« HP更新 | トップページ | 9月 »

2006年8月29日

(書評)アレクサンドロス大王東征を掘る


NHKブックス1059
アレクサンドロス大王東征を掘る
誰も知らなかった足跡と真実
エドヴァルド・ルトヴェラゼ 著/帯谷知可訳
ISBN4-14-091059-3
日本放送出版協会2006.5


 内容としては、アレクサンドロスの遠征全般を扱ってはいるものの、中心はバクトリア征服後に、アム川を渡ってソグディアナに遠征する部分だ。タイトルに「掘る」とあることから、もう少し考古学色が強いものと予想していた。実際には文献に現れるアレクサンドロスに関わる地名、即ちその遠征の行路の比定に考古学の成果を用いて考察するというものである。

 アム川流域にあるヘレニズム期の遺跡で自分にとっては一番馴染みのある、アフガニスタンにあるアイハヌムはさわりていどに紹介されているだけ。アム川以北でアレクサンドロスの遠征に直接関係がありそうな遺跡、つまりはウズベキスタンとタジキスタンの遺跡の比較検討が中心である。

 中央アジアという興味の範囲ではあるものの、古代もここまで遡ると馴染みが薄く、自分にとっては新しい情報を黙って聞いている部分が割と多い。ただし、比較的狭い地域ながらソグディアナとバクトリアを結ぶ歴史的に重要な地域の遺跡が、写真、略図つきで紹介されていている点は興味深い。

 また、ソグディアナ遠征について扱っているとはいえ、サマルカンド前後のスキタイなどとの戦いについてはさわりしか触れていない。そのくらいに内容がサマルカンド以南、アム川以北地域の遺跡紹介と地名比定に限定されている。その意味では、アレクサンドロスと中央アジア関係モノとしても、極めて狭域の内容である。アレクサンドロスフリークとまではいかない古代史好き程度では、やや退屈な内容かもしれない。

|

« HP更新 | トップページ | 9月 »

その他の歴史」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/11672858

この記事へのトラックバック一覧です: (書評)アレクサンドロス大王東征を掘る:

« HP更新 | トップページ | 9月 »