« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日

(書評)漢代以前のシルクロード

ユーラシア考古学選書
漢代以前のシルクロード
〜運ばれた馬とラピスラズリ〜
川又正智著
ISBN4-639-01945-9
雄山閣 2006.10


 タイトルには「漢代以前・・・」とあるが、本文で意識されているのは、前漢の中ごろの張騫の存在だ。張騫が時の皇帝の命令によって西方に派遣された結果、中国における中央アジアの情報は桁違いに増えた。その反動として、情報のほとんど無い張騫以前にはシルクロードは無かったような印象がある。

 この本は、その情報の少ない時代についての東西交流について解説している。横書き左開きでこの類の本としては本文140ページとやや少なめ。簡潔な文章と見出し付きの細かな段落建て、参考文献と本文中でのその案内など、教科書的な作り。あとがきには、実際に大学で講議をしながら構想を練ったとある。


 全部で5章よりなるが中心は3章以降で、とくに馬を扱った4章、去勢を扱った5章が量的にも核となっている。

 3章は、私が特に読みたかった紀元前2000年、3000年といった頃のラピスラズリの交易について扱っている。当時の交易経路について、イラン高原を中心にした地図が挿入されていて、考古学の成果などをもとに具体的な地名が上げられている。紀元前2600年頃のイラン高原東部の「アラッタ」、紀元前2000年頃のペルシャ湾岸の「ディルムン」については、機会があったら少し深く掘り下げてみたい。

 4章は馬と車についての文化伝播を扱っていて、筆者の前著『ウマ駆ける古代アジア(講談社)』を要約した部分を含む。解っているようで、実はほとんど解っていない家畜馬の歴史について、やっぱりまだまだ解らないことが多いという。前著からのその後についても触れている。

 5章は去勢文化の東方への伝播を考察しているが、中心はむしろ中国における去勢文化の始まりについての部分。去勢については牛馬などの家畜のほかに人も扱っている。宦官の歴史というのは読んだことがなかった上に、家畜の去勢と対比させているところがわりと面白い。

 本書は全体を通して、解らないことにはあまり憶測を入れずにそのままとしている。刺激が少なく物足りないと言えなくもないが、むしろ評価しておきたい。


 文中に「ユーラシア考古学選書」シリーズの続刊として『ユーラシア東部における騎馬遊牧文化の成立(高濱秀著)』『スキタイ騎馬遊牧国家の歴史(雪嶋宏一著)』『フクからみる草原地帯(著者?、フクは復の行人偏の替りに金偏)』(いずれも化題)といった書名があがっいる。いずれも草原の歴史について深い話が聞けそうなので期待しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月30日

『世界史』

 ネットでもTVでも『世界史』のニュースが連日流れている。第一報(必修の世界史の授業せず 西日本新聞)が報じられてから一週間、既に世界史だけの問題では無くなったようだが、世界史について、自分の考えを簡単に纏めておきたい。

 自分が高校にいたのは、世界史の授業が必修になる前。世界史は2年生と3年生の2年間に渡たる科目だった。取らないことも、1年目だけというのも可能だった。

 自分はというと高校に入る前から歴史は趣味だったので、2年生の時にその延長で世界史を履修した。しかし3年生のときは、受験科目とすることを敬遠して地理に替えた。その時のことは今でも良く覚えているのだが、歴史を趣味にする者といえども世界史の扱う空間、時代はあまりに広く、関心のない時代や地域について覚えなければならないことは苦痛ですらあった。


 世界史の領域は本当に広い。いかに体系立てたからといって、覚えきれるものでもなければ把握することもできないというのが実感だ。また、自分が好んで読んだ中国史や遊牧民の歴史についていえば、1990年代に入って岡田英弘氏や杉山正明氏の本に出会って、それまで持っていた概念を大きく変えさせられることになった。これらの点から、歴史とは一生探究し続けるものという思いがある。

 日頃思っている不満がひとつある。およそ日常的に周りにいる人は、ほとんどの人が歴史に興味がない、嫌いという。歴史についての会話が成り立たない。学校での歴史の授業が面白くなかったせいではないのか。

