« オアシス地域史論叢 | トップページ | 佐土原城 »

2007年6月 7日

中国ロシア間東部国境問題 その後

 中ロ東部国境補充協定の批准書交換(中華人民共和国駐日本国大使館)

 先日、5月22日のブログ中国周辺の国境で、

 中国ロシア間の国境問題で最大の焦点であって、いまだ解決していないボリショイ・ウスリースキー島。
 と書いたが、この問題について2004年以降両国間で交渉が進んだとのこと。いささか不甲斐無い情報になってしまったので書き足しておく。

 詳しくは、「中・ロ国境の旅」(東洋書店)の著者、岩下明裕氏の解説「中ロ 国境秘話」がある。より詳しい分析は同氏による下記のファイルを参照されたい。ニュース系のサイトを漁っても同時的記事がでてこないのはもう古いからか。また、批准、調印などのワードを交えて検索をかけると、2004年から今年のまでいくつかの情報がブログや各種HPの中に散見される。2005年の批准書交換以後、どういう交渉がもたれ、いつ中国への移管が行われ(まだ行われてない?)、今どうなっているのか、いまひとつ要領を得ない。

 スラブ研究センター中・ロ国境問題の最終決着に関する覚え書(これはPDFファイルです)


 自分にとって記憶しておく価値のあるニュースであるし、日本にとっても十分に関係のあるニュースであって、国会でも取り上げられている。
 → 参議院会議録情報 第166回国会 国際問題に関する調査会 第2号

 十分目に触れる機会はあったと思うのだが、記憶にないのはいささか耄碌したからか、ニュースが小さかったのか・・・

|

« オアシス地域史論叢 | トップページ | 佐土原城 »

ニュース(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15351434

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ロシア間東部国境問題 その後:

« オアシス地域史論叢 | トップページ | 佐土原城 »