« 始神峠《熊野古道》 | トップページ | ツヅラト峠《熊野古道》 »

2008年4月30日

三浦峠と一石峠《熊野古道》

 朝8時に宿を立って三浦峠へ向かった。三浦から道瀬へと抜けるこの道は、近辺の他の道が峠の名前で呼ばれているのに対して、熊谷道の名前で呼ばれている。三浦の集落の北から緩やかな林道様の道が続き、やがて杉、檜の林の中に続く細い道になる。


 熊谷道に限らず、伊勢路の熊野古道の多くが大正の頃にトンネルが開通するまで重要な生活道路だったそうだ。恐らくは明治以降も、場所によっては荷車でも通れるように改修が続けられたことだろう。三浦峠もそんな場所のようで、現在は10mほどの深さの切り通しになっている。標高も100mを少し越す程度で、三野瀬駅から2km、25分の快適な散策路である。


 下り道は、登り口まで500mほどで、普通に歩いて10分とかからなかった。


 道瀬から古里までは、ほぼ海岸沿いを歩く。途中の50mほどの高台に展望台があって少し遠くの島まで眺められる。


 古里から紀伊長島へ抜けるのに越えるのが一石峠。こちらはさらになだらかで、峠付近でも標高が70mほどしかない。写真のような林の中の古道というところは、北側の100mほどだけで、他は林道や普通の舗装道路を歩く。

 林を抜けて国道に出た所にあるバス停がいちおう終点。そこまで三野瀬駅から8kmほど、1時間40分かかった。標高差もほとんどなく、朝の準備運動にはお誂え向きだったろうか。バス停から紀伊長島駅までは、トンネルを避けて海沿いを4km、さらに1時間ほど。



「この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図(長島)を基に作成しています。」

 赤線が三浦峠から一石峠を越えるルートです。三浦峠付近や展望台付近は、あまり正確ではありません。地図をクリックすると大きな地図が別のウィンドウで開きます。

<国土地理院地図閲覧サービス>
 三浦峠周辺
 国道のトンネルの上が三浦峠。

|

« 始神峠《熊野古道》 | トップページ | ツヅラト峠《熊野古道》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41039000

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦峠と一石峠《熊野古道》:

« 始神峠《熊野古道》 | トップページ | ツヅラト峠《熊野古道》 »