« 1990年中国紀行 <瑞麗> | トップページ | 新 シルクロード 最終集 »

2007年12月 1日

師走の東山

 数日前、遠方の友人に京都にはまだ紅葉の最中なのかと驚かれた。師走最初の一日、紅葉どのくらい残っているのかを見に東山を歩いた。午前中は良い天気だったのだが、午後は少しずつ雲が広がり3時頃には日差しもほとんど無くなった。

 東山の麓でも紅葉は既に盛りを過ぎてだいぶ褪せてきているが、高台寺や清水寺界隈は今日も賑わっていた。どうも人混みは苦手なので、表通りを避けて人気の無い寺院へ向かう。表通りから標高差で60m、10分ほど登るだけで京都を見下ろす人気の無い寺院にでる。


 真ん中やや右に八坂の塔が見えている。常緑樹の間に楓の紅、銀杏の黄色が広がる。紅色がだいぶ斑にに見えるのは、褪せ始めたせいかはたまた今年の天気のせいか。

 ついで清水寺界隈から将軍塚を目指した。東山山中にはあちこち散策路がつながっていて歩き易い。標高差100mほどの将軍塚まで、のんびり歩いても30分とかからなかった。


 将軍塚は、大日堂の庭の一角にある。由緒書きによれば、平安京を護るために武具を埋めた場所という。大日堂の庭園には何種類かの楓が植えられている。まだ盛りの色香を残してはいたが、やはり褪せてきている。

 将軍塚からは粟田口へと下った。杉林の中に続く道を麓まで20分ほどだった。

 曇り空で光が足りないのに加えて、色褪せていて奇麗な絵はほとんど撮れなかったが、せっかくなのでその中から3点添えてみる。


 これは、近所にある楓。グラデーションをかけたように斑。紅でも黄色でもないオレンジ色。例年はもう少し奇麗だったように思う。


 2点目は、大日堂の楓。写真の見た目よりは褪せ始めているのだが、奇麗に見えるように近寄って撮ってみた。


 最期は、尊勝院の銀杏。これは、今日東山で見かけた銀杏の中では一番奇麗だった。どのくらい奇麗に撮れているだろうかと思ったが、わりと見た印象に近い萌黄色に見える。


GoogleMap → 将軍塚尊勝院

|

« 1990年中国紀行 <瑞麗> | トップページ | 新 シルクロード 最終集 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

武藤様
武藤様も京都在住でしょうか?
それは、知りませんでした。
私のブログと趣旨が違うかも知れませんが、リンクさせて頂いてよろしでしょうか?

投稿: k2 | 2007年12月17日 19時43分

>武藤様も京都在住でしょうか?

そうなんです、東山在住です

>私のブログと趣旨が違うかも知れませんが、リンクさせて頂いてよろしでしょうか?

是非お願いします。

投稿: 武藤 臼 | 2007年12月17日 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/17248331

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の東山:

« 1990年中国紀行 <瑞麗> | トップページ | 新 シルクロード 最終集 »