 だから学校で歴史を授けるのは無駄、と言いたいわけではない。歴史は面白いし、日頃いろんな考え事をする時の判断材料でもある。歴史は趣味である以前に学ぶことがとても多い。

 『世界史』というのはとても広い世界であって、学校で教わることはそのほんの入り口に過ぎない。せめてその入り口で嫌いな人を増やさないで欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月28日

西夏文字の世界

西夏文字の世界

 京都府木津町にある国際高等研究所で開かれた公開講演会を聞きにいってきた。西夏語、西夏文字研究の第一人者である西田龍雄先生による『西夏文字の世界』。西田先生の講演を直接伺うことに恵まれたのはこれが初めて。

 簡単な西夏史、西夏語、西夏文字の概要のあとは、かなり専門的な西夏文字の字形についての説明が続いた。とくに文字の派生関係という西夏文字独特の問題について時間を割かれた。

 その後、西夏文字研究のここ10年ほどの展開ということで、「双生字論」ということを説明された。これは、異音類義字の存在に注目する論であるようだ。西夏文字を単なる表意文字とするのではなく、その基になる言語の研究から字形を再評価することにあるとのこと。

 さらに、幾つかの異音同義字あるいは異音類義字が、チベット・ビルマ系の中の異なる言語に親縁関係が想定される例の説明がなされた。その上で資料の最後には、以下のように纏められている。

 西夏文字は部族口語の表記にも考慮していた。つまり複数の言語体系に対して考察された表意文字であった。それ故西夏語自体が部族口語を土台に創りだされたものであり、均質的な一体系を備えた言語ではなく、若干の部族語形の混合体ないしは総合体であったと結論せざるを得ない。
この結論は、西夏のもつ多様性を想定している私自身には受け入れ易い。また、それ故に西夏文字は複雑で難解であるということなのだろうか。


 国際高等研究所では、11月11日に『地図が語る声を聞く〜あらたなる中国像と世界像をもとめて〜 』という公開講演会があるそうだ。講師は、李孝聡氏と杉山正明氏。

 久しぶりに杉山先生のモンゴルの話が聞けるかと思ったが、内陸アジア史学会と被るので残念ながら聞きに行けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月28日購入書籍

安芸・若狭 武田一族
高野賢彦著
ISBN4-404-03420-2
新人物往来社 2006.11

 甲斐ではなく、安芸と若狭の武田という企画が気に入って購入。このシリーズは、著者の技量と思い入れによって出来不出来が大きく振れるので、とりあえずは期待半分としておく。たぶん読むのは暫く先になると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日

代理母と養子

 旬を過ぎたニュースではあるが、違う視点から触れてみたい。

 向井さん代理出産、高裁が出生届受理命じる(朝日新聞)
 一月前のこのニュースをきっかけにいくつかの新しいニュースが出て、ネットの上でも議論がなされた。

 代理母の問題点( 備忘録です。あしからず)
 このブログなどは、比較的広い視点で問題提起していると思う。

 自分の考えはというと、代理母に限らず不妊治療全般についてになるのだが、
  社会的な点から容認せざるを得ない
  医学的な点で胎児にあたえる影響に不安がある
という、やや反する2点に集約される。やむを得ないと思う反面、できれば避けたいと考える。


 少し歴史的な話をする。私の家系を例にすると、私の曾祖父は実兄の順養子で、さらに数代遡ると親族からの養子が一人いる。250年、10代ほどの中で跡継ぎに恵まれなかった者が2人いるわけだ。

 さらに歴史上の家族を取り上げる。徳川将軍家では、15人の将軍の14人の跡継ぎの中で先代の子供が将軍を継いだのは8人だけだ。雄藩加賀の前田家では、前田利家のあとの13人の藩主のうち、先代の子供は7人。名君が続いたと言われる薩摩島津家では11人のうち8人となる。

 中国に目を向けてみると、前漢では皇帝15人で、後継者14人のうち7人が先代の子供。中国史上もっとも皇統が安定していた清朝では11人中、9人が先代の子供だ。

 10人集まれば少なくても1人や2人、多ければ半分の人が子供ができない問題を抱えてきた。これは昔からの問題なわけだ。その対策として取られてきた方法のひとつが養子。昨今では養子というと婿養子のイメージが強いかもしれないが、その他にも弟を兄の養子にする順養子、血縁親族に求めた親族養子などがあった。

