« ティムール帝国支配層の研究 | トップページ | 北魏胡族体制論 »

2007年6月13日

2本目のタクラマカン沙漠横断道路

 中国で2本目の砂漠道路、10月に全線開通予定(IBTimes)

 不帰の沙漠に二本も道路を通すとはたいそうなことだが、例によってよってGoogle Mapをいじってみる。

 新しい沙漠横断道路の北の起点となるアラル市は、タリム川沿いに農業地帯。南の起点ホータン市は、数千年の歴史を誇るホータンオアシスの中心。この二つの街の間、ホータン川沿いを走るものと推測されるが、残念ながらGoogle Mapには映っていない。


 ならばということで、一本目の沙漠横断道路を見てみる。

 輪台県から南に分岐する沙漠横断道路北の起点。近くに輪台古城があるらしいのだが見つからず。
 →輪台古城(人民網)

 画質は良くないままだが、南に向かってたどることはできる。タリム川を渡る沙漠横断道路。

 途中で画質が良くなる所、タクラマカンの中央を南へ向かう。波打つ砂丘が印象的。

 南の起点は、西域南道の民豊の北、ニヤ川の東岸。

 途中の区間では、沙漠横断道路苦心の部分、道路の両側に広がる緑地帯が確認できる。緑地帯の幅は道の両側ともほぼ50m。

 横断道路は、Google Mapの上ではよくわからないが、途中で東へ分岐してチェルチェンへ向かう支線があり、沙漠の中で西域南道につながる。チェルチェンの街はそこからだいぶ東になる。


 民豊といえば、街の北に古代のニヤの遺跡があり、NHKの最初のシルクロードシリーズの中でもキャラバンを組んで遺跡を目指している。本の記述をたよりに探してみるとだいたいここら辺と思われるが、残念ながら遺跡なのか自然の地形なのか判然としない。近くに自動車が入った跡があるので、ここら辺だとは思うのだが・・・


 いつもながらGoogle Mapを見るのは楽しい。西域南道はまだ行ったことがない憬れの場所のひとつだが、こうして居ながらにして楽しめるのは贅沢。とはいえ横断道路を含めいつか行ってみたい。


<参考>
NHKシルクロード絲綢之路第4巻
流砂の道 西域南道を行く(日本放送協会出版)

|

« ティムール帝国支配層の研究 | トップページ | 北魏胡族体制論 »

ニュース(海外)」カテゴリの記事

コメント

へぇ~。
これは行ってみたいですね。

投稿: 雪豹 | 2007年6月14日 06時07分

行ってみたいもんですねーー
ぐぐってみると結構行ってきた人の話とかでてるんですよ
タクラマカンも少しは行きやすくなったのかなぁ・・・

投稿: 武藤 臼 | 2007年6月14日 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15426693

この記事へのトラックバック一覧です: 2本目のタクラマカン沙漠横断道路:

« ティムール帝国支配層の研究 | トップページ | 北魏胡族体制論 »