« サッカーのCM | トップページ | ニュースソース »

2006年6月 5日

新聞の宅配制度に対する特殊指定

 私は新聞を取らなくなってもう随分と経つ。ニュースはネットが中心だが、たぶんそのソースの出所の半分は新聞社系のサイトだと思う。その意味で新聞がなくてもよいとは思っていない。

 様々な情報に主体的にアプローチができるようになった昨今、一日に読む文章の量はかなり多い。ニュースサイトや一般サイト、ブログ、メールニュース、そして鞄に入れてある本や雑誌。この頃、一日に読める文章量の限度というものを感じている。


 新聞の特殊指定 廃止見送りは当然だ(徳島新聞)
 この記事の中に次ぎの一文がある。

  新聞を通じた国民の「知る権利」の基盤は守られなくてはならない。指定が維持されるのは、当然であろう。

 既にいくつものブログで言及されていてその上塗りになるのだが(例えば微妙に日刊?田中大介)、新聞が知る権利の一翼を担うことと、特殊指定とは別次元の話と私も思う。だからこの文末に「当然であろう」という一文が添えられていることは、新聞社と自分との認識の違いであって、大きな違和感を覚える。少し短絡的に感想を加えれば、「そんな新聞の解説は読めないんじゃないかな」「見出しには眉唾がいるんじゃない?」といったところ。

 私が読者の代表というわけではもちろんないのだが、読む側の認識と書く側の認識に大きな隔たりが有るなら、それは「知る権利」にとって大きな弊害となるんじゃないのかな。

|

« サッカーのCM | トップページ | ニュースソース »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/10395219

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の宅配制度に対する特殊指定:

« サッカーのCM | トップページ | ニュースソース »