 養子には家を守る為という側面があり、核家族化した現代には必ずしもそぐわないかもしれない。また、そもそも子供の数が少ないので養子に出せる子供が存在しないわけだ。ただひとつだけ気になっていることとして、「遺伝」あるいは「遺伝子」という言葉が一般化して以来、実子に対する執着が強くなり過ぎてはいないかということがある。


 かつて「産みの親より育ての親」という言葉があった。この言葉は、今のように医学の発達していなかった時代にあって、子供を育てることにこそ意義を見い出したことからくる言葉なのか、それとも養子以外に手段が無かったとはいえ、それでも実子が可愛いことに対するアンチテーゼだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日

(書評)戦国秦漢時代の都市と国家

アジア史選書007
戦国秦漢時代の都市と国家
考古学と文献史学からのアプローチ
江村治樹著
ISBN4-89174-753-6
白帝社 2005.9

 二冊続けての中国古代史もの。サブタイトルにあるように、この本も近年の考古学の成果を取り入れている点が特徴。時代的には春秋戦国期から前漢の武帝の時代までを扱っている。

 この本にも項羽と劉邦の時代(講談社)同様に、「雲夢秦簡」を初めとした新しく発掘された文書類を引いて、秦の郡県制の解明などに充てている。しかしこの本で利用している成果で一番興味深いのは、古代中国の都市遺跡についてのもの。本のタイトルにもあるように、この本では古代の都市の分布や構造などからの歴史の解明をひとつの柱にしている。

 本書中に述べられているが、近年の中国では300を越える数の古代都市遺跡が調査されているという。全ての遺跡で十分な発掘がなされているわけではないようで、むしろ本格的な発掘は遅れているのが現状のようである。しかしながら、これだけの数の遺跡について調査され、歴史書上にある数々の地名との比定が行われていることは、中国戦国時代を明らかにしていくことに大きな貢献をすることと思う。巻末に簡単な一覧表が掲載されている。

 その成果を利用した解説の中では、都市の分布から戦国時代の各国の違いを考察しているところが興味深い。簡単に纏めると、上に書いた都市遺跡が現在の河南、山西南部の「三晋地域」に集中していることから、戦国七雄の中でも韓、魏、趙と他の四国とのあいだに違いがあるというもの。これらのことから、文献上で語られてきた歴史についても新しい解釈を提起している。

 読後感としては、「項羽と劉邦の時代」に比べてより専門性の強い一書で、都市遺跡の詳しい解説など歴史の流れよりは個々の事例説明に割いている割り合いが高い。その割には難しい言い回しが少なくて読み易い。

 中国古代史は、考古学的な資料の増加のほかに文献の新たな解釈などもあって、その解釈に大きな修正が加えられるようになり興味をそそられる。私のように面白いというだけで古代史関係の本を読み散らかしている者にとっても、この本も新しい視点を与えてくれる。同好の士にはお勧めできる一書と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日

10月23日購入の歴史漫画

 今日、自分がわりと気に入っている作品の単行本が同時に発売になった。


アフタヌーンKC433
ヴィンランド・サガ 3
幸村誠著
ISBN4-06-314433-X
講談社 2006.10

 一冊目は、11世紀初めのヨーロッパ北海沿岸を舞台としたバイキングの物語。アイスランド生まれの少年が主人公。中世のヨーロッパはあまり馴染みが無いので時代背景がどの程度考証されているかは不明。3巻では後にイングランドの王となり、大王と讃えられたクヌートが登場する。



モーニングKCDX
チェーザレ 破壊の創造者 1
惣領冬実著
ISBN4-06-372201-5
講談社 2006.10

チェーザレ 破壊の創造者 2
惣領冬実著
ISBN4-06-372202-3
講談社 2006.10

 こちらは15世紀末のイタリアが舞台。400年新しくても自分にとって分からない時代・エリアであることには変わり無い。連載が始まった時から読んでいるのだが、いまだに主人公チェーザレ・ボルジアの歴史的背景がいまひとつイメージできない。この著者自身は人物中心に面白い物語を展開すると自分は評価しているので、今後の展開には期待している。

