« 何度目かのGoogle Mapで中国 | トップページ | 建設ブームが続く中国 »

2008年1月14日

海路 第5号

海路 第5号
「海路」編集委員会 発行
ISBN978-4-87415-659-9
海鳥社 2007.11

 巻頭特集が面白そうなので、海路という雑誌を初めて買ってみた。編集後記によれば、当5号より、昨年7月に発足した「九州学」研究会の機関誌という位置づけになったとのこと。2004年創刊の不定期刊行誌のようだ。3号以降は海鳥社からの出版だが、1、2号は石風社より出ている。

 巻頭特集は、「九州の城郭と城下町[中世編]」というもので、特集のみ目次を書き出すと以下のとおり。

 16世紀のBungoと大友宗麟の館 鹿毛敏夫
 筑前国秋月氏の城郭 中村修身
  ---巨大規模城郭とそれを支えた組織
 戦国期北部九州の政治動向と筑紫氏・勝尾城 堀本一繋
 大津山関城と鷹ノ原城をめぐる若干の問題 丸山雍成
 シラス台地の広大な城 三木靖
  ---南九州における有力領主層の本城
 中世城郭の終焉 宮武正登
  ---豊臣秀吉による名護屋城築城の意味

 秋月氏や筑紫氏について山城の話を絡めながら紹介されているのが興味深い。山城の話が多く、以下の各城の縄張り図が添えられている。

 筑前国秋月氏の城郭
  荒平城郭群、古処山城郭群、益富城塞群

 大津山関城と鷹ノ原城をめぐる若干の問題
  藟嶽城、鷹ノ原城

 シラス台地の広大な城
  伊作城、清色城、市来鶴丸城、伊集院城、穎娃城、志布志城、高山城

 中世城郭の終焉
  名護屋城、人吉城

|

« 何度目かのGoogle Mapで中国 | トップページ | 建設ブームが続く中国 »

収集本(日本)」カテゴリの記事

コメント

【リンク報告】
こんにちは。カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

 私が運営しております、鹿児島県内外の観光と温泉を紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKANB1.HTM
から貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

 この私のリンク元ページでは、貴ブログ日記で言及しておられる「伊集院城」のご案内をしております。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: カミタク(リンク先は「一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)訪問記」) | 2011年1月 8日 14時02分

>カミタクさま

薄い内容で恥ずかしいですが、
ご連絡いただき恐れ入ります。

投稿: 武藤 臼 | 2011年1月11日 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/17695792

この記事へのトラックバック一覧です: 海路 第5号:

« 何度目かのGoogle Mapで中国 | トップページ | 建設ブームが続く中国 »