« 参院選挙 | トップページ | 白骨温泉 »

2007年8月 2日

1990年中国紀行 <敦煌>

 西安始発の急行列車で二晩、当時今の敦煌駅はまだなく柳園駅からマイクロバスで3時間近く走って敦煌の街に入った。言わずと知れた中国西北部の代表的な観光地のひとつだが、10月も下旬に入り既にシーズンオフだったのか街は閑散としていた。


 ホテルに荷物を置いてまず向かったのが鳴沙山。写真は、鳴沙山の麓にある月牙泉からの眺め。砂が舞うような天気で霞んで見えるが、泉の向こうに見える山がまるまる砂の山。


 敦煌観光一番の目玉が、1000年に亘って作られ続けた数々の石窟が並ぶ莫高窟。入場料16元(当時のレートで500円ほど)で20窟ほど見てまわっただろうか。且つて本やテレビの中の絵でしかなかったものをまじまじと見て回った。


 莫高窟自体は、宕泉河(と言っても水は流れていなかったが)の畔にあり緑に覆われているが、振り返ると風景は一変、莫高窟を背にすると写真のような石だらけの沙漠が地平線まで続いている。


 敦煌には、郊外にも漢代のものという長城や玉門関などの見所があるが、ツアーを組まないと行けない所にあり行っていない。自転車を借りて見に行ったのが写真の白馬塔と映画敦煌の野外セット(HP参照)。映画のセットまでは街から10kmほど、当時のオンボロ自転車では結構な遠出だった。

 →Google Map 鳴沙山と月牙泉莫高窟、少し自信が無いがこれが白馬塔らしい

|

« 参院選挙 | トップページ | 白骨温泉 »

1990年中国紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/15989951

この記事へのトラックバック一覧です: 1990年中国紀行 <敦煌>:

» 莫高窟(モーガオクー)(中国) [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「莫高窟(モーガオクー)(中国)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「ユネスコの世界遺産に登録さ... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 07時41分

« 参院選挙 | トップページ | 白骨温泉 »