« (書評)新書で入門 新しい太陽系 | トップページ | 西夏の建国について »

2008年4月 5日

鴨川で花見

 鴨川沿いの桜は散り際のちょうど見頃を迎え、花見客でごった返していた。かく言う自分もその人波にまぎれて、10年来の知己となった歴史好きの友人主催の酒宴へと出かけた。


 少し霞んではいたものの天気に恵まれ、まだまだ気温の下がる夜用の装備ではかなり暑いほど。鴨川の土手の桜は、遅咲きのものに5分咲き程のものもあったが枝垂桜はちょうど見頃。土手に植えられた紅い若葉がちょっと強烈に映る紅要黐(べにかなめもち)の赤、朝鮮連翹(ちょうせんれんぎょう)、山吹、菜の花の黄色、雪柳の白と桜以外の色も賑やかで楽しい。

 とりあえずということで、コンビニで仕入れたつまみを肴に、主催者氏持参の日本酒を呑みながら、鴨川の土手で日が暮れるまで一次会。二次会は、先斗町の韓国料理屋comyonへ。店に辿り着くまで、三条から木屋町や先斗町へ下っていくあたり、どこもかしこも人だらけ。凄い賑わいだった。


 まずはマッコリで乾杯。ネットを見るとアルコールは6〜8度と書いてあった。飲み口は良いがもう少し高いと思って呑んでいた。さほど強くない自分は、これで十分酔えます。


 料理は、ユッケ、ナムル、チジミを頼んで、冷麺で締めた。一次会から呑んで食べ続けたのでこれでも満腹。料理はどれも美味しかったが、品数の割に少し高めの気もするが先斗町だとこのくらいか。


 散開した頃には10時を回っていたが、まだまだ賑わいわ続いていた。

 お付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

|

« (書評)新書で入門 新しい太陽系 | トップページ | 西夏の建国について »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/40783370

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川で花見:

« (書評)新書で入門 新しい太陽系 | トップページ | 西夏の建国について »