« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日

ゲド戦記

 久しぶりのジブリ作品、興味津々で見て来た。見終わった感想をそのまま言えば、なにか狐に摘まれたようといったところ。少なくともこの映画は笑ったり、手に汗を握ったりというようなエンターテイメントな作品ではなかった。

 自分とは同世代である監督が、世に問いたい、表現したい言葉があるというのは伝わって来る。でも、それが登場人物に喋らせた台詞そのものというのだとしたら、映像作品としてそれではあんまりだ。結局何が言いたかったのか良くわからない。

 導入部分で、ゲドに「世界のバランス」ということを語らせている。その設定自体が古典的なのだが、それは良いとしてもそれに落ちがついていない。単に導入として使うだけなら別の語り方があったのではないか。私は原作を読んでいない。パンフを読むかぎり、この作品の世界感は原作を読まないと解らないし、登場人物の背景も解らないらしい。つまるところ、この映画は単体として完結していないことになる。この作品を単体として期待していた自分には受け入れ難い。


 どうしても父親と比較してしまうのは、同じような絵、同じような展開、同じような音楽を使ったジブリの作品である以上しかたがない。見るものにとっては、同じ映画であって駿か吾朗かは関係ない。いろんな意味で面白い作品を期待していたのである。以下は比較して気になるところについて。

 環地中海的な風景にかつての栄光と今の黄昏を表現している方法自体は結構好きだ。だが、たとえ黄昏であってもそこに生きる人をきちっと表現するのが、駿氏の手法であり、自分が共感している部分のひとつである。生活臭の足りなさがなんともものたりない。

 登場人物の業の深さを垣間見せることで、正邪をあまり明確にしないことも自分が評価してきた点である。この作品にはかなり明確に正邪が存在し、邪の側に救いがないばかりか正義の味方まで登場してしまう。ちょっと適役が哀れすぎ。

 映像的な話しになるが、細かいカットの回しかたには駿氏との違いを感じた。それが良いか悪いかは評価が別れると思う。自分的には面白いとも思ったが、無駄と写るところも多かった。それ以外に、昔駿氏の作品で見たシーンの焼き直しと写るシーンを、重要なところでいくつか見せられたように思う。懐かしく重ねて見てしまう、でもそういう遊びな作品じゃないと思うのだが。


 最後に「シュナの旅」について。この作品は駿氏の書き下ろしで、自分の好きな作品のひとつ。「シュナの旅」の中でヒロインが登場するシーンがほぼそのままの形で映画の中に描かれ、そのヒロインを思わせる描写がある。しかし奴隷として売られていくその少女は、その後映画では何の役割も演じていない。「シュナの旅」が好きなだけに納得はいかない。

 結局酷評になってしまった。期待するなというのは無理で、期待していたぶんどうしても厳しくなってしまう。意図をして変えようとしたのかどうなのか、結果論として中途半端。人には勧めないし、自分が二度見ることもない。監督には是非次回作で頑張って欲しいと思う。


PS.
 ブログいろいろと読んでみた。当然ですが、意見は人それぞれです。前評判いまいちとは聞いてました。自分に酷評してやろうというスケベ心が多少なりともあるとは思います。世の中にはこういう考えもあると、サラッと読み流して頂ければOKです。ちょっと斜に構え過ぎだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月25日

旅行人

季刊旅行人 2006夏号
雑誌87849-07
2006.7

 旅行人は知る人ぞ知る、主にバックパッカーを対象にした旅行雑誌だ。かつて自分がバックパッカーだった頃、インドやネパールの日本人が出入りする宿や食堂で見かけて、暇つぶしに読んだものだった。バックパックから離れても、時々本屋で見かけて気が向いたら手に取ることもあったが、買ったのは何年ぶりだろう。

 久しぶりに買ったのは、特集が「ラサの21世紀 チベットの聖都ラサが迎えた新時代」だったからだ。今夏、青海からサラまで鉄道が開通した。今年がチベットにとっての一つの区切りになった年、として語られるのはたぶん間違いないだろう。

