« (書評)李世民 | トップページ | (書評)ウェブ人間論 »

2006年12月28日

12月28日購入書籍


「シナノ」の王墓の考古学
川崎 保 編
ISBN4-639-01957-2
雄山閣 2006.12

 古代信濃の考古学ものというかなり狭域の内容に惹かれて衝動買い。白石太一郎、森浩一など8人が著者に名前を並べている。論文集ではないが一般向け専門書という感じ。

 

朝日選書 808
土一揆と城の戦国を行く
藤木 久志 著
ISBN4-02-259908-1
朝日新聞社 2006.10

 今読んでいる百姓から見た戦国大名に、同じ分野の研究者として引かれている名前に覚えがあって目に止まる。東は関東から西は九州まで、戦国時代もの。

 

新版 世界各国史 2
朝鮮史
武田 幸男 編
ISBN4-634-41320-5
山川出版社 2000.8

 ひさしぶりに朝鮮半島の通史をということで購入。もう5年以上前になるシリーズで、発売当初興味のあったものを9冊買ったが、朝鮮は持っていなかった。

 

新潮新書 005
武士の家計簿
「加賀藩御算用者」の幕末維新
磯田 道史 著
ISBN4-10-610005-3
新潮社 2003.4

 クワルナフ・ブログの馬頭さんお勧めの一冊。詳しくは馬頭さんのブログで。

 

|

« (書評)李世民 | トップページ | (書評)ウェブ人間論 »

収集本(アジア)」カテゴリの記事

収集本(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/13245247

この記事へのトラックバック一覧です: 12月28日購入書籍:

» ありのままにいう。この本はめちゃめちゃ面白い。磯田道史『武士の家計簿|賀藩御算用者の幕末維新』 [クワルナフ・ブログ]
武士は喰わねど高楊枝。でも、それはしたくてしてるわけじゃないんだ! 『武士の家計簿|賀藩御算用者の幕末維新』 (磯田道史。新潮社。新潮新書。2003年。680円) 「最近発見された金沢藩士猪山家の文書には、金沢藩の御算用者として働いていた猪山家の三代に渡る精細な..... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 04時26分

« (書評)李世民 | トップページ | (書評)ウェブ人間論 »