« 2月23日購入書籍 | トップページ | 2月25日購入書籍 »

2007年2月24日

日野と蒲生氏

 朝の京都は雲り空で雪すら舞う天気。それが滋賀県の湖東に入る頃には綺麗な晴天になっていた。今月3回目の山城歩きは、織田信長の娘婿でもある蒲生賦秀(後に秀吉の許で会津若松城主となった蒲生氏郷)は、代々今の日野町を本拠としてきた豪族の出身。今日は日野町を起点に蒲生氏に関わる城を見て回った。

 日野の市街は、蒲生賦秀が伊勢の松ヶ島(松坂市)に転封になるまでの蒲生氏の城下町であり、江戸時代には市橋氏仁正寺藩の陣屋が置かれた。町を歩くと寺が点々と立ち並んでいて城下町の面影が残る。


 写真は蒲生氏の菩提寺信楽院。この寺に限らず、近在で尋ねた寺や神社はおしなべて造作が立派に見えた。


 蒲生氏の本城とされる中野城は町の東、ダム湖の畔にある。平城だが北側に大きな堀と土塁が残る。城の南半分はダム造成のときに破壊されたとのことだが、規模的には少し大きな豪族の館という程度に見える。写真は高い土塁の間を抜ける道で奥が城内。


 音羽城は、中野城から2km東、日野川の河岸段丘が東西の支流によって区切られたところにある。山麓の道から数分で本丸跡まで登ることができるので、山城というよりは平山城に近い。山裾は意外と急で、城を囲む空堀の規模もかなり大きい。ただし頂上を占める本丸や二の丸が有ったと言われる所は、明治以降に大幅に開発されて今は広い芝生の公園になっている。掘や土塁は公園の周辺に残っている。

 音羽城は元々蒲生氏の本城だったが、1523年の落城後に廃城になったとされている。ただし、戦国末期と思われる遺構や遺物があったとされ、改修再利用されたと思われる。蒲生氏は本能寺の変の際に信長の係累を安土から自領に避難させたと言われているが、歩いた感想として避難先は中野城では心許なく、音羽城ではないのかと思うがどうだろう。



 音羽城の南2kmには、これも蒲生氏と関係があるという鎌掛(かいがけ)城がある。この城は麓から標高差150m、急斜面に囲まれた本格的な山城だ。山頂には本丸を中心に削平した郭が段々に並んでいる。石垣はなく土塁があるだけだが、戦国時代の山城らしい雰囲気が残っていると思う。写真は、山頂を表わす石が立つ本丸跡。

 この城には真っ当な登城道はない。地元の観光パンフでも案内されておらず、登り口を示す案内も一切ない。参考にした本が北東の谷からの道を案内していたのでそれを登ってみた。舗装された道から少し入った所にある登り口は分かり辛いが、一応踏跡がついている。しかししばらく登るとルートをロスト。おかげでかなり酷い山腹を遠回りすることになった。それでも30分ほどで山頂に着いた。下りは踏跡を追って南側の尾根を落ちるように降りたら沢のかなり上流に出た。

 城の西麓には山屋敷跡といわれる郭が残り、ここは蒲生賦秀の父賢秀が隠居した場所といわれている。この奥から登っていく道が登城道だったと本にあるが、たしかに山道にしては幅の広い道が続いている。ただし途中崩れている箇所があり、本丸跡の直下と思われる地点で先が分からなくなった。また、山全体がひどく荒れた状態で特に赤松の枯死が酷い。数十年の樹齢の赤松があちこちで倒れたまま放置されていて、山登りの障害になる。最近倒れたものもあるが、踏むと折れるような朽ちたものもある。


 鎌掛から日野の市街まで歩いて20分ほど。ゆっくりと歩いて回って5時間ほどかかった。日野の市街までは、近江鉄道の日野駅からバスで10分、JR東海道線の近江八幡からもバスがあり45分かかる。鎌掛城で苦労したぶんいつもより疲れた。


<参考資料>
近江城郭探訪(サンライズ出版)
近江の山城ベスト50を歩く (サンライズ出版)

|

« 2月23日購入書籍 | トップページ | 2月25日購入書籍 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/14037597

この記事へのトラックバック一覧です: 日野と蒲生氏:

« 2月23日購入書籍 | トップページ | 2月25日購入書籍 »