« 6月26日購入書籍 | トップページ | 7月 »

2006年6月27日

(書評)ご臨終メディア

集英社新書 0314-B
ご臨終メディア
質問しないマスコミと一人で考えない日本人
森達也・森巣博著
ISBN4-08-720314-X
集英社 2005.10


 オウム真理教を扱った映画『A』の監督森達也と、オーストラリア在住の作家森巣博による対談形式をとるマスコミ・メディア論。対談形式の本ってほとんど読んだことがないのだが、言いたい放題になるのは仕方が無いのかなと思う。ただ、番組制作の現場出身である森氏には、一方的に批判するわけではなく言葉を選んで問題点を明らかにしようという意図がみえる。それでも前半はテレビ制作の現場といった自分から遠い世界であって、話の内容に対して裏を取れるわけでもなく、ふーーーん、と思って読み流すしかない。

 第4章の「懲罰機関化するメディア」あたりからは、森氏のオウム取材体験を踏まえるなど、聞き知った話が増えて具体的に考察ができる部分が多くなる。自分が前から考えていたことの一つとして、無実で有罪になる可能性という問題があるが、ここを読むと無実で無罪なのに社会的に抹殺されるということに恐さを覚える。

 そしてもう一つの点、報道・情報というものを武器とした加害者に加担してしまう、もしくは加害者そのものになってしまう可能性という問題。対談の中で、最近の報道における内容の偏向について、報道側の視聴率に対する意識と見る側の問題意識の相互作用という論を展開している。自分は、報道側の過剰反応ということが状況を悪化させていると考えている。ただ、それに加担している可能性は否定できず、加えてネットという道具を持ち合わせていることを考えると、加害者になる可能性は留めておかなければならないと思う。

 細かい話を少々。「思考停止」という言葉が出て来る。本の副題にもあるように、日本人は考えが足りない、思考停止しているということ。結果論としてはそういう部分もあるかなとは思うのだが、日常的な実感としてはあまりない。考えてないではなく興味がないということならままあるか。

 善意と悪意という話がでてくる。単純に二項対立させているわけではない。性善説性悪説ということばも最後に出てくるのだが、自分はどちらにも組みしないということ。判断として善し悪しという時の判断基準を問題にしたいので、絶対善も絶対悪も想定しない。


 本のタイトルからしてわかるように、読後感は軽くも爽やかでもない。対談という形から単なる言いたい放題に見えてしまうし、話の裏も見えてこない。他に代わりになる本はいくらでもあるかなと思うが、比較的読み流し易いので簡単に何か読んでみたいむきには、薦めてもよいと思う。

|

« 6月26日購入書籍 | トップページ | 7月 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/10697282

この記事へのトラックバック一覧です: (書評)ご臨終メディア:

« 6月26日購入書籍 | トップページ | 7月 »