« 歴史読本 2008年1月号 | トップページ | 1990年中国紀行 <瑞麗> »

2007年11月30日

新名神高速道路

 先日NEXCOから新名神高速道路が来年2月に開通すると発表があった。発表に添えられた資料(pdfファイル)によると、亀山ジャンクション、草津田上インター間49.7kmの開通で、中京関西間第二のルートが完成し、距離で34km、時間で20分短縮されるとのこと。来年の春開通するということは以前からアナウンスされていたので、開通自体はたいしたニュースではなかった。

 自分が注目していたのはその料金について。話のはじめに高速道路の料金体系について触れておく(以下の料金は普通車についてのもの)。内閣府の高速道路料金の種類と仕組みの説明にあるとおりで、走行距離に比例する体系になっていて、基本的な料金は普通車で1kmあたりで24.6円である。昨今は、新しいルートの開通で、複数のルートから選べるようになったが、東京外環道や近畿道などいくつかの特別区間を除いてどのルートを通っても料金は同じで、計算上で一番安い額ですむ。


 具体的に新名神開通に関わる料金について。1kmあたりで24.6円だから、34km短縮だと800円程度安くなることになる。名神高速道路は、言わずと知れた大動脈であって、wikipediaによれば、全区間平均で一日7万台あまりの通行量があるという。800円値下げとなれば利用者にとってはかなり大きな福音となるだろう。

 上記NEXCOの発表資料内には開通に伴う主要区間の通行料金表(pdfファイル)が添えられている。これを参考に実際に計算してみる。新しい料金表で、新名神の開通の前と後を比べられるのは、岡崎と京都南、吹田間なので、岡崎京都南間で比較してみる。E-NEXCOドライブプラザで現行料金を引くと「194.1km、4,600円」と出る。新しい料金表には「160.0km、4,550円」とある。距離は34.1km短縮なのに、値下げはわずかに50円。距離160kmを料金の計算式に当てはめると「3,950円」になる(現行料金との差額が、800円ではなく650円になるのは、100km以上の25%割引と、京都南〜大津間が大都市近郊区間で普通より高い料金設定であるため)。何故650円ではなく50円なのか。

 その原因は、名港トリトンにある。岡崎から京都へと新名神経由で走る時に通る高速道路のうち、東海インターから飛島インターの間が名港トリトンで、連続する三つの斜張橋で有名だ(wikipedia参照)。この伊勢湾岸自動車道の一部でもある名港トリトンは、法的には一般有料道路であって高速自動車道路ではない。一般有料道路は、それぞれに単独の料金体系があり上の計算例にはあてはまらない。名港トリトンを通過する場合には、前後を通算した料金に700円を加算することになっている。この700円を単純に計算すると、名港トリトンの区間は6.1kmなので、消費税を引いても1kmあたり100円を越える。この高い料金が今回の値下げ幅を小さくしている。区間によっては、100円、50円の値下げ、あるいは値下げ無しということになる。


 何故名港トリトンの区間だけが一般有料道路として建設されたのかは、いまひとつ良く解らない。新名神の開通時に大幅に値下げになるのを避けるための設定だったとしたら、なかなか計算高いものと思うが実際どうだったのか。上記高速道路料金の種類と仕組みには、

償還が終了した道路や料金の徴収期間が満了した道路は、原則無料開放されていきます。
とある。計算上は、新名神の開通で岡崎方面から京阪神へ抜ける車は全て名港トリトンを通ることになるので、名港トリトンの償還は早まるのではないかとも思うが、この区間が無料になる日は来るだろうか。


 上記のような料金計算については、東長崎機関というHPの中の道の川柳・森川晃が大変詳しい

|

« 歴史読本 2008年1月号 | トップページ | 1990年中国紀行 <瑞麗> »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/17240652

この記事へのトラックバック一覧です: 新名神高速道路:

« 歴史読本 2008年1月号 | トップページ | 1990年中国紀行 <瑞麗> »