« 旅行人 | トップページ | 高校野球 »

2006年7月29日

ゲド戦記

 久しぶりのジブリ作品、興味津々で見て来た。見終わった感想をそのまま言えば、なにか狐に摘まれたようといったところ。少なくともこの映画は笑ったり、手に汗を握ったりというようなエンターテイメントな作品ではなかった。

 自分とは同世代である監督が、世に問いたい、表現したい言葉があるというのは伝わって来る。でも、それが登場人物に喋らせた台詞そのものというのだとしたら、映像作品としてそれではあんまりだ。結局何が言いたかったのか良くわからない。

 導入部分で、ゲドに「世界のバランス」ということを語らせている。その設定自体が古典的なのだが、それは良いとしてもそれに落ちがついていない。単に導入として使うだけなら別の語り方があったのではないか。私は原作を読んでいない。パンフを読むかぎり、この作品の世界感は原作を読まないと解らないし、登場人物の背景も解らないらしい。つまるところ、この映画は単体として完結していないことになる。この作品を単体として期待していた自分には受け入れ難い。


 どうしても父親と比較してしまうのは、同じような絵、同じような展開、同じような音楽を使ったジブリの作品である以上しかたがない。見るものにとっては、同じ映画であって駿か吾朗かは関係ない。いろんな意味で面白い作品を期待していたのである。以下は比較して気になるところについて。

 環地中海的な風景にかつての栄光と今の黄昏を表現している方法自体は結構好きだ。だが、たとえ黄昏であってもそこに生きる人をきちっと表現するのが、駿氏の手法であり、自分が共感している部分のひとつである。生活臭の足りなさがなんともものたりない。

 登場人物の業の深さを垣間見せることで、正邪をあまり明確にしないことも自分が評価してきた点である。この作品にはかなり明確に正邪が存在し、邪の側に救いがないばかりか正義の味方まで登場してしまう。ちょっと適役が哀れすぎ。

 映像的な話しになるが、細かいカットの回しかたには駿氏との違いを感じた。それが良いか悪いかは評価が別れると思う。自分的には面白いとも思ったが、無駄と写るところも多かった。それ以外に、昔駿氏の作品で見たシーンの焼き直しと写るシーンを、重要なところでいくつか見せられたように思う。懐かしく重ねて見てしまう、でもそういう遊びな作品じゃないと思うのだが。


 最後に「シュナの旅」について。この作品は駿氏の書き下ろしで、自分の好きな作品のひとつ。「シュナの旅」の中でヒロインが登場するシーンがほぼそのままの形で映画の中に描かれ、そのヒロインを思わせる描写がある。しかし奴隷として売られていくその少女は、その後映画では何の役割も演じていない。「シュナの旅」が好きなだけに納得はいかない。

 結局酷評になってしまった。期待するなというのは無理で、期待していたぶんどうしても厳しくなってしまう。意図をして変えようとしたのかどうなのか、結果論として中途半端。人には勧めないし、自分が二度見ることもない。監督には是非次回作で頑張って欲しいと思う。


PS.
 ブログいろいろと読んでみた。当然ですが、意見は人それぞれです。前評判いまいちとは聞いてました。自分に酷評してやろうというスケベ心が多少なりともあるとは思います。世の中にはこういう考えもあると、サラッと読み流して頂ければOKです。ちょっと斜に構え過ぎだろうか?

|

« 旅行人 | トップページ | 高校野球 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

実は私も見てきたのです。

で・・・やっぱりむとうす様のような感想になるかと思いました。

が、一つ言いたいことは。

「説明お願いします!!」(笑)

ドロドロ原液「クモ」さん、名前だけのハイタカ(笑・・・笑えることに隣で見ていたガキは「ゲド」が最後まで誰だかわからなかった)、人格分離症状で現実に異変までもたらしたアレン王子と、何時までたっても王子を見つけられない故郷の無能王国・・・まったく説明ナシ。

おばさん・・・「墓所」「墓所」ってつぶやいたって、知ってる人しかわからないよ・・・(笑)

説明ナシでわかるのは、唯一あの「奴隷商人(?)」くらいなものです。だから、あの映画から彼を取ると話が成り立たないのでは?と思うくらい。

壮大そうにみえて、実は「水戸黄門だった」というのがこの映画のストーリーか。

そういう意味では「ぶれいぶ・すとーりーの方が面白いかも」という妹の言葉は正しいような気がする。

絵の方についてはよくわからないが、「ジブリ」って感じです。良くも悪くも。
ただ、遠景の人物の顔がテレビアニメのように手抜きっぽくなっていたような。

投稿: 大鴉 | 2006年7月30日 02時15分

大鴉さん、ども、しばらくぶりです。
元気してました?
早速コメント頂きありがとうございます。

>「説明お願いします!!」(笑)

 これは凄くわかります。自分もほぼ同じ所でひっかかってます。

 ただ、説明が過ぎると理屈っぽくなるし、細かい説明よりもストーリーから得る物がある的なとこが、宮崎駿作品にはとくにあるので、それはそれで構わないとは思っているのです。まあ、今回は消化不良がちょっと多いかなとは思うけど。

 宮崎駿の手腕でどちらかというと、評価している部分として、原作の面影が無くなるくらい自分の作品にしてしまう。未来少年コナンなんか典型。原作とは別作として良い作品だったんですよね。ゲド戦記も原作があったとしても、ある程度はそういう意味で映画として完結していて欲しかったんだけど。

 これも、親子比較論になってしまいますが(笑)

投稿: 武藤 臼 | 2006年7月30日 02時32分

武藤 臼様はじめまして。
トラックバックありがとうございます。

一緒に見に行った友人と帰り道いろいろ感じたところを話しましたが、結局「もっと説明を!」って結論に至りました。

きっと原作を読んだら分かるんでしょう。
で、原作を全部読まないとわからないのなら単作の映画としては駄目でしょう。

ま、今後に期待といったところでしょうか。

投稿: シロシロ | 2006年7月30日 23時10分

シロシロさん、こんばんわ

そうですね、次回作ということですね。
監督がどう受け止めるかは分かりませんが、次回作までは過剰に期待します。

気取らずに新しいものを作って欲しいですね。

投稿: 武藤 臼 | 2006年7月30日 23時43分

はじめまして。
トラックバックからとんできました。
自分も『ゲド戦記』は酷評になるなと思ったのですが、
公開初日から酷評をさらけだしていいのかなと気が引けて
いちおうやんわりと感想をかきました(汗)
私はゴジラが好きなのですが、ゴジラに関してはよく酷評をしていました。
ファンであるからこそ辛口に批判し、次に期待します。
ジブリファンの皆さんも、今回の作品に関しては賛否両論だと思いますが、ゴジラと違って、ジブリに終わりはありません。←ひがみ?(笑)
今後の作品に期待したいですね(*^ー^)

投稿: づらこ | 2006年8月 5日 21時32分

づらこさん、こんばんわ
コメントありがとうございます。

なんか、今読み返すと妙に力んでるように見えます
批評を書くというのは難しいですね(^^;;

次回作には期待しますよ(笑)
父親のほうもなにか作るらしいし
ジブリは当分楽しませてくれると思います

投稿: 武藤 臼 | 2006年8月 5日 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/11146843

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

« 旅行人 | トップページ | 高校野球 »