 自分はまだラサに行ったことがない。10年前にチベットの入り口までは行ったのだが、そこから引き返した。当時、ラサは旅の目的地には入っていなかった。当時のラサは、様々な苦難を乗り越えて潜り込むように訪れる街だった。以来、サラは行ってみたい街のひとつとしてありつづけている。
昨今は、ラサとはどういう街なのか。

 中国では大抵の街がこの10年で劇的に変わったのだろうと思う。自分の知る範囲では北京がもっとも変わった。北京駅前には当時の面影はほとんど残っていない。10年前のラサを知らない自分にも、誌面の写真から大きな変化があったことは想像できるが、その大きさは分からない。

 ラサを含むチベットは、近代の歴史の中でももっとも大規模な実験場だ。その結果がどうでるのかにはかなり興味がある。ただ、その答えがいつでるのかは分からない。

 ラサは行ってみたい街の一つではあるが、必ずしも優先度は高くない。いつの日か、自分が初めて目にするラサはどんな姿をしているだろうか。我侭な言い分なのだが、その時にあってもラサが自分の好奇心を刺激する街であって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日

(書評)シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?

地球研叢書
シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?
日高敏隆・中尾正義編
ISBN4-8122-0625-1
昭和堂 2006.5

 本書は総合地球環境学研究所における研究成果、経過について一般書として纏められた一冊。言葉遣いの難しい論文集というのではなく、一般読者を想定した構成で、内容の割にかなり読み易く、あまり目に力を入れずに読めた本だ。

 2章ではオアシスについての一般論から中国のように河川流域に成立しているオアシスの実体について、3章では中国甘粛省を流れる黒河につての歴史的、科学的データをもとにした分析、4章では中国で発生する黄砂の発生源のデータからの分析、5章では世界とシルクロードを対比しながら水危機問題の本質の一端を分析している。いずれの章につても、テーマについてきちっと結論が出されているわけではない。しかし一端とはいえ具体的な数字を基にした解析を行い、分りやすく問題点を示している。

 上記のほか、1章にはNHKのプロデューサーによるNHKTVシルクロードシリーズの裏話、イランにおける水信仰についてのコラムが掲載されている。

 一般向け200ページという制限の中で、大枠な話で結論を短絡することなく、問題の本質を一部にしろきっち見せようとしている姿勢はむしろ評価している。まだ途中経過報告といえばそうなのかもしれないが、そのことは読んでいて不快ではない。今後ともできるだけこの様な情報発信がなされることを期待した。

 総合地球環境学研究所には、環境科学系の人ばかりでなく歴史など人文系の研究者も参加していて、すでに論文、資料集と形の会報が刊行されている。問い合わせれば無料で入手できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日

HPの更新

 久しぶりにHPを更新しました。といっても7月6日のブログに載せたGoogle Mapを情報を追加しただけですが。 久しぶりにHPを更新しました。といっても7月6日のブログに載せたGoogle Mapの情報を追加しただけですが。Google Mapの解像度が向上したので、これはこれで良いのですが。

 しばらくぶりなもので、簡単なタグの書き方すら忘れてました。まったく鈍ってますね(^^;

 HPを開設して満一周年。年内にはいくつか新しいコンテンツを追加できるように、頑張ってみましょう(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日

7月22日購入書籍

アジアの歴史
東西交渉からみた前近代の世界像
松田壽男著
ISBN4-00-600162-2
岩波書店 2006.7

講談社学術文庫1750
エゾの歴史
北の人びとと「日本」
海保嶺夫著
ISBN4-06-159750-7
講談社 2006.2

 いずれも同名の旧著(アジアの歴史エゾの歴史)からの再刊本。アジアの歴史は松田壽男著作集5にも収録されており、一応既読なのだが、既に忘却の彼方、文庫本にて再読を狙う。エゾの歴史はメチエの表紙を見かけた記憶がなく、既に絶版本。未読本が増えることも顧みずに購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日

