« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日

佐和山城と彦根城

 薄雲が少し多かったものの、暑くも寒くもなく秋らしい一日、先週に続けて滋賀県の古城探勝。


 不思議と彦根城にはいままで行く機会が無かった。国宝四城の中では一番最後となった。

 訪れてみての感想をいきなり書くが、35万石、譜代の雄と言われる藩の城だけあって構えは大きく造作も立派だと思う。多聞櫓や天秤櫓など大身に見合った見事な遺構であり、池と木々、茅葺き屋を取り入れた玄宮園の雰囲気もかなり良い。

 ただ城として今一つ心に残らない。天守閣が小振りで絵的に見劣る点は如何ともしがたいのだが、城内表御殿を復原した博物館の常設展の貧相さはなんとかならないものか。城の歴史についての展示が皆無ではまったく面白く無い。


 今日のメインは、自分の趣味的にはどちらかというと佐和山城跡の方になる。この城は織田信長に詳しい人には語る必要もない城ではある。彼が近江に侵攻した時代、江東から江南を結ぶルート上で最も重要だった城である。彦根市街の東に聳える佐和山にあった城の正面、大手口はじつは彦根側ではなく山の東側になる。当時、東の山麓には東山道が通っており、東や北から東山道を南へ向かうのを押さえる位置になる。


 写真は佐和山城の大手門跡だいわれるあたり。手前には当時の内堀を利用したと思われるちょっと立派な用水路が左右に流れていて、その奥には多聞櫓がのっていたと言われる土塁が残る。今は田畑が拡がっているだけだ。正面の山の頂上が本丸跡。近江鉄道の鳥居本駅から近い。

 山頂の本丸へ登る道はいくつかあるらしく、本来正面である大手口から登る道もあるらしいのだが、その道は全く整備されていない。観光パンフレットに紹介されているのは、彦根側から登る2本の道で、私自身は国道8号のトンネル脇からの道を登った。この道は登城道を利用した道といったようなものではなく、踏み固めただけのハイキングコースである。国道から歩いて20分ほどなので、気軽に登ることができるのだが、距離の割には標高差があり部分的には傾斜もきつい。


 関ヶ原の戦いの前、石田三成の時代には石垣を築いて、櫓を巡らし、天守閣まであったという。しかし彦根城を築いた際に徹底的に破壊されたとされ、建物の基礎はおろか石垣の石を見つけることも困難となっている。遠く琵琶湖の先まで見渡せる見晴しの良い本丸跡には、楓と桜の木が茂るばかりで、山頂が少し広く削平されていることを除けば、往時を忍ばせるものはなにも残っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日

9月29日の買い物


オフコース1982・6・30 -武道館コンサート-


VisualYMO the Best


 給料日後でもあり、またタワーレコードのポイントがいっぱいになったこともあって、DVDを2本も買った。オフコースは2年前、YMOは3年前の発売と決して新作というわけではないのだが、ミュージックビデオが今の自分の流行りなもので・・・

 オフコースは、5人時代最後の武道館コンサートのもの。改めて聴いてみるとやっぱりオフコースは小田と鈴木が並び立ってこそオフコースと思う。なので自分は5人時代限定のオフコースファン。

 YMOの方は、1979年から1983年までの様々な映像を集めたもの。当時のYMOの映像は持っていないし、記憶の彼方であるのだが、あらためて見て聴くとなかなか面白い。当然ながら彼らも若かったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日

(書評)清朝のアムール政策と少数民族

東洋史研究叢刊之六十九
清朝のアムール政策と少数民族
松浦茂著
ISBN 4-87698-527-8
京都大学学術出版会 2006.2


 本書は、1980年代終わり頃から公開されるようになった中国東北地方についての清朝時代の行政文書について、その考察を基礎としたもので、本編12章、附篇2章よりなる論文集だ。清朝時代の東北地方といえば、清とロシアを巡る国境問題や、佐々木史郎氏の「北方から来た交易民」に描かれたようなサンタン交易の情報しか持ち合わせない自分にとっては、空白を埋める大変興味深い本である。

 著者が主に利用しているのは、清朝前期の東北地方の拠点の一つであるニングタ(現在の黒龍江省寧安県)の行政文書『寧古塔副都統衙門档案』で、主に康煕年間から乾隆年間を対象としている。ロシアとネルチンスク条約締結後にアムール川下流方向への感心が高まった清朝による政策について、同地域への地理的調査、樺太への進出の様子、統治形態、貂皮を巡る貢納や交易、民族の状況など具体的かつ広範に考証している。

