« ヴィンランド・サガ 6 | トップページ | 遼金西夏研究の現在(1)(感想) »

2008年6月27日

京津城際鉄路

 北京〜天津都市間鉄道、時速394.3を記録(中国情報局)

 北京〜天津都市間鉄道は、直轄市の北京と天津間120キロを結ぶ。同鉄道プロジェクトは2005年7月4日に着工し、2007年12月16日に全線開通した。7月1日から試運転の段階に入り、8月1日から正式に運行が始まる。

 中国では、オリンピック開通に合わせて、中国初の新幹線京津城際鉄路の北京南〜天津間が8月に開通、120kmを30分で結ぶとのこと。1995年に天津港から北京市内までをマイクロバスに乗って高速道路経由で3時間で移動したとき、それで十分に早いと思ったが、30分となると相当に早い。定期券の発売も検討されているようで、今の自分の通勤時間よりも短いくらい。

 さて、その北京天津新幹線がどこを走るのか、Google Mapを見ると一部解像度が低いところと、天津寄りで撮影時期が古い部分を除いて8割程度ルートを辿ることができる。ルートや駅の位置について、分からない所は北方論壇で見つけた記事に掲載されていた図面を参考にしてGoogle Mapに線を引いてみた。

 京津城際鉄路 位置図(Google Map)

|

« ヴィンランド・サガ 6 | トップページ | 遼金西夏研究の現在(1)(感想) »

ニュース(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41668759

この記事へのトラックバック一覧です: 京津城際鉄路:

« ヴィンランド・サガ 6 | トップページ | 遼金西夏研究の現在(1)(感想) »