« 1月3日購入書籍 | トップページ | 今日の気になるニュース 「遼の遺物修復」 »

2007年1月 4日

1990年中国紀行 <明の孝陵>

 今月からHPの写真を毎月替えるという目標を立てた。記録に残すためこちらにも掲載する。

 テーマは「1990年の中国」。1990年に私が初めて中国を歩いたときのもの。秋から年明けにかけての4ヶ月間で、北京、西安、敦煌、成都、杭州などを回った。

 今の中国にとっては16年前というのはもう大昔に見えると思うが、はたしてそういう雰囲気が伝わるところが映っているだろうか。


 最初の写真ということで、中国貧乏旅行にとって当時定番だった鑑真号。神戸港に停泊している船に乗り込む時のもの。


 こちらが今月の写真。

 南京市街の東に聳える紫金山、その南にあるのが明の孝陵。東隣にある孫文の中山陵のほうが観光地としては有名だが、自分にとっては明のほうが守備範囲に近く、中山陵までは回っていない。
  →Google Map 明の孝陵周辺

 明の皇帝の陵墓というと北京の北にある十三陵、あるいは十三陵にある第3代永楽帝の長陵が有名と思うが、初代皇帝洪武帝朱元璋の孝陵だけは南京にある。

 南京というと、並木の緑の濃さが印象に残っているが、今はどうなっているだろうか。

|

« 1月3日購入書籍 | トップページ | 今日の気になるニュース 「遼の遺物修復」 »

1990年中国紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/13334472

この記事へのトラックバック一覧です: 1990年中国紀行 <明の孝陵>:

« 1月3日購入書籍 | トップページ | 今日の気になるニュース 「遼の遺物修復」 »