連休中の収集資料と購入書籍

 今年で43回目になる日本アルタイ学会のクリルタイに、初めて参加して来ました。興味深い発表と連日深夜におよぶ楽しいお話の数々でした。

 発表の席で配付されたレジメの一覧、お分け頂いた論文や冊子、書籍を以下に列記しておきます。残念ながら自分の時間の都合で発表は全部聞くことがでませんでした。


 発表要旨
 
藤原崇人
開龍寺鮮演にみる契丹(遼)仏教の一様相

白 玉冬
8〜9世紀の九姓タタール

岩尾一史
mda': 古代チベットの長さの単位

山田勅之
明代における麗江ナシ族・木氏土司の対外戦略
---中華世界とチベット世界の狭間で---

森部 豊
河北地域新出土のソグド人石刻資料
---2005年度夏季調査報告

藤本透子
ポスト・ソビエト期における牧畜の民営化と世帯戦略
---カザフスタン北部農村の事例から---

栗木陽子
チャンキャ=フトクト一世の来朝と扎薩克喇嘛制度

小田寿典
再びトルコ語八陽経の写本について

田村 健
ハザルのユダヤ教改宗に関する諸問題


 頂きもの

堀 直
ヤルカンドの街区
---旧城内の歴史的プランの復原の試み---

武田和哉
契丹国(遼朝)における宮都の基礎的考察

中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの
成立と変容に関する歴史学的研究
 平成14年度〜平成17年度科学研究費補助金
 研究成果報告書
研究者代表 堀川 徹


 購入書籍
 お会いできると予想していなかったのでかなり驚きました。両著者より署名入りで頂戴しました。

PHP新書363
だれが中国をつくったか
負け惜しみの歴史観
岡田英弘著
ISBN4-569-64619-0
PHP新書 2005.9

PHP新書387
世界史のなかの満洲帝国
宮脇淳子著
ISBN4-569-64880-0
PHP新書 2006.3


 3日間に渡って、興味深いお話を聞かせていただいた皆様、夜遅くまで雑談におつき合い頂いた皆様、この場にてお礼を申し上げます。次に、なにかの機会でまたお会いした時もよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月14日

今日の買い物

週間シルクロード紀行 No.40
中国11
銀川 カラホト
朝日新聞社 2006.7

 週間シルクロードシリーズも40冊目。といってもこのシリーズ(というか週間○○系はおしなべてそうなのだが)は値段と内容のバランスがイマイチなので、買うのは40冊目にして初めて。タイトルに銀川 カラホトと付いていたので購入。もっともこの号も東京外語大の荒川さんの文章が載ってなければ買わなかったかもしれない。

 荒川さんは「歴史をひもとく40 西夏の時代」「シルクロード人物伝 40 ピョートル・K・コズロフ」「民族と宗教 第36回 タングートと西夏文字」の3偏を寄稿されている。全部まとめても7ページと決して多くはないものの、西夏関係で纏まった一般向けでまともな文章がそもそも少ないので貴重な一文だ。この短い中に西夏史、コズロフ伝から西夏文字の簡単な解説まで読み易く纏まっている。荒川さんには遠からず、西夏史、西夏文字、タングートなどを副題にして、西夏についての一般書を一冊、是非モノにして欲しいと思う。そろそろ西夏についての一般書が一冊世にでてもいいと思うのだ。

 荒川さん以外で面白かったのは、東京農大の小泉武夫さんが寄稿された「新疆ウイグル自治区の羊食文化」。中国旅行中には羊、そしてシシカバブには随分とお世話になった。そういえば、羊はしばらく食べてないですね。今度ジンギスカンでも食べに行こうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月13日

