイド=アジャッルの子孫に関わる、西安に残る石碑の碑文に基づく論文。モンゴルの時代に周辺から中国に移り住んだ人々はその後どうなったのか、という話は一般的にはあまり語られないところであり、ともすれば元朝の滅亡とともに忽然と消え去ってしまったような印象さえ感じてしまう。元明の交代期を越えて、そういう人達がなおも中国にとどまり、根をおろしていった記録が残っているところが興味深い。
 なお論文本旨とは関係ないのだが、本論中でチンギス=ハン一族の名前に、今までにあまり見たことがない表記がされている。オゴデイをウグデイ、トルイをトロイ、モンケをムンフといったところ。とくに説明がないので分からないのだが、これが今主流の表記、あるいは発音に近い表記ということか?

 「元朝とイル=ハン朝の外交・通商関係における国際貿易商人」
 四日市康博
 元朝とイル=ハン朝の間の繋がりというと、マルコ・ポーロが帰国の際にフビライの命を受けて・・・という話を思い出すが、この話は中国の資料には全く登場しないとか。本論ではこの時代に実際に両朝の通交を担った人々を、東西両方から取り上げて検討している。もともと私が明確なイメージを持っていないので、なにより具体名がいくつもあがるところに率直に驚く。実際に活発な交流があったということである。本論中に紹介されているのだが、両朝の使節のやり取りの中には、フレグ家が中国に持っている領地からの収入の輸送というのが含まれていたとか。形式的なのかもしれないけど、13世紀の終わりになってもそういうやり取りがあるというのは、モンゴルという超巨大国家があの時代にどこまで一つの国として機能し得たのかと、飛躍して考えてもとても面白い。


 本書はごく限られた時代、ついて深く掘り下げたテーマに基づく論文集であり、その意味で自分の興味のある時代地域とはいえ、趣味として読むにはややしんどい。また逆の意味で普段あまり目にしない具体的な話が触れられている点、とても興味深い。テーマ的にともて面白いので、舩田さんや四日市さんには遠くない時期に一般向けの一書を是非お願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日

5月27日購入書籍

図説中国文明史8
遼 西夏 金 元 草原の文明
ISBN4-422-20259-6
創元社 2006.5

 2ヶ月前に買った7巻につづいて購入。正直いってこれで3500円は高い。写真には初めて見るものもあり、眺めていて面白いかなとも思うが、図表には間違いが散見される。内容については、モンゴルの部分を中心に随分と古典的と思う。私は最近のモンゴル時代再評価の影響を受けているので、四汗国、色目人、漢化、民族といったワードが大きく踊っていると退いてしまう。このシリーズの続巻を買うことはないと思う。また、西夏については特に見るべきところがなかった。


中公新書 1829
空間の謎・時間の謎
内井惣七著
ISBN4-12-101829-X
中央公論新社 2006.1

久しぶりに宇宙物理もの。しばらく読んでない分野なので、最近の研究をもとにした分りやすい解説を期待しているのだが、さていかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日

祝! 白鵬優勝!!

 熱戦の末、白鵬が優勝しました!
把瑠都の活躍も見てて楽しかったですね。
来場所は白鵬の優勝と横綱を期待したいですが、朝青龍が復帰し、今場所不調だった琴欧州が復調してもっと盛り上がることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日

道州制特区広域行政推進法案

 道州制特区法案を閣議決定(NIKKEI NET)

 このニュースによると、

  国の権限や財源の一部を地方に移譲できるようにする道州制特区広域行政推進法案を

閣議決定したという。私は今の流れの中での道州制という論議に違和感を持っている。権限の大小があるとはいえ、地方分権としての連邦制のモデルとしてはアメリカ、旧ソ連あるいはドイツをイメージする。深く勉強したわけではないので、イメージでいうことになるのだが、日本なら中央政府が持っている立法や行政、司法の権限のうち、より多くの部分を州が持っているものが連邦制ということだろう。そもそもアメリカは州が集まって建国したわけだから、初めから国の前に州があった。中央から少しずつ権限を分けて差し上げましょう、で話が進んでいるが、そんなんで本当に連邦制が実現するのか。じつは道州制って連邦制ではないのかな。

 私は自立にこだわる。だから道州制についても地域がいかにして自立するかの前提で考える。上記「NIKKEI NET」のニュースの中で、「三つ以上の都府県が合併」が前提になっているのは問題だ。また、道州制は中身が問題であって、道州をいくつにするかという議論は全く滑稽で、合併を前提にするのも論外である。地方の自立が前提の連邦制を目指すのであれば、道州がいくつになるかは地方がきめればいい。私は、都道府県が道州の枠組みを示して、市町村が各々の判断で参加する道州を決めればよいと思っている。基本的な条件の上に立って自立を目指すのであれな、道州の大きさは問題ではない。国政における失敗を押し付たことで非常に歪んでしまった市町村合併の過ちを繰り返す必要はないのである。

