« シンポジウム、購入書籍 | トップページ | 11月20日購入書籍<興亡の世界史> »

2006年11月19日

11月19日収集資料

 だいぶ寒くなってきて、近所の楓や欅がだいぶ色付いた。京都の紅葉はそろそろピークかと思うが、2日続けて生憎の天気。楽しみにしていた人達は、大変だったのでは。今年最後の西夏語の勉強会があって外出したが、それでも駅と電車は人で溢れていた。

 勉強会のおり、会長よりロシアで行われた西夏関係の学会の発表資料を頂戴した。ありがとうございます。クチャーノフ、史金波、白濱、李笵文といった大御所の名前が並んでいる。

 以下に中国文と英文のものについて一覧を書き出しておく。なお簡体字は基本的に書き直している。

瀋衛榮
 初探蒙古接受蔵伝仏教的西夏背景

史金波
 黒水城出土西夏文社会文書初探

白濱
 新世紀開端的中国西夏学

陳炳應/梁松涛
 黒水城的歴史地位及其廃棄荒漠化的新認識

林英津
 西夏語「空間位移」的表述

李笵文
 漢語対西夏語的影響

孫伯君
 西夏新訳仏経中的梵漢対音規則

岳鍵
 西夏楽器匯考

ARAKAWA Shintaro
 On the "Tibetann-style" Tangut sentences in some Buddhist materials

Ruth Dunnell
 'Like Leaves Dissolving in the Ditch':The Tangut Diaspora in the Yuan

Nie Hongyin
 A Hypothesis of Final Consonants in Tangut Language

|

« シンポジウム、購入書籍 | トップページ | 11月20日購入書籍<興亡の世界史> »

収集資料」カテゴリの記事

西夏史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/12751261

この記事へのトラックバック一覧です: 11月19日収集資料:

» アコースティックギター [アコースティックギター]
アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。 [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 03時43分

« シンポジウム、購入書籍 | トップページ | 11月20日購入書籍<興亡の世界史> »