« (書評)カナート イランの地下水路 | トップページ | 春遠からじ »

2008年2月17日

西夏の二つの官僚集團

西夏の二つの官僚集團---十二世紀後半における官僚登用法---
 東洋史研究 第六十六巻第三號
 佐藤貴保/東洋史研究會/2007年

 佐藤さんより抜き刷りを頂戴した。ありがとうございます。

 金史に載っている西夏から金への朝貢の記録を基にした論文で、西夏の官僚制度について考察したもの。金史、宋史などの漢文資料のほか、ロシアに所蔵されているものを含む西夏語文書を駆使したかなりな力作と思う。

 漢族系とタングート族系という二つの官僚集団の存在という考察も興味深いが、文献に恵まれない西夏について、政治制度などの論文を纏めるのにどういう資料に当たればよいのかという見本としても興味深い論文。

|

« (書評)カナート イランの地下水路 | トップページ | 春遠からじ »

収集資料」カテゴリの記事

西夏史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/40163325

この記事へのトラックバック一覧です: 西夏の二つの官僚集團:

« (書評)カナート イランの地下水路 | トップページ | 春遠からじ »