« 西都原古墳群 | トップページ | 高鍋城と財部城 »

2007年5月22日

中国周辺の国境

 先日、中国ロシアの国境についての本を読んだ余韻で、久しぶりにGoogle Mapであちこち眺めてみた。テーマはそのもの国境。

丹東・新義州、中国北朝鮮国境
 なにかと話題になる中国と北朝鮮の国境の街。左上が中国側の丹東、右下が北朝鮮側の新義州、真ん中を鴨緑江が流れている。


アムール川、中国ロシア国境
 中央の東西に細長い島が、中国ロシア間の国境問題で最大の焦点であって、いまだ解決していないボリショイ・ウスリースキー島。今はロシアが実効支配を続ける。左下が中国、左から上へ流れるのがアムール川(黒竜江)で下からアムール川に合流するのがウスリー川。右端にハバロフスクの街も見えている。
<この件について下記追記を参照>


満洲里、中国ロシア国境
 中国からロシアへ向かう国際列車が越えていくルートのひとつ。中央に国境があり、東西に走る国境線が見えている。上がロシアで下が中国。右下の街が満洲里。


エレンホト・ザミンウド、中国モンゴル国境
 中国からモンゴル、ロシアへと向かうもうひとつの鉄道ルート。下側が中国で上がモンゴル。この写真だと国境線がいまひとつ分からないが、縮小すると左下から上へ向かう線が何故か鮮やかに浮かび上がる。


アラタウ峠、中国カザフスタン国境
 中国と中央アジアを結ぶ鉄道が越えるアラタウ峠。左下から右上に国境が通る。左上がカザフスタン、右下が中国。


クンジェラブ峠、中国パキスタン国境
 中国西端のカシュガルとパキスタン北部のギルギットを結ぶ、カラコルムハイウエーがカラコルム山脈を越えるところ。標高は5000mに近く、周囲の山々に氷河が流れる。


 この写真は、1995年の夏にクンジェラブ峠を越えた時のもの。白い碑が道の左右に立つところが国境で、左側がパキスタン。


瑞麗、中国ミャンマー国境
 中央を南北に走る緑地帯が国境。左の方に流れる瑞麗川がおおまかな国境線だが、ここは川を越えてミャンマー側に張り出した中国領。古い河道を国境線とするため、今の川に対して大きく出入りがあり、場所によっては現地に何も無かったりする。


 この写真は、中国側に国境線が入っている場所に立っていた石碑。

<追記>
 上記で、中国ロシア間の最大の焦点ボリショイ・ウスリースキー島の帰属について、解決していないと書きましたが、2004年以降両国間で交渉が進んだことを知りました。中国ロシア間東部国境問題 その後に簡単に纏めてあるので、そちらもご参照ください。
(2007.6.7)

|

« 西都原古墳群 | トップページ | 高鍋城と財部城 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15171103

この記事へのトラックバック一覧です: 中国周辺の国境:

« 西都原古墳群 | トップページ | 高鍋城と財部城 »