« Google ブック検索 | トップページ | 7つの驚き と Google Map »

2007年7月 8日

失われた文明 インカ・マヤ 第2集

 マチュピチュ 天空に続く道

 先週に続いて放送されたインカ・マヤの第2集を見た。第1集がややミイラの話に走りすぎていたように思うのだが、今日の話は思った以上に楽しく見れたので感想を簡単に書いておく。

 第2集の焦点はインカ道で、インカ帝国の話としては教科書的な命題で新しいものではないが、最近の発掘成果というか調査そのものの映像を交えて紹介していた。地道な成果を反映しているようで、先入観少なく話を展開できていたのではないかと思う。

 また、文献資料としてはワマン・ポマの書簡を中心として、15世紀、9代目の皇帝といわれるパチャクティの事績が紹介されていた。ちょっと伝説に寄り過ぎていて、もう少し最近の考証の結果を付け加えられるのではないかという印象は受けるが、インカものは久しく読んでいないので判断できない。


 南アメリカはいまだ未訪の地であり、とくにマチュピチュは一度は行ってみたい遺跡のひとつ。


 この写真は、以前旅先で出会った友人からのもらいもの。彼いわく「ペルーに行きたくなるように」ということだったが、今日の放送でそれを思い出した。また、インカものの本もしばらくぶりに読んでみたという気になった。その点で良い歴史紀行ものだったと思う。

 来週放送予定の第3集「密林が生んだ二千年の王国」も楽しみにしておく。


<おまけ>
 モライ遺跡は初めて知ったが、Google Mapで見ても十分に美しく見える。番組で紹介されていたマラスの塩田は、残念ながら解像度が悪くて見つからず。
クスコマチュピチュモライ遺跡(Google Map)

|

« Google ブック検索 | トップページ | 7つの驚き と Google Map »

その他の歴史」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15698107

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた文明 インカ・マヤ 第2集:

« Google ブック検索 | トップページ | 7つの驚き と Google Map »