(書評)平成革新官僚

中公新書ラクレ119
ドキュメント
平成革新官僚
 「公僕」たちの構造改革
宮崎哲弥/小野展克著
ISBN4-12-150119-5
中央公論新社 2004.2

 もともと月刊誌『中央公論』に連載された「出でよ平成革新官僚」をベースに再編したもの。あとがきによれば、連載は複数のライターが取材執筆したものを、宮崎氏が責任編集したもので、それに小野氏が追加取材、再構成、執筆をし、宮崎氏が監修したものが本書であるという。総論以外に7つのレポートよりなっており、それぞれに文体、方向性に違いが見られることから、最初のライターの路線はある程度残っているのだろう。

 掘り下げの度合いの違いや、対立軸の描き方の違い(省庁内対立、省と政治家の対立など)は、各省庁の特質もあるかもしれないが、それぞれのライターによる問題点の捉え方によるものが主とみられる。数年前の話であり、同時代性が少し欠けるので書かれていることの実体に自分には不明である。竹中平蔵と官僚の対立を描いた「金融庁 対りそな公的資金注入が破った壁」などは、すこし出来過ぎに見えるがわりと面白かった。

 捉え方の違いには、その状況に即した実体がそれなりにあると自分は想定している。それは、特定の省庁に固有なものではなく、どこにも多かれ少なかれある問題の一面なのだろう。その点で、組織は巨大であり問題は複雑である、という結論でかまわない。

 ただし、今後問題にしなければならないのは、どのような組織であれ、革新も保守もいるものであり、その前提で改革が必要な時に中堅が初志を貫徹できるかどうかである。ここで匿名で登場した「革新官僚」といわれる人達が、一時の不満を吐き出しただけで他人事を決め込むのか、いずれ先人と同じ轍を踏むことになるのか、それとも初志を貫徹して必要な改革に粘り強く取り組んでいくのか、今後も追跡していって欲しい。

 上に書いたように、本書は宮崎氏執筆というものではないが、氏がなにをしようとしているかという色は明確に表現されていると思う。その意味でも、またタイトルの通り官僚(の一部)になにが起きているのかという点でも興味深い一冊だ。機会があればより宮崎氏の色の強い一冊をまた読んでみようと思う。


 めずらしく同時代ものを何冊か続けて読んだ。おかげで歴史ものが何冊も溜まってしまったので、しばらくは本来の路線に戻って歴史関係に専念しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日

今日の買い物

シルクロード
---過去と現在
深田久弥/長沢和俊著
白水社 1968.10
 ときどき覗く古本屋に立ち寄ったら、長沢先生の40年前の本を見付けたので購入。講談社学術文庫とダブっているかと思ったが、そうではないようだ。モノクロではあるが、古い写真が結構載っているのがよい。

 それと、一年前に発売になったらしい映画『敦煌』のDVD。今日初めて授けた西夏語の講議で話題にでて、懐かしくなったので購入。自分が西夏に興味を持つようになった切っ掛けが原作であり、この映画だ。88年公開の思いでの一本。本編のほかディスクがもう一本あり、1時間弱の制作裏話と10分ほどのインタビューが入っている。インタビューには監督の佐藤純彌、原作の故井上氏、そして西田龍雄先生が登場。西田先生ってはじめて見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日

Google Mapで世界旅行

 昨日に引き続きgoogle mapねた。

 あらためて、あっちこっち見てみると解像度の向上に驚く。へたな航空写真より良く見える。家一軒、道路一本、線路一本、車一台まで識別できる。そこで、前の解像度では全然だめだったナスカの地上絵をもう一度探してみた。さすがに幾何学模様はよく見えるが、生き物などの図形は厳しい。それでもなんとかハチドリを見つけることがでた。うっすらだけど、中央に有名な図形が見えるので目をこらしてみたください。コンドルとかサルとか他のは残念ながら見つからなかった。それでも全長が50m程度あるとはいえ、幅数十cm程度の線が見えるなんて、google map恐るべし。

