« 雪の安土城 | トップページ | 新s(あらたにす) »

2008年1月27日

竹島の地形図

 地理院、竹島の2万5千分の1地図作製…衛星資料をもとに(読売新聞)

 10日ほど前のニュースだが、国土地理院は人工衛星のデータをもとに竹島の地形図を作成したとのこと。これは、地理院のHPで見ることができる。

 →竹島(電子国土地図)

 ニュースにもあるとおり、最高地点で168メートルと97メートルという標高をもつ東西2つの島と沢山の小さな島があり、さほど大きくはない岩だらけの孤島であることが読み取れる。

 ところで、上のニュースには次の一文がある。

 韓国が設置した接岸施設や建物は、不法構築物として地図に記載していない。
 例えば以下のサイトを見れば、東島の西岸にある岸壁や東島の尾根の上にある建物が確認できる。

 →NUGUNI(韓国語)

 「不法建築物は地図に載せない」という考え方は初めて聞いた。本当に地理院の規則にあるのかどうか。この施設は、見た感じとして仮設のものではなくかなり恒常的なものと写真から見て取れる。それが如何なるものだったとしても、そこに実際にあるものが記載されていないという意味で、竹島の地図には間違いがあると言うこともできる。竹島の地図は、新しく作られたばかりなのに、最初から間違いがあるという宿命を背負わされた地図である。あるいは、描かれるべきものを描いてもらえない可哀想な地図というべきか。

|

« 雪の安土城 | トップページ | 新s(あらたにす) »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

確か奥多摩だったと思うのですが、戦前の国土地理院の地形図では奥多摩にあったとされる軍の飛行場が、田んぼの表示だったか畑地だったか泥地だったか忘れましたが、飛行場のある軍の敷地そのものが農地か荒地の扱いになっていて基地の存在が隠蔽されていたそうです。

他に市販の都市地図などでも出版社側がコピー商品に使われるのを防ぐ為に、意図的に例えばあるマンションの名前などを架空の名前に変えておくそうです。
同じ架空の名前が使われている地図が出版されれば、コピー商品だとして訴えるそうです。

だから国家、企業を問わず地図というのはある目的によって作成されるもので、竹島の施設のように地図に作為があることは地図を使用する側として心得ておけなければならないのかもしれません。
竹島の場合は現実よりも地図の方が正しいんだという主張でしょうか(笑)

投稿: 巫俊(ふしゅん) | 2008年1月28日 21時51分

巫俊さん、こんばんわ

私は、結構昔から地図を愛して(笑)きた者なので、政治によって汚されることは不本意ですね(^^;

とはいえ、地図に政治が介入するのは今でも日常茶飯事ですから、中国の地図なんかは今でもそういう世界ですよね。

そういえば、何年か前に九州の会社が張ったブービートラップに北海道の会社が引っかかって裁判になりましたね。
その後どうなったやら(^^;

投稿: 武藤 臼 | 2008年1月28日 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/17867027

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島の地形図:

« 雪の安土城 | トップページ | 新s(あらたにす) »