« (書評)東アジア内海世界の交流史 | トップページ | 一日遅れ »

2008年4月 1日

1990年中国紀行 <上海>

 1990年もあと僅かという12月の下旬、上海を起点として大陸に円を描いた旅は、その円を閉じることで終幕を迎えた。

 年明け第二便の鑑真号での帰国を前に、バックパッカーが集まったホテルの一室では、連夜に大小の宴会が開かれたが、一番盛り上がったのはカウントダウンパーティーだった。室内で爆竹というわけにいかなかったが、代わりにと風船を仕入れてきた智慧者にはちょっと関心した。旧暦でない新暦の年末年始、お国柄ということでホテルの外は全く静かで、旅行者が集まったホテルの一室だけが浮いているようだった。

 昼間は昼間で、中国最後の数日と食べ歩き、買い歩き、北へ西へ南へと歩き回った。


 黄蒲江沿いに続く街並は、租界時代の雰囲気を残しているという。18年前には、まだテレビ塔はなかった。この18年、北京へは4度立ち寄る機会があったが、上海との縁は全く無く、自分の中の上海にはいまだにテレビ塔が建っていない。


 上海観光の定番のひとつ、上海雑技団。病み上がりのパンダが滑り台を一滑りで退場したのはご愛嬌。


 上海に滞在した間、何度か昼飯に通ったラーメンの屋台。パーコー麺が美味しかった。


 鑑真号に始まり、鑑真号に終わる。黄蒲江沿いの港の船上から、バンドの建物群を名残惜しく遠望した。


 東シナ海の彼方、中国に沈む夕日。4か月に渡った旅の静かな終幕。

<Google Map>
上海(黄蒲江とバンド)


<あとがき>
 昨年から1年あまり続けてきたこの企画は、これで最終回となりました。当ブログ唯一の定期企画でしたが、来月からは懲りることなく、1995年アジア紀行と題して新しく始める予定です。

|

« (書評)東アジア内海世界の交流史 | トップページ | 一日遅れ »

1990年中国紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/40726972

この記事へのトラックバック一覧です: 1990年中国紀行 <上海>:

« (書評)東アジア内海世界の交流史 | トップページ | 一日遅れ »