 ネルチンスク条約で国境が決まったことは教科書にも載っているわけだが、国境がどう捉えられていたのか、そもそもあんな北方の山奥を把握していたのかと自分にとっては謎だった。清朝が多くの人数を調査のために派遣したことや、樺太進出に条約交渉が影響されたことなど、なかなか面白い話だ。

 また、同地域や樺太に対して清朝がどの程度の統治を行っていたのかという点について、おそらくその一面ではあるのだろうが、貂皮の貢納や身分の授与などによる間接統治の様子が具体的に考察されている。さらに、その際に起った事件に対する清朝の介入やその推移、また、間接統治下にあった人々を八旗に編入して移住させたこと、その後に起った大きな人の動き、八旗に編入されたことによって本来別の文化を持った人々が後に満族に同化していった話など、興味深い話題満載である。

 この研究はまた、探検家間宮林蔵が同地域に足を踏み入れる少し前を扱っていることになる。本書の附篇では間宮林蔵が残した文書に登場する現地役人について、清朝側の文書から考察している。比較的無理無く人物は同定されており、なかなか興味深い。

 400ページを超える大著で論文集という形態であるものの、文章自体は読み易くて分りやすい。自分にとっては近隣の空白を埋める貴重な一冊であるが、とりあえずこの時代のこのエリアには、この本を一区切りにしばらくは立ち入らない予定。ただ、新しい資料の登場とともにこれだけ面白い話が読めるというのは、今後の研究の進展には更なる成果の出現を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日

9月25日購入書籍

中公新書 1860
昆虫---驚異の微小脳
水波誠著
ISBN4-12-101860-5
中央公論新社 2006.8

 雑誌の書評に惹かれて購入。昆虫関係の解剖学、生化学的な本は初めてなのでかなり期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日

安土城と観音寺城

 秋晴れの爽やかな週末、滋賀県の安土に出掛けた。目的は2年振りの訪問となる安土城跡。

 稲刈りが進む長閑な田園が続く安土城下、天気の良いことに加えて、割と早めに家を出たので午前中に観音寺城を目指すことにした。安土城跡と向かい合う位置にある観音寺城跡。こちらの方が安土城よりも高い山の上にあるため、今まで一度も登ったことが無かった。

 観音寺城は、安土城考古博物館の東の山腹にある桑實寺を経て、休み無く歩けば山麓から3、40分ほどで本丸跡に到達できる。ほとんどが石段になっていて、勾配が厳しくて運動不足には応えるものの難コースというほどでもない。ちなみに桑實寺は、天智天皇の勅願寺といわれ、戦国時代に京都を追われた将軍足利義晴が一時滞在した寺でもあるそうだ。


 本丸跡と言われるところは、尾根を平らにならしたちょっとした広場になっている。ただし木々が茂っていて眺望は全く効かない。同じ山の山腹にある観音正寺は、そこからなだらかな山道を歩いて5分ほど。

 観音寺城から下って安土城考古博物館に寄った後に、安土城を目指した。安土城に登るのは今回で5回目。そこで今までまだ行ったことのない場所に行ってみた。


 写真は安土城の東の登り口で、搦手道と呼ばれているところ。安土城の東麓には、当時琵琶湖の入り江が拡がっていた。搦手道は舟から上げられた物資を城内へ運び込む為の道だったと考えられている。搦手道の発掘調査が行われたのは、1996年から98年にかけてのこと。今では写真のとおりすっかり竹藪に没していて、簡単に登れる道ではなくなっていた。


 最近整備が進んでいるのが、安土城の南正面、写真の大手門の周辺だ。発掘の成果に従って石垣や虎口が復原されている。2年前には無かったのだが、大手門の奥に関所が作られて入城料500円を徴集していた。


 写真は安土城の天主台の礎石群。天主周辺の発掘調査が行われてからも5年ほど経つ。2年前とはさほど変わっていない。発掘が始まる前には入れた伝三の丸や八角平が立ち入り禁止なのもそのままだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日