 あと、ここまで見えるのか、というのを二つ。

 一つ目はチベット ラサのポタラ宮。街中に聳え立っているのが良くわかる。南を流れる川を渡って少し西へ行くと、なにやら道路状のものを建設中。これが今月開通した青蔵鉄道のラサ駅あたりと思われる。土台はできたが、線路がこれからという状況から、去年か一昨年の写真と思われる。

 二つ目はメッカ カーバ神殿。ちょっと恐れ多いのだが、あまりに綺麗に見えるので張り付け。それにしてもハッキリ見える。

 さすがにこのレベルの解像度でカバーしてる範囲はまだ一部なのだが、その範囲は今後拡がることが期待される。これだけの写真で世界をカバーし、しかもタイムラグがより小さくなったら、世界から軍事機密がかなりなくなるのではないか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 6日

Google Mapで西夏陵巡り

 ちょっとまえにgoogle mapと名前を改めたgoogle local。3月に一度取り上げた(Googleローカルで遺跡を探す)。久しぶりに中国を見てみたら衛星写真の解像度がかなり上がっていた。とくに西夏陵が拡がる銀川周辺は、高い解像度でカバーされていて、数mの大きさの物でもハッキリと確認できる。これにはかなり驚いた。へたな航空写真よりもはるかに鮮明。
 そこで、前回は西夏陵のある辺りだったが、今回は陵一つひとつの写真のリンクを付けてみた。遺跡の細かな解説はこちらを参照されたい。

 まず皇帝の陵を順に巡ってみる。
 9つの陵の中でも保存状態の良い1号陵
 1号陵のすぐ北西にある2号陵

 李元昊の陵墓と言われ、駐車場や参道、陵墓周辺が整備された3号陵

 3号陵の西、賀蘭山麓にある4号陵

 残存状態がかなり悪い5号陵、近くに解放軍の軍用車が並んでいる

 5号陵の西、割と大きな6号陵

 5号陵から北は解放軍の軍用地。近くには専用の空港もあるため、現地に行っても普通には入れない。ここに3つの陵があるはずなのだが、見に行くことができないのだ。7号陵は9つの中で唯一墓の主が発掘によって確認されている。中央上に陵台、右下に左右対になった鵲台、その間に壁や門が残っているのがわかる。ここらへんは10年前に出た本に載っている写真とあまり変わってない感じ。

 中央の小山が8号陵の陵台と思われる。同じ本の写真だと、草ボーボーの小山といった感じなので、少し綺麗に整備されたようだ。

 9号陵は付近に他に適当なのが見当たらないのでたぶんこの写真の中央の小山だと思うのだが、確証なし。

 それから、これはHPでは解説していないのだが、西夏陵に附属する陵邑・宗廟遺跡といわれるあたり。なんとなく四角い形が残っているのがわかる

 おまけとして、HPで解説している陪葬墓の中で写りがよいものをいくつかピックアップしておく。
 M161墓
 M177墓
 真ん中がM172墓、その左がM173墓
 M110墓

 それから、西夏陵以外で驚いたのが夏州城。西城と東城の残存の差がはっきりわかるだけでなく、西城の城壁のどこらへんが良く残っているかまで、はっきりわかる。

 おまけ
 中国でもなじみの所をいくつか
 まず北京の故宮とその南の天安門と天安門前広場

 もひとつは、西安の北、大唐の都の跡で大明宮の含元殿の土台。以前はただの土山だったのに、綺麗に整備されてしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日

7月

 今日から7月。自分のHPを開いて1年になる。ここのところ全く更新していない。西夏史は自分にとってはライフワークなので、まあ、ぼちぼちと続けていく予定。年内にもう1、2本、新しいコンテンツをアップできればいいかな。

 今年も半年が過ぎた。ブログも5ヶ月目に入る。よくも続いていると思う。しばらくは続けることを目標として続けていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »