« 単于と可汗 | トップページ | チェーザレ 3巻 »

2007年4月26日

長崎市長選雑感

田上さん「市民力」で市課長からトップに 長崎市長選(長崎新聞)

 前市長の急逝に伴う超短期決戦で、前市長娘婿氏が市役所元課長氏に僅差で破れたという前例のなさそうな選挙となった。前市長が射殺されたといこと自体が異常であって、やむを得ないということもある。

 経過や結果を論じたものをネットで読んでみると、「世襲を阻止した良識」という主旨ののものをいくつか見かけた。自分も、娘婿氏立候補を聞いたときに直感的に縁者による利権維持を想像した。しかし圧勝を予想されていた前市長が急逝した以上、替りは必要だったわけで、その一案として近縁というのは有りと思う。強いて言えば、秘書とか腹心とかもう少し政治色の出る人がいなかったのかとは思う。

 一方で、世襲阻止を訴えたともいう元課長氏の場合。自分的には、世襲と同じ位に役人上がりに違和感がある。一般論として、財政などの厳しい問題を抱える現状では、必要以上に緊張感のある行政が要請されていると考える。役人上がりで馴れ合いを排除して緊張感を作れるのか。当然のこととして、どちらの場合でも出自と彼ら個人の能力の善し悪しは全く別問題だが。


射殺の伊藤前市長に投票? 長崎市長選、無効票1万4千票(産経新聞)

 この選挙には、もうひとつ普通にはあり得ない無効票の問題が残った。田上氏と横尾氏の得票差は1000票もなかった。再選挙をすれば横尾氏が当選する可能性は十分にある。全く小説的な話だが、圧勝しそうな対立候補を投票日直前に暗殺して選挙をひっくり返すということは、現行制度上で可能ということでもある。早急に選挙制度を変えるべきだと謳いたいわけでは、必ずしもないのだが。可能性としてはゼロでもない。

 選挙の経過という点でいうと、最初は「弔い」という言葉は重く、元総理大臣の例も考えれば娘婿氏大勝かとも思ったが、そんな単純なものではなかった。トータルとして、冷静かつ慎重に投票が行われた結果なのかもしれない。その意味で「世襲はNO」という評価も短絡的と思う。

 市長の出自如何を問わず結果が求められる厳しい現実がある。アイディアマンと言われる田上氏は、元同僚に対して緊張感を持って臨めるだろうか。

|

« 単于と可汗 | トップページ | チェーザレ 3巻 »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/14858730

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市長選雑感:

« 単于と可汗 | トップページ | チェーザレ 3巻 »