 とはいえ、著者は2人のとも連載ペースがゆっくりで度々休載する。物語が佳境に入るのはまだまだ先のようだ。気長に待つしかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日

10月22日購入書籍

空爆と「復興」
アフガン最前線報告
中村哲・ペシャワール会事務局編
ISBN4-88344-107-5
石風社 2004.5


 市内でおこなわれた中村氏の報告会を聞きに行った。医師という領分を大きく越えて、20年来アフガニスタンで活動をされてきた氏のこれまでや最近の活動報告会。

 地道な活動を長きに渡って続けられてきた氏の言葉には重みがある。とくにすっかり報道されなくなた最近のアフガニスタンの危機的な状況、9.11以来の空爆、アメリカ軍、タリバンのことから、アフガニスタンから日本がどう見えているのかなど、興味深い話を伺うことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日

小谷城と虎御前山

 滋賀県の山城探訪の第三弾。今日の目的は浅井氏所縁の小谷城。

 秋晴れのぬけるような晴天に恵まれ、風が強く冷たかったが山歩きには丁度良い。山の木々は桜や山漆などが色付き始めたばかりで、楢や楓はまだまだこれから。緑の奇麗な楓があちこちにあったので、紅葉の頃にはかなり紅く染まるかもしれない。

 小谷城跡は、北陸線の河毛駅から東に15分程歩いたところに聳える山の上にある。山麓には南北に細長い谷が拡がり、戦国末期、浅井氏が支配していた時代には家臣の屋敷が並んでいたという。この谷は南を入り口にして、東北西の三方を山に囲まれている。小谷城の本丸は東の山上にある。


 写真は、谷の入り口から北を見た所。正面が標高494mの大嶽(おおずく)城跡、その右の山のあたりが小谷城跡。

 谷を少し入ったところに城跡への登り道がある。5分ほど登ると尾根筋に出るのだが、尾根道もそこそこ勾配があり、運動不足には少し厳しく息があがる。30分ほど登った「金吾丸」の所から尾根に沿って郭が並んでいる。一番上の郭「山王丸」までは、麓からでも小一時間ほど。金吾丸の下までは、舗装された林道が続いているので車で上がることもできる。


 小谷城の中心は、「大広間」「本丸」と続く郭。写真は大広間の手前から本丸の土塁を見たところ。大広間は南北85mという拡がりをもつ。本丸は天守台のような小高い空間で、往時は石垣の上に櫓が建っていたとも。


 小谷城主の浅井長政は落城とともに自害して果てたが、それは本丸か大広間でのことと思っていた。大広間の東に赤尾屋敷という郭があり、ここには写真のように「浅井長政公自害之地」という碑が立つ。

 東側の尾根で一番高いところは本丸からさらに奥へと登った「山王丸」で、標高は395mある。ここまで登ると随分と山深い風景になる。全体の拡がりとしては観音寺城よりは小さいと思うのだが、小谷城は南北に細長く伸びた尾根に大きめの郭が連なっているので、雄大なイメージをうける。


 山王丸の西にはさらに100m高い山が聳えていて、この頂上を大嶽城と呼び、平地や土塁が残っている。ここは、小谷落城の前に朝倉の援軍が詰めた城ともいわれている。山王丸からは一度下ってから登る。かなり急な登りがあり息があがった。山頂は周辺で一番高く小谷城や琵琶湖を見下ろせる位置にあるのだが、残念ながら木々が茂っていて見通しは効かない。

 大嶽城からは西の尾根筋を南に向かってなだらかに下る道が続く。途中に小さな郭が二つあるだけで、ゆっくり歩いても小一時間で谷の入り口まで下りられる。



 谷の入り口から南を見るとこちらにひと回り小さい山がある。虎御前山と呼ばれている。織田信長が小谷城を攻めた時に本陣を置いたと言われる山で、南北に続く尾根には一応ハイキングコースが整備されている。尾根筋には所々に平らな場所があり、柴田勝家陣地跡、織田信長陣地跡といった案内が立っている。

 虎御前山は尾根筋を北から南まで縦走して小一時間ほど。南側には舗装道路があり、キャンプ場があって地形も変わっていて山城の散策という雰囲気ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界ふしぎ発見

 今夜放送の世界ふしぎ発見は「東方のピラミッド 〜西夏王国の遺産〜」。寧夏自治区の銀川を中心としたはなし。

 「東方のピラミッド」は中国で目にすることができる言い回しで自分は同意しかねるのだが、観光宣伝のキャッチフレーズはこんなもんかもしれない。

 番組に内容についてはもともと期待していなかったのだが、思ったよりも面白かったという感想。

 ひとつは、西夏文字は西夏とともに滅んだのではなく、滅亡後もしばらく使われていたことを解説していたこと。

 もうひとつは西夏陵の復原CG。西夏陵にある博物館に行けば復原模型が見られるのだが、CG、それも陵墓ひとつの復原ではなく、陵域全体の復原CGが見られたのは予想外。中国で作られたものを借りたものと予想するが、一般人でも見られるようなデータになっているのだろうか。機会があればじっくり見てみたい。

 ひとつだけ突っ込んでおくと、西夏の歴史について「わずか200年」というフレーズがたびたび出てきたこと。中国歴代の中で比べても200年って決して短い方ではないんだけどなぁ・・・

 ところで、明の万里の長城のところで版築は中国だけと言っていたけどあれは本当なのかな。

 あ、それと、もうちょっと普通の回族の料理が出て来るのを楽しみにしてたんだけ。

 西夏文字で書かれた名前がどういう文字を使っているのかは、機会があったら専門家に質問してみたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月19日

10月19日購入書籍

東洋史研究叢刊之一二之一
中国征服王朝の研究
田村實造著
東洋史研究會 1964.9

 上中下の三冊よりなる田村氏の論文集の第一巻。できれば三冊ともと思っていたのだが、西夏関係を含む第一巻のみを古本屋で見つけたので購入。

 第一巻は遼朝関係の論文がほとんど。西夏関係は『遼と西夏との関係』の一編。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日

10月17日購入書籍

講談社学術文庫1784
紫禁城の栄光
明・清全史
岡田英弘・神田信夫・松村潤著
ISBN4-06-159784-1
講談社 2006.10

 1968年に文藝春秋から出た本の再刊本。先週には書店に並んでいたらしいのだが、気がつきませんでした。宮脇淳子先生御推薦の一書ということでとりあえず購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日

敦煌鉄道開通

 ニュースといってももうだいぶ古いものになってしまった。先日中国へ行ってこられた方から伺うまで、全く気が付いていなかった。

 敦煌鉄道(蘭州/敦煌)3月3日正式開通(日中旅行社)

 従来敦煌へ鉄道を使って行く場合、敦煌の街から北に130kmも離れた駅(上記の鉄道が開通するまでは敦煌駅を名乗っていたが、今は元の柳園駅にもどったという)からマイクロバスで3時間走って辿り着くものだった。この鉄道の開通でどのくらい観光ルートが変わるだろうか。

 新しい鉄道は蘭州と新疆を結ぶ蘭新線の柳溝駅から分岐しているとのこと。柳溝駅は敦煌の東、安西県の東側にあるので、線形としては東側から敦煌へ入る形になる。

 元の敦煌駅からはウルムチ行きの観光特急が走っていたことがあり、敦煌とトルファンなどをセットにする観光ルートがある。新しい敦煌駅が東側からの列車を受け入れるルートのようなので、トルファンやウルムチへ出る場合には従来どおり、元敦煌駅に出なければならないのかもしれない。手近に新しい中国の鉄道時刻表がないので、機会があったら入手してみようと思う。

 銀川−敦煌の列車開通(中国鉄道情報BLOG)
 こちらのブログによると、銀川と敦煌を結ぶ列車が走り出したようだ。銀川と敦煌をセットにした観光ルートを創出するということなんだろうか。ついでにカラホトもセットにして行き易くなれば良いが。

 更に線路を南に延ばして青海省のゴルムドと繋ぐ計画もあるとか。敦煌とゴルムドの間は、私が訪れた11年前ではバスで18時間もかかる難路だった。ここが開通すれば、チベットのラサと甘粛や新疆との間が行き来し易るなるのは確かだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日

10月9日収集資料

 2ヶ月ぶりに西夏語勉強会に参加。佐藤さんより論文抜き刷りを、向本さんよりシンポジウム発表要旨を頂戴しました。


佐藤 貴保
 西夏の用語集に現れる華南産の果物
 ---12世紀後半における西夏貿易史の解明の手がかりとして---

向本 健
 カラホトの環境と歴史に関するシンポジウム
 西夏支配時代の黒水城と河西諸地域
 ---特に仏教文化について---


その他

探尋西夏文明
 呉峰雲・楊秀山著/寧夏人民出版社/2006年

神奇的額済納
 巴図朝魯遍著/2000年

寧夏古迹新探
 周興華著/寧夏人民出版社/2002年

詩話 寧夏旅游風光
 唐驥編著/寧夏人民出版社/2003年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日

(書評)項羽と劉邦の時代

選書メチエ 370
項羽と劉邦の時代
秦漢帝国興亡史
藤田勝久著
ISBN4-06-258370-4
講談社 2006.9

 項羽と劉邦というと、史記や漢書をベースにしたとしても、とかく英雄譚や人物評中心のストーリーになりがちと思う。本書は書中で著者が書いているように、『睡虎秦墓の竹簡』や『里耶秦簡』などの新しく発見された資料を引きながら、秦から漢へと移り変わる時代を見直そうというもの。新出の資料が楚の地域から出土したものが中心であることもあり、楚の社会文化の特徴を読み取り、秦との違い、秦から漢への変化の中での役割といった点を中心に考察している。

 自分が本書に期待していた部分でもあり、物語り的な部分を排して見直そうとする姿勢は評価したい。封建的な体制だった戦国時代から郡県制など中央集権を指向した秦の時代、それを破壊した項羽の時代を経て、漢が郡国制を採用しながら秦を手本とした中央集権化を進めた流れがうまく考察されている。

 もう少し、新出資料の考察を中心とした学術色の強い本と予想していたが、既存の解釈に対する批判は押え目で、読み易い一般書に仕上がっていると評価する。史記が取ってきた何故秦は滅んだのか、何故項羽は劉邦にい敗れたのかという部分における始皇帝、項羽の失政や傲慢さといった人物評を建てて説明する方法を柔らかく批判し、政治史的な流れでの見直しを行っている。もう少しそういう面を強くして史記の史観を酷評すると、自分などには面白い読み物となるとは思うのだが、一般書としてのバランスは悪く無い。その意味で物足りなさは残る物の薦めることのできる一冊と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日

10月6日購入書籍

ユーラシア考古学選書
漢代以前のシルクロード
〜運ばれた馬とラピスラズリ〜
川又正智著
ISBN4-639-01945-9
雄山閣 2006.10

 1.“シルクロード”以前---文明圏を超えて
 2.張騫鑿空記事の検討---張騫以前にも在った路
 3.ラピスラズリの路---遠距離交渉の確認
 4.運ばれた馬と車---複雑な事物の伝播1
 5.去勢の風は東伝したのか---複雑な事物の伝播2

 この5章よりなる。著者の書というとウマ駆ける古代アジアを思い出す。ウクライナでの発掘成果から、馬の利用や騎乗がいつから始まったのかといったことが話題になったころと記憶している。また同書内に鐙について触れた箇所があり、三国志の漫画によく描かれる武将が鐙で踏ん張っているシーンは嘘、というのも話題になった。

 シルクロードものの本では、「シルクロードは張騫から始まった」と書いてあるものがあったりするので、この本で張騫以前の部分がどの程度考証されているかは楽しみだ。3章あたりは特に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 3日

10月3日購入書籍

NHKブックス 1069
カイアシ類・水平進化という戦略
海洋生態系を支える微小生物の世界
大塚攻著
ISBN4-14-091069-0
山川出版社 2006.9

 カイアシ類というのは動物プランクトンの一種で甲殻類。ケンミジンコとかが比較的知られているだろうか。これを扱う進化ものというのが目を惹いた。NHKブックスで、この類いの本には外れが少ないので期待大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »