« 北東アジアの中世考古学(感想) | トップページ | 李元昊と赫連勃勃 »

2008年4月12日

たこ焼きとビール

 奈良市内西大寺の界隈に住んでいたころ、通いつけてたたこ焼き屋が移転の上新装開店したというので、昔の呑み友との酒宴を兼ねて遠征してきた。


 大阪市内より確実に寒い奈良だが、西大寺境内の染井吉野は既に散り終わり、かわりに八重の里桜が見頃だった。


 新装なったたこどうらく。昔の店とは雰囲気が全く変わった。


 スタミナマヨネーズをかけたたこ焼き。既にビールには口がついてました。


 よく飯代わりに食べていたお好み焼き。今日はモダンで。ビール4杯?5杯?飲んで、たこ焼き、お好み焼き、帆立焼き、もやし炒めで3000円ちょっと。ちょっと食べ過ぎ。


 たこ焼きは、持ち帰りの方がたぶん売れている。持ち帰り客専用の待機スペースができたので、お客さん増えるかも?

 あっ、しまった。お祝い持ってくの忘れてた・・・


大きな地図で見る

|

« 北東アジアの中世考古学(感想) | トップページ | 李元昊と赫連勃勃 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/40863142

この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼きとビール:

« 北東アジアの中世考古学(感想) | トップページ | 李元昊と赫連勃勃 »