« (書評)信長と消えた家臣たち | トップページ | 1990年中国紀行 <トルファン> »

2007年8月31日

ハラホリン

朝青龍、帰国後“速攻”で「ドリームランド」入り(産經新聞)

 こんなところでハラホリンの名を聞くのが意外だったので、一応コメントしておうこうかと・・・

 一応触れておくと、ハラホリンはモンゴル帝国時代の古都カラコルムの遺跡が残る町。自分はまだ行ったことがないので、町なのか街なのか、あるいは村なのかは良く知らない。ニュースで「カラコルム」と言っていたところもあったが、このニュース的にはハラホリンが正しいと思う。こういうニュースでも無ければTVには出てこない地名なのだなと思うが、自分が見聞きした範囲で古都について触れていたのはひとつだけだった。

 それにしてもニュースの偏り具合(偏向というよりもどのニュースを大きく扱うかという意味で)は相変わらず酷い状態。なにより200人も現地に張り付いているのが自分には信じられない。(中身が無くても)現地から中継して、(内容がなくても)関係者のインタビューを流せばニュースだと思っているあたりどうしようもない。


 Googole Map カラコルム周辺
・・・ドリームランドってどこら辺にあるんだろ

拡大地図を表示

|

« (書評)信長と消えた家臣たち | トップページ | 1990年中国紀行 <トルファン> »

ニュース(海外)」カテゴリの記事

コメント

ホジルトも行ったことあるよ。
温泉っても旧ソ連式のサナトリウムみたいなやつだよね、あれ。
通りすがりで行ったんで、「医師の処方箋がなければダメ」と言われて湯にはつからなかった。
当時は湯治客でにぎわってたけど今はどうなんだか?
エステの類として観光客に開放したりしているのかな?

投稿: 雪豹 | 2007年9月 1日 18時44分

ホジルトってよそものも観光に寄るような所なんですか?

うーーん、やっぱ温泉は日本ですねえ。
遅い夏休みは温泉で息抜きだな(笑

投稿: 武藤 臼 | 2007年9月 2日 03時20分

んんー、大昔、ピャチゴルスク(「五つの山」の街、「大旅行記4」に出てくるビシュダグ)で炭酸泉つかった時の日記見たら、バスタブに32℃15分って書いてありました。温泉っていってもホジルトもたぶんそんな感じと想像。
…日本の温泉は熱湯です。

エルデニゾーの南西、オルホン川と運河(エルデニゾーの南まで延びる)に挟まれて川中島みたいになってる辺りのオルホン川河畔?>ドリームランド
目標物がない所だからぜんぜんわかりません。橋との位置関係がわかれば見当が付くかもかも。
※デビ夫人がコメントしてたのを見て、目が点になった。

投稿: 雪豹 | 2007年9月 2日 22時09分

なるほど、ここらへんなのか(^^;

自分も風呂は風邪ひかない程度にぬるい方が好きですねえ
そこに1時間くらいの長湯・・・

何故にデビ夫人、なんのコメントを??(^-^;

投稿: 武藤 臼 | 2007年9月 2日 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/16307949

この記事へのトラックバック一覧です: ハラホリン:

« (書評)信長と消えた家臣たち | トップページ | 1990年中国紀行 <トルファン> »