塩谷 哲コンサート at 兵庫県立芸術文化センター

 今月3つ目のライブは、6月のブルーノート以来となる塩谷哲。一月に3度もライブに行くこと自体が自分にとっては異例で、なんとも幸せな今日この頃。

 今回の塩谷哲は、ライブハウスではなくて収容350人程のコンサートホールでのピアノソロ。ライブというよりコンサートという語感かな。今までトリオやカルテットなどの中で聴く彼のピアノに耳が慣れていたので、ピアノソロというのはやや耳慣れていない感じもあった。

 休憩を挟んでの約2時間の中で、アンコールの2曲を含むのべ12曲を演奏、うち7曲がオリジナルで1曲が即興という構成。とはいえここがジャズピアノたる所以、なんども聴いたはずのオリジナル曲でもメインフレーズを含めてアレンジたっぷりで、ほとんど別の曲に聴こえる。演奏時間はおしなべてどれも10分近く。いったいどこまで拡がっていくんだろうという雰囲気。

 曲間にはMCもはいった。適度に小さく距離感の小さいホールでのトークは、彼が言うところの「ホームコンサート」のようで良い雰囲気です。

 今月の3つのライブは、型、雰囲気の全く違うものとなった。自分的にはもちろん違和感は無いのだが、随分と守備範囲が広いようには見えるかも。でも、アーティストで決めているだけなので、ジャズでも塩谷哲と小野塚晃以外にはあまり縁がなかったりする。

 塩谷哲もまた機会があったら聴きに行こうと思うのだが、11月15日に神戸である小曽根真とのデュエットは、週の真ん中だし、ちょっと厳しいかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月19日

Lip in 大阪

 仕事をやっつけてから、大阪ブルーノートへLipのライブを聴きに行った。

 Lipってなに? と言われてもしょうがないか。できたばかりのユニットだから。

 Tulipを聴くようになってもう四半世紀にもなるが、ライブに行く機会には恵まれなかった。Lipは、Tulipの第1期メンバーの姫野達也、上田雅利
、2期の宮城伸一郎の3人が作ったユニットいうこと。

 姫野と宮城がギターを弾き、上田がドラムを叩く、足りない音はコンピュータで補った。宮城はもともとベーシストなのだが、初めてリードギターを弾いたということだ。

 曲は1時間半でアンコールまでいれて15曲ほど。全てTulip時代の曲で、3人それぞれがボーカルを執った曲を交代で歌った。姫野と上田の曲はとくに古い曲ばかりで、涙が出そうなほど懐かしい。財津和夫抜きでもTulipの曲は楽しい。財津の曲も好きだが、彼らの曲はいずれも好きだ。楽しく聴くというより、回りの迷惑を顧みず歌いまくってきた。全部歌えるとは思わなかったが(笑)

 ここのところ、フュージョン系のライブが続き、歌つきは久しぶり。とても楽しかったので、次ぎの機会があるといいのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日

9月14日購入書籍

 気が付けば久しぶりの買い物。目当て以外にも面白そうな本が見つかったので、大人買い。


世界歴史の旅
中国古代文明
鶴間和幸・黄暁芬著
ISBN4-634-63330-2
山川出版社 2006.8

 中国の先史時代から唐代までの中国各地の遺跡を解説している。写真や奇麗な図版も載っていて斜読みしていても面白い。比較的新しい情報も扱っているようだ。


選書メチエ 370
項羽と劉邦の時代
秦漢帝国興亡史
藤田勝久著
ISBN4-06-258370-4
講談社 2006.9

 秦の始皇帝による統一の過程から、漢の成立までを扱ったメチエの新刊。メチエを買うのも久しぶりなら、古代中国ものを買うのも久しぶり。



古代を考える
多賀城と古代東北
青木和夫・岡田茂弘編  
ISBN4-642-02196-5
吉川弘文館 2006.9

 「古代を考える」シリーズの最終巻であるらしい。弥生時代から藤原時代までの東北を扱っている。9章よりなり、9人の著者が筆を取っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日

高句麗と中国と朝鮮

 <それから2年>「東北工程」議論…手放した韓国、執ような中国(中央日報)

 高句麗の位置付けについてのニュースが報じられて、もう2年にもなるんだなと思う。このニュースは先週のもので、なにやら再燃したようなのだが、このニュース自体どっちもどっちというレベル。2年前には日本でも少し話題になったように記憶しているが、今回は全く話題になっていないようだ。もちろんそれで構わないのだが。

 このニュースは、近代以前の歴史に現代の政治を持ち込むとこれだけ不毛だという実例、というだけの話。ただ、こう言った話はなにも中国や朝鮮に限ったことではないのだが。

 現代の中国は清朝末期の領域の中で結果論として独立を許したのがたまたまモンゴルだけだった、という歴史上の偶然の産物として成立した領域を国土にしている国である。そこに歴史的必然性を求めようというのは、不毛なだけという話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日

(書評)北方世界の交流と変容

北方世界の交流と変容
中世の北東アジアと日本列島
天野哲也・臼杵勲・菊池俊彦編
ISBN4-634-59061-1
山川出版社 2006.8

 2005年8月開催の公開シンポジウム「中世総合資料学と歴史教育−北方世界の交流と変容」の記録集とのこと。11人の著者による発表を再編集したいったところ。掲載順に以下のような内容になっている。

前川要
 中世総合資料科学から見た歴史教科書の問題点---概況と問題提起
佐々木史郎
 サンタンとスメレンクル---19世紀の北方交易民の実像
臼杵勲
 北東アジアの中世---靺鞨・女真の考古学
蓑島栄紀
 史料からみた靺鞨・渤海・女真と日本列島
中村和之
 金・元・明朝の北東アジア政策と日本列島
天野哲也
 アイヌ文化形成の諸問題---歴史教育におけるアイヌ文化の意味
村岡倫
 モンゴル帝国の真実---現地調査と最新の史料研究から
長谷巌
 日本史教育と北東アジア・北海道---日本史教育の立場から
吉嶺茂樹
 「歴史教育者」教育・世界史教育からのコメント
板橋政樹
 日本の歴史教育からみた「サハリンの歴史」
赤間幸人
 高等学校世界史・日本史における北東アジア世界の教材化について

 蒸しぱんさんの指摘にもあるように、「歴史教育」について問題点を上げている章が6つと過半を占めている。

 まず北方の歴史問題を主にあつかった5つの章について、面白かった部分を簡単にまとめる。佐々木史郎氏のサンタン交易時代の実際の交易民達の動向について、臼杵勲氏の遺跡の話を絡めた金朝の動向について、村岡倫氏のモンゴル関係の遺跡・碑文調査の新しい知見など、自分にとっては新しい情報で興味深い部分だ。ただ、本書の企画からいってしかたがないとは思うが、モンゴルや金関係の部分は特に内容が簡潔で物足りない。まあ、引用論文が列記されているので、興味のある部分はそこから踏み込めばよいのだが。


 次に本書の中心でもある歴史教育の部分について。長谷巌氏は教科書におけるモンゴルの扱われ方に触れた上で、

  問題は、記述の対象となっている事柄を通して形成される歴史像が、軍事的側面が強調されたモンゴルの姿とそれをはねのけた日本、という歴史像以上のものでないのであれば、近世以来構築されてきた元冦観は依然克服することができないということである。(本書 P.162)

と述べらている。こういった点に集約されるように、扱う対象の多様化などが問われること自体は理解できる話である。また、その流れの中で本書の対象地域となるエリアについて、視野を広げることが問われるのもほぼ本書の前提ですらある。そこからさらに延長して、赤間幸人氏はそのまとめ部分で

  環日本海世界、さらに北東アジア世界という視野から日本の歴史を考えることで、中学までに学んできた歴史の固定観念を崩し、より柔軟で多角的な歴史的思考力を育み、歴史を学ぶことの楽しさをつたえることもできるのではないかと考える。(本書 P.205)

と提起されている。そうなればもっと面白くなるのかなとも思うのだが、そもそもある程度の通史的な政治史・文化史を知識として把握させることを前提として考えれば、高校の中のたかだか1、2年間の授業時間の中では限界はあるのではないか。さらに受験前提であれば、相対的に影響の小いエリアまでを扱うことは増々厳しいのではないかと想像している。

 自分の経験からいえば、既に歴史を趣味としていた高校時代、受験勉強にしたくなかったので歴史の授業はあえてとらなかった。歴史は奥の深い世界であって一生ものと思っている。

 また周囲に歴史について無関心な人が多いことに、日頃大きな違和感を持っている。そもそも学校は、結果論として歴史嫌いを沢山作り出すことに一番貢献しているのではないか。この根本的な問題が変わらないと、本書のような教育論も一時の話題で終わってしまう。


