« ツヅラト峠《熊野古道》 | トップページ | 1995年アジア紀行〈フンザ〉 »

2008年5月 5日

北陸遠征

 今夜、北陸への遠征から帰宅した。今年は、自分にとってわりと手薄な加賀、能登を主なターゲットに選んだ。福井、石川を縦走し、能登半島を一回りして帰宅するまで全行程1300km。恐らくは日頃の行いとあまり関係なく、今日の帰り道を除いて雨に会うこともなく、強い日差しにTシャツの跡が焼き付いた。

 最近の傾向どおりに山城巡りが中心になったが、温泉、岬、神社、資料館もいくつか回ることが出来た。また、能登の海の魚など美味しいものにも在り付き、昼間に山を歩き回った分を、夜にビールと肴で補給するという毎日だった。



 今回の遠征の到達点のひとつ、能登半島の北東端にある禄剛埼燈台。この燈台の建つ所を珠洲市狼煙町という。狼煙町とは何に因む地名だろう。


 南大門が復元された能登国分寺跡。七尾市街のすぐ南にある。国府もほぼ同じ場所にあったと推定されているようで、その時代から七尾は能登の要だった。


 城跡は、福井県と石川県で10か所回った。それらは日を改めて。



 どこを走っていても春真っ盛りという様で、花を欠くことがない。とくに柴桜と躑躅は、どこへ行っても手入れが行き届いていた。


 自分にとっては、花より緑。萌黄から新緑へと移ろう今頃の色合いがまた良い。写真は、下枝の楓と上の欅のコントラストに思わずシャッターを切った白山比メ神社(メは口編に羊、「しらやまひめ」と読む)の参道。


<Google Map>
 禄剛埼燈台能登国分寺白山比メ神社

|

« ツヅラト峠《熊野古道》 | トップページ | 1995年アジア紀行〈フンザ〉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

武藤臼様
ご無沙汰です。
その城跡は、鳥越城跡ですね。
それは、遠くまで行かれたんですね。
一向一揆資料館は、立ち寄られましたか?
私が行った時は、休館で見れなかったので。

また、記事拝読させて頂きます。

投稿: k2 | 2008年5月 7日 15時07分

k2さん、こんばんわ

そのとうりです。
一向一揆資料館寄ってきましたよ。ビデオ上映のタイミングを外したんですが、自分のために予定時間外に見せて頂きました。

投稿: 武藤 臼 | 2008年5月 7日 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41105845

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸遠征:

« ツヅラト峠《熊野古道》 | トップページ | 1995年アジア紀行〈フンザ〉 »