« 4月11日購入書籍 | トップページ | 4月14日購入書籍 »

2007年4月13日

国民投票法案

 国民投票法案 党利党略が過ぎる小沢民主党(読売新聞)

 ただニュースを読んでいても問題の所在が良く分からないので、勉強を兼ねて少し書き留めてみる。この社説自体はいまいちだなと思うのだが、

 現行憲法制定以来の立法府の不作為が、解消される。
 それにしても、民主党の姿勢には、首をかしげざるをえない。
この2点については概ね同意する。

 憲法改正についての自分のスタンスだが、

 憲法は基本的に道具、だからどういう結果になるか中身が問題であって、無条件の護憲はありえないし必要なら改正すべき。
 また、特定の条文にこだわるならその条文について議論すれば良く、特定の条文を守る為に改憲反対ということもありえない。

 と書くと、改憲推進派で9条改正推進に見えるのかもしれないがそれは別問題。この前提で、結果論改憲反対というのもありだし、9条について改正反対と唱えることもできる。ただ9条を守るために、全条文一切変えるなというのは暴論ということ。

 憲法に国民投票と書いてあるのに、それを実施する要項が存在しないというのは全くの片手落ち。使う使わないは別にして用意されてしかるべき。

 もう少しなにか材料がないかとネットを回ってみる。民主党のHPには専用のページがあるのだが、今一つ要領を得ない。自民党のHPは、どこを見ればいいのか分からない・・・


 自由法曹団というところのHPの改憲手続法案 与党案・民主党案と「修正案」を見てみる。ニュースにもなっていた投票の「対象」の問題や「投票権」の年令が上の方に書かれているが、自分は12番目に書かれている「発議単位 → 内容において関連する事項ごと → 「関連」は発議する国会の認定にかかる。個別条項ごととは限らない。」という点を問題としたい。これは、例えば200条と201条を改正すべきという案が国民投票にかけられた場合、各条文毎に投票するのか、全体に対して投票するかは国会が決めるということ。全体に対する投票になった場合は、200条の改正案には賛成だが201条の改正には反対という投票ができなくなる。「200条の改善に賛成だから、201条の改悪には目を瞑る」か「201条の改悪に反対だから200条の改善は諦める」という選択になったらどうなるのだろうか。

 では多くの条文を一度に改正するとして、それについていちいち当否を問うのか? ということだが、最高裁判事への投票のように形骸化する恐れはあるのだが、国会での政治的な判断によって括られるより良いと思うがどうだろうか。

|

« 4月11日購入書籍 | トップページ | 4月14日購入書籍 »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

理屈の上からすると、関連する条文はセットで投票にかけないと矛盾をきたしてしまうのでこれは問題とは言えないと思います。

例として日本を共和制にして内閣総理大臣ではなく直接選挙で大統領を選出するような制度に変えるとした場合、おのずから関連条項はセットで国民投票にかけられるべきでしょう。

要は関連性の認定の透明性、妥当性を担保するにはどうするのがよいか、という問題になると思います。

自分的には投票総数の過半数を以って承認となるというのがより大きな問題であるとは思いますが、「『少数の賛成で改憲』の危険」は裏返せば「『少数の反対で改憲できない』危険」ということでもあり、難しいところです。

現状を変えようとする側により高いハードルを課す、という観点からするなら国民投票自体の有効性を担保するために最低投票率を導入するという対策も考えられますね。有権者の2/3以上の有効投票数で過半数を取れたら承認あるいは否認、というのが私的にはいいなと勝手に思ってますが。

株主総会の特別決議で「過半数の出席で2/3以上の賛成」としているのを意識してますが、現憲法では「国民投票で過半数」としていますからね。結果的に総数の1/3以上の意思があればOKという基準ならこうなるかなと。

有権者の過半数だと改正条項自体の死文化になりますからね。

投稿: 蒸しぱん | 2007年4月14日 22時48分

>要は関連性の認定の透明性、妥当性を担保するにはどうするのがよいか、という問題になると思います。

妥当な落とし所だとは思うのですが、担保できると思っていないというか、線引きが難しいのではとか思ってます。
抱合せというのをかなり恐れているという方が近いかもしれません。

少し違う見方で、9条改正反対だからとにかく反対、という方向に流れるのも避けたい。9条以外にも考えるとこあるでしょと(具体的にはちょっとパス)。
要は、条文一条一条みんなで考えようよ、ということにしておきたい。


>有権者の2/3以上の有効投票数で過半数を取れたら承認あるいは否認、というのが私的にはいいなと勝手に思ってますが。

1/2が妥当か2/3が妥当かはともかく、必要な条件だと私も思います。この点に触れている人は多いし、問題視している人は多いと思うんだけど、国会の方はなにもなくスルーしてしまいそうです。民主党自体が基本改憲なわけで、ハードルを低くしておきたいというのは国会では共通に近い認識なんでしょうか。

投稿: 武藤 臼 | 2007年4月15日 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/14672504

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票法案:

« 4月11日購入書籍 | トップページ | 4月14日購入書籍 »