« ゲルが広がる風景 | トップページ | 京津城際鉄路 »

2008年6月23日

ヴィンランド・サガ 6

アフタヌーンKC510
ヴィンランド・サガ 6
幸村誠 著
ISBN978-4-06-314510-6
講談社 2008.6

 5巻発売からちょうど8か月。仕事終わりも待ち遠しく早速買ってきた。屍の山を築いて終わった前巻の話がどう収まるのかというところで、それなりの決着を見せている。

 7巻からは、新しい展開が見られることになる。8か月先というと来年2月。暑さはこれからだというのに、2月を思うのはさすがに気が早すぎるか。

|

« ゲルが広がる風景 | トップページ | 京津城際鉄路 »

収集本(その他)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
6巻はまだ買ってないんですけど、クヌート王子が化けていくとこが見せ場なんでしょうね。
ヴィリバルト神父のあの考えって、かなり異端なんじゃないかと…。クヌート、ラグナルを失って弱っているところに、破戒神父に変な考えを吹き込まれてマインドコントロールされる…の巻かも。

投稿: NAGAICHI Naoto | 2008年6月25日 00時05分

NAGAICHIさん、こんにちは
だいだい、そのとおりかと。
前巻が血みどろで終わっただけに、少しだけすっきりしました。
神父の破戒ぶりはなかなか筋金入りですね。
読みながら突っ込み入れたくなるし。
・・・しかし(^^;

投稿: 武藤 臼 | 2008年6月25日 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41630249

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンランド・サガ 6:

« ゲルが広がる風景 | トップページ | 京津城際鉄路 »