« モンゴル年代記 | トップページ | 勝軍山城 »

2007年5月26日

2009年の大河ドラマ

2009年の大河ドラマは「天地人」!(NHK)

 連休前はどたばたしてたからと思うのだが、この話は昨日まで知らなかった。直江兼続という主役についていえば悪くはないと思う。自分が常に期待しているのは戦国時代地方もの。彼は1560年生まれなので、戦国時代という範疇としては一番若いグループに入る(それでも伊達政宗よりは7歳も年上か・・・)。

 直江兼続が19歳のときに上杉謙信が亡くなると、上杉家の内乱御館の乱が起こる。北条や武田が介入して上杉家が大きく揺らいだ時代。自分的にはここがどう描かれるかを楽しみにしておきたい。

 彼が一番活躍するのは関ヶ原の戦いの頃で、ドラマもそこが中心となるだろう。大河ドラマのシリーズを思い起こしてみると、自分としては意外に思うのだが、関ヶ原の戦いの時に石田三成に組した側を主役としてまともに描くのは初めてのことになる。徳川家康、伊達政宗、あるいは最上義光あたりはどう描かれるだろうか。

 ひとつ気になるのは、2002年の前田利家以降、戦国から江戸時代初めの大河ドラマでは、いずれも戦国大名の家臣クラスを主役にする話が続いていること。自分的には北条、長宗我部、大友、島津などまだまだあるのにと思うのだが、もうそういう人たちを主役にする時代ではないということか・・・。


 火坂雅志著の天地人 (日本放送協会出版 2006.9)が原作とのことだが、まだ読んでいない。調べてみると、直江兼続を主役にした小説は随分あるのだなと思う。放送開始までには一冊くらい読んでみようか。


 プロデューサーが、思い入れたっぷりに語るコメントを見聞きするととても不安を覚える。あくまでも正統派の歴史ドラマとして、面白いものになるよう祈って止まない。

<参考>
 直江兼続(Wikipedia)

|

« モンゴル年代記 | トップページ | 勝軍山城 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15212564

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の大河ドラマ:

« モンゴル年代記 | トップページ | 勝軍山城 »