 最後にこの本についての感想をまとめると、教育問題の部分が多い分期待した部分が薄かったのは確か。また、教育問題についても、まあそうだねえといった程度。いくつかの章はそれなりに面白かったのだが、1冊として見た場合もとが取れているかはやや微妙と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日

三好“3吉”功郎 小野塚晃DUOライブ at 京都RAG

 3月の渡辺貞夫クインテット以来半年ぶりに、好きなジャズピアニストの一人、小野塚晃が出演するライブを聴きにいってきた。今回はギタリストの三好“3吉”功郎とのデュオ。

 アコスティック&クラシックギターとピアノの組み合わせでのジャズというのは、聴いたのは初めて。シンプルではあるが、二人の技術の高さもあり、なかなかに楽しくかつオシャレな演奏だった。一応譜面に従って演奏しているが、随所にアドリブが入っていて二人ともそれを楽しんでいた。そのアドリブの掛け合いがまた聴いていてたのしい。

 自称“隙間産業デュオ”だそうで、いくつかのバンドやライブのサポートを掛け持ちしている二人のスケジュールがあったら結成されるとのこと。今回は6日に札幌で、森山良子のライブのバックバンドに二人で参加した後、京都、袋井、名古屋と回るスケジュールとか。

 自分にとっては、発売直後にチケットを押さえて、無理をしてでも聴きに来る価値のあるものだったが、比較的小さなライブハウスとはいえ、観客は3、40人程度。いつもなら会場一杯に椅子が詰め込まれるのだが、今回はテーブルもあってゆったりと飲みながら聴くことができた。おかげで立たなくても演奏者との間に遮るものがなく、小さなファミリーコンサートの様だった。ノリノリのライブも楽しいのだが、こうやって落ち着いて聴けるほうがやっぱり良いですね。

 終わったあとものんびりしたもので、買ったCDのジャケットに連名でサインをしてもらい、握手していろいろと話しまでしてきた。まったくお上りさん状態だな。今年は京都で2度、小野塚晃の演奏を聴くことができた。来年は何度聴けるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日

フローズンドリンク 試飲

 久しぶりに、4月に由布院にいって以来の温泉に行ってきた。といっても温泉はおまけ。というか、三重県から運んでいる温泉だそうだから、おして知るべしといったところ。目的は、8月16日のブログで紹介したフローズンドリンクの賞味。

 風呂に入る前に食事処へ寄ってみると、200円のフローズンドリンクがあるので頼んだところ、コップに入ったオレンジシャーベットが出てきた。これはこれで暑い日には美味しいかもしれないが、瓶入りで出てこないと面白くない。400円のカクテルが4種類に500円のカクテルが1種類あるということなので、お風呂に入って出直すことに。

 
 1時間ほどしてから、風呂上がりにカシスを1本。グラスに注ぐと注いだ端からシャーベットになっていく。面白いことは面白い。注いだ分がそのままシャーベットになる。少し狐に摘まれた感じ。瓶の中で既にシャーベットだったようにも見えるが、確かに中にあるのは液体だ。暑い日のしかもサウナと蒸し風呂を梯子した風呂上がりとなれば、なかなかに冷たくて美味しかった。

 
 1本ではなにか物足りなくてもう1本、今度はブルースカイ。瓶は青いが中身は透明。グラスに注ぐと白いシャーベットになった。

 そこで考えたのだが、片道1時間以上かけて飲みに行く価値はあったか? たぶん近くに用事でもない限りもう行かないかな。それなら近所にあったら? 過冷却といっても、普通よりよけいに冷たくなっているだけだから、酒屋で売っていてもたぶん家には持って帰れない。居酒屋かなにかに置いてあったら、話の種に行くことはあるかもしれないな・・・

 いくら風呂上がりの空腹とはいえ、2本でけっこう酔ってしまったのは笑い話。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 1日

9月

 今日から9月。ここ1週間程、ひところに比べて少し涼しくなったなという感があり、まだ9月になっていなかったんだなという気もする。

 ここ数年のことなのだが、秋口は9月半ばまで納期を睨んだ仕事が続く。今年も幸にも不幸にも同じスケジュールで、夏が過ぎ実りの秋を迎えるといったところ。暑さを理由にだらだらと過ごした8月が去ることでもあり、少し外に出て活発に活動してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »