« 10月9日収集資料 | トップページ | 10月17日購入書籍 »

2006年10月15日

敦煌鉄道開通

 ニュースといってももうだいぶ古いものになってしまった。先日中国へ行ってこられた方から伺うまで、全く気が付いていなかった。

 敦煌鉄道(蘭州/敦煌)3月3日正式開通(日中旅行社)

 従来敦煌へ鉄道を使って行く場合、敦煌の街から北に130kmも離れた駅(上記の鉄道が開通するまでは敦煌駅を名乗っていたが、今は元の柳園駅にもどったという)からマイクロバスで3時間走って辿り着くものだった。この鉄道の開通でどのくらい観光ルートが変わるだろうか。

 新しい鉄道は蘭州と新疆を結ぶ蘭新線の柳溝駅から分岐しているとのこと。柳溝駅は敦煌の東、安西県の東側にあるので、線形としては東側から敦煌へ入る形になる。

 元の敦煌駅からはウルムチ行きの観光特急が走っていたことがあり、敦煌とトルファンなどをセットにする観光ルートがある。新しい敦煌駅が東側からの列車を受け入れるルートのようなので、トルファンやウルムチへ出る場合には従来どおり、元敦煌駅に出なければならないのかもしれない。手近に新しい中国の鉄道時刻表がないので、機会があったら入手してみようと思う。

 銀川−敦煌の列車開通(中国鉄道情報BLOG)
 こちらのブログによると、銀川と敦煌を結ぶ列車が走り出したようだ。銀川と敦煌をセットにした観光ルートを創出するということなんだろうか。ついでにカラホトもセットにして行き易くなれば良いが。

 更に線路を南に延ばして青海省のゴルムドと繋ぐ計画もあるとか。敦煌とゴルムドの間は、私が訪れた11年前ではバスで18時間もかかる難路だった。ここが開通すれば、チベットのラサと甘粛や新疆との間が行き来し易るなるのは確かだ。

|

« 10月9日収集資料 | トップページ | 10月17日購入書籍 »

ニュース(海外)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、夜行バスやら寝台列車やら利用しないと、旅って気がしません。(でも、中国の鉄道って全然わからなから研究しなくちゃ。)

投稿: 雪豹 | 2006年10月16日 20時10分

雪豹さんこんばんわ
それは分からんでもないですが
時間があったらねえ(^^;

中国の鉄道は昔に比べて高くはなったけど、
冷房もついたし、スピードも早くなったし、
チケットも取り易くなった・・・らしいし

暇でも困らないなら、そこそこ楽しめるんじゃないかなあ
河西廻廊で、朝焼けに真っ赤に染まった山と真っ青な空の組み合わせとか
印象深いですね

投稿: 武藤 臼 | 2006年10月17日 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/12294240

この記事へのトラックバック一覧です: 敦煌鉄道開通:

« 10月9日収集資料 | トップページ | 10月17日購入書籍 »