 道州制は、地方の自立の問題も含め税源のことが一番のネックになっていると思う。でも道州制が連邦制であれば、地域の税金は道州が集めるものであり、道州で剰ったものを中央に分けてあげる、という方向に変えるべきと私は考える。山陰とか四国とか北海道がそれで自立できるのか分からないが、議論の出発点はその方向にしたいと思うのだ。

 そして、私が連邦制に一番期待することは、政策に対するる住民の参加と行政に対するる監視の強化という点。現状でも都道府県の権限ですら大きくて、容易にその暗部が明らかにされない。まして中央政府は強大だ。この点で道州制について考えると、合併ではなく分割という結論になる。都道府県が合併して道州になるのではなく、中央を分割して道州に、県を分割して市町村にということ。機能が被る北海道や沖縄の開発庁に生き残る余地がないのは、ごく自然なことなのだ。

 理想を説いたところで中央が権限を捨てるはずもなく、連邦制に移行することはないのだろうとも思が、それでも自分なりに理想は言っておきたい。ことこの問題に関しては、今後の推移を見守りたいとは言いたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月17日

太田神社

 先日、北海道を車で走っていて気に留めたことがひとつある。少し大きめの集落を過ぎると、神社の鳥居がほぼ必ずあったこと。今回走ったのは江差から小樽にかけての西海岸沿い。以前に北海道の別の地域を走った時にはとくに気にならなかったが、単に私の気に留まらなかっただけかもしれない。北海道といえども本土から渡った人たちが暮すようになって100年以上たっているわけだし、まして道南であればその歴史は更に古い。神社が建っていること自体別段不思議なことではない。ただ「そうか、あるんだなぁ・・・」という感慨があった。

神社は概ね集落のそれ程外れではないところに建っているのだが、あきらかにそれらとは違う神社があった。せたな町の国道229号を北に向かって走り、道が大きく山に迂回するところを道道に左折する。行き止まり近くの長いトンネルを抜けると、右手の山裾に鳥居が立ち急な石段が上へと続いている。鳥居の脇に立っていた地元観光協会の案内版によると、15世紀、松前藩の藩祖武田信広に縁りの神社で、北海道最古の山岳霊場太田山があるとのこと。もともと神仏混淆で修験者、信者が全国から集まったが、明治の分離政策で神社だけが残ったという。

鳥居は日本海の海辺に立っているのだが、そこから見上げる参道は今まで見たことのある石段の中で最も急なものだった。中国の霊峰泰山の参道も急だと思ったが、ここはその比ではない。感覚的には5、60度あるように見えるのだが、旧大成町のHPの「太田神社までの道のり」には

  山を見上げると40度の急勾配の階段・・・

とある。上から紐が2本垂れ下がっていて、昇り降りの際に助けとなる。少し迷ったのだが、ここまで来たからと思って登ってみた。久しくまともに運動をしていないので、身体は異様重くまさに這うように登った。まだ風は冷たく、息は直ぐに上がった。石段を登り切れば拝殿があるかと思えばそうではなく、そこからは全くの細い登山道となる。重い足をなんとか持ち上げながらしばらく登ると立派なお堂があった。随分登ったなぁと思ったのだが、後から登って来た人に聞くとまだ半ばだという。その人には、ここまで来たのだから本堂まで登っていけと言われたのだが、もう一歩も登れませんでした。いや、情けない・・・

先のHPによると、そこからさらに急な登山道を登って、鉄鎖の梯子を登ると祠の立つ洞くつに着くという。今の私には真ん中のお堂まででいっぱいいっぱいだったのだが、こんな急な山道を登ってお堂や鳥居の材料を担ぎ上げた人達がいる。それだけでも感服である。まさに信仰の力。

なお、参道があまりに険しいためか、山を見上げる海沿いの少し離れた場所に別に拝殿が建っている。本堂までは辿り付けなかったので、せめてもと思い、こちらにお参りしておく。写真は左が最初の石段、右が石段の頂上から見下ろした鳥居と日本海。

(参考)北海道檜山支庁のHP 太田神社

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日

春の黄葉

 黄葉といえば秋のことなのだが、春、ゴールデンウィークが明ける頃にも山が黄色に染まる。萌黄色と言われる色だ。秋ほどには強くない淡い色なのだが、私はこの淡い黄色に染まった山の色が好きだ。今年開いたばかりの新葉は、緑色が深まるまでの半月ほどの間、木の種類によって個性的な色をみせる。黄色にもやや濃いものや淡いもの、レモン色、赤みがかった黄色、黄緑色などだ。中でも柔らかな淡い黄色の楢の木の色が好きだ。

家のベランダからは近所のこんもりとした山が見える。様々な萌黄色と楠や杉、松などの常緑の緑が織り成すパッチワークが拡がっている。この景色を見ると、春の盛りを越え、夏が近づいてきたのだと思う。梅雨入りまでの間の一番好きな季節だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月13日購入書籍

 遠征したついでに、普段めったに寄らない大型書店で本を物色。

民族生成の歴史人類学
満洲・旗人・満族
劉正愛 著
ISBN4-89489-019-4
風響社 2006.3

3月に東京へ行った折に、神田神保町で見付けてから気になっていた一冊。その時はさんざ迷ったあげく違う本を買ったのだが、やっぱり読んでみたいので購入。タイトルどおりに民族というアイデンティティが形成される具体例が見られるのではないかと期待。


トルコ民族の世界史
坂本勉 著
ISBN4-7664-1278-8
慶應義塾大学出版会 2006.5

トルコ民族ものは怪しいものも含めていろいろとあるのだが、読んでみたい分野ではある。さらっと立ち読みした感触として、比較的期待に応えてくれそうに見えたので買ってみた。さて、どうであろうか。

それほど読書量が落ちているわけではないと思うが、未読本が溜まってきたので今日から読書強化月間としようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩谷哲ミニライブ

 先日買った塩谷哲のCDにイベント整理券が付いてきたので、電車で1時間かけて行ってきた。彼のピアノをCDで聴くようになってだいぶになるのだが、本物を見て聴いたのは初めて。CDショップの小さなイベントスペースなので、ライブハウスよりも演者の近い。

ピアノを生で聴くのっていいもんですね。ステレオとは迫力が違います。3曲、しゃべり込みで正味30分ほどのイベントだったけど、楽しかったですね(ライブの様子はこちらのブログが詳しくに伝えています)。今度はちゃんとしたライブに聴きに行きたいです。Salt&Sugar(SLTの佐藤竹善とのユニット)で新しいアルバムが出ることも期待しときましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月13日

もののけ姫

 もののけ姫を見たのはたぶん映画館以来だろう。あらためて見て良い作品だと思う。宮崎駿作品独特の、自分の内側から沸き上がって来るモノを感じさせてくれる映画だ。ただ、封切当時感じた彼の作品中でもとりわけ難解という感想もまた変わらなかった。その意味で不思議な作品だ。

彼の問いかけに対して業、定め、運命といった言葉では、やや後ろ向きに思えるので使いたく無い。それに代わる言葉が無いわけではないのだが、今の自分が語るべきではないと思っているので、これ以上は語る言葉がない。

夏にはゲド戦記が公開されるとか。たぶん見に行くことになると思うが、何を聞かせてくれるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日

今月のみんなのうた

NHKのみんなのうた。普段あまり気にとめていないのだが、今月の曲はとってもいい。
一曲目がCharの『OSAMPO』。タイトルそのままの歌詞なのだが、曲としてはCharらしくてとてもカッコ良い。
二曲目がさだまさしの『がんばらんば 』。言葉遊びのような曲で聴いていて楽しい。
Charはみんなのうた初登場とか。なんとも豪華なこの組み合わせ、偶然にも出会えるとなんとなく嬉しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロングドライブin北海道

 連休の前半は、5年振りに北海道を車で走った。例年よりも春が遅いとという今年の北海道では、少し高いところに登だけで雪が残っていたし、標高の高い峠越えはまだ閉まっていた。桜はもとより木々に新しい芽吹きはまだなく、初日は雨混じりの天気だったこともあって2月のような景色だった。

いつもの事ながら北海道の道は走り易い。道路の整備が進んでいることもあるが、雪対策で路肩が広い、市街地周辺以外はほとんど信号が無い、多少起伏があっても真直ぐな道が多い、そしてそもそも交通量が少ない。一般の道道や農道でも走り易い二車線道路が続いているが、対向車はめったにない。

今回走ったところがたまたまだったのかもしれないのだが、ここ5年ほどで新しく造られたトンネルを沢山走り抜けた。今まで全く道の無いところにできたものも中にはあったと思うが、ほとんどが既にあった道路の改築として造られたもの。横幅が広く取ってあってとても走り易い。ただ、海沿いの景色を期待して走っていたのに肝心の所が長いトンネルに代わり、ひたすら暗闇を走り抜けるだけになってしまった所もあった。急な海岸崖や冬の風雪対策、メンテナンスの軽減に威力を発揮することと思う。外から行くものは我が儘である。もう少し海沿いを、海を見ながら豪快に走ってみたかった。

北海道の道は間違い無く他の地域より整備されている。地形や地勢、歴史の違いがあるので単純比較はできないが、私がここ数年よく走る機会があった九州にくらべ格段に走り易い。北海道建設部のHPには「全国よりも低い高規格幹線道路の整備水準」とある。それはそうだろう、一般道路が十分に他の地域の高規格道路並みに機能し得るのだから。現在建設が進められている高速道路は当面片側一車線、制限速度70km/h。一般道路と10kmしか違わない。納得がいかないのはしょうがないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日

(書評)戦国 北条一族

戦国 北条一族
黒田基樹著
ISBN4-404-03251-X
新人物往来社 2005.9

 新人物往来社の○○一族シリーズの中でも良書、というのが率直な感想。シリーズの中にはライフワーク的な努力賞ものが散見されるが、これは一般向け研究報告という評価でいいかなと思う。北条一族の多くの人物について最小限ながら解説を加え、詳細な系図を添えているなど資料としての価値も持たせている。

本文は5章で構成され、北条五代各1章よりなっている。中でも今まで比較的情報が少なかった早雲(本書では伊勢宗瑞)と氏綱を扱った最初の2章、特に第一章が興味深い。今まで早雲といえば野心と策略によって伊豆、相模に切り込んでいった、あくまでも早雲の野心が主であって、関東の情勢は早雲に利用されたもの、というイメージが強かった。本書を読んだあととして、早雲といえども両上杉や足利将軍家、関東公方、今川、武田といった勢力とその情勢の中での存在であり、多くの部分で結果として伸張を遂げたのだといってしまうと要約しすぎか。

伊豆進出にしろ相模進出にしろ小説的な話が多かったわけだが、両上杉の対立に加勢する結果としての小田原進出。また早雲の代では今川氏の軍勢として、また扇谷上杉の同盟軍として武蔵や房総で戦っている話など、決して姦雄とか特別な英雄ではなく、戦国時代の枠組みの中の存在だったということになる。ゼロに等しいところからスタートして関東随一の勢力の基礎を築いたという、類例の少ない成功者であることには違いはないが、恐ろしく深長な謀略の果てに得た成果という訳ではなく、早雲といえども必ずしも特別な存在ではなかった。

少しイメージ的な話になったが、以上は私の感想であって本書はそういう本ではなく、歴史資料の中から語ることができる北条氏を具体的に纏めた本である。しかも一般向けで比較的読み易く纏まっている。趣味として戦国時代の物語りを読み漁っている向きにも十分楽しめる一冊ではないだとうか。

さて、私にとって北条早雲(これからは伊勢宗瑞と呼ぶべきかな)のイメージは、早乙女貢の著書『北条早雲(文芸春秋、1976年、絶版)』から始まっている。新しい伊勢宗瑞像をベースとした物語りを、誰かが書いてくれないものだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 8日

盛岡冷麺

 6年振りの盛岡。盛岡を訪れた理由はいろいろとあるのだが、そのひとつは冷麺を食べること。朝鮮系の焼肉屋に行けば食べられるものではあるのだが、一度はまった者にとっては盛岡冷麺というのは全く別の食べ物。他の冷麺に満足できない長い日々を経て、ようやく食べることができた(決して大袈裟ではない(笑))

本当なら、下には綺麗に盛り付けられて、出された直後の冷麺の写真が載るはずだったのだが、あまりの嬉しさに我を忘れて食べてしまい、気がついた時には既に麺は一本も残っていないという有様。恥ずかしい限りである(笑)
また食べに行かねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日

5月6日購入書籍

 東京で少し時間があったので、神田神保町を徘徊したのだが、収穫は中国の地図だけだった。

中国分省系列地図册
内蒙古自治区地図册 2005年版
ISBN7-5031-2175-0
中国地図出版社 2005.1

中国分省系列地図册
甘粛省地図册
ISBN7-5031-2522-5
中国地図出版社 2005.8

中国分省系列地図册
陝西省地図册 2005年版
ISBN7-5031-2461-X
中国地図出版社 2005.1


帰宅したら、出版社から取り寄せた本が届いていた。九州大学 21世紀COEプログラム(人文科学)「アジアと日本:交流と変容」の論文集の第二弾。
第1セッション「モンゴル時代における内陸圏・海域圏交流」で発表されたテーマに惹かれて購入。

内陸圏・海域圏交流ネットワークとイスラム
森川哲雄・佐伯弘次編
ISBN4-88757-107-0
櫂歌書房 2006.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »