« 西夏と年号 | トップページ | 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 »

2008年7月29日

西夏と年号 その2

西夏にはどんな年号があったのか?

 西夏の年号は、昨日書いたように宋史に30の年号が記録されている。ただし年表のような表形式ではなく、ただの箇条書き。一例をあげると、西夏の実質的な最初の皇帝とも言われている李元昊について、『宋史 夏国伝』(下記参照)に彼の死去の記事に続けて以下のように記している。

 在位十七年,改元開運一年,廣運二年,大慶二年,天授禮法延祚十一年。
 以下、最後のひとり前の皇帝李徳旺まで、同じ書き方で年号が記されている。下に宋史に記されている年号を箇条書きにして、さらにその年数を添えた。

 李徳旺の後に、最後の皇帝で末主と呼ばれる李睍がいるが、彼の時代に年号があったのかどうか宋史には記されていない。

 李純佑の天慶をとりあえず14として、書き添えた数字を単純に足し合わせると199になる。李元昊が開運と改元したことについて、宋史に

 景祐元年,(中略)。是歳,改元開運(以下略)
とあり、これは1034年のこと。李徳旺の乾定の末年をとりあえず1226年とすると、その間は193年間となる。199と193なので、問題点はひとつや二つでは無いことになる。この問題点を洗い出して整理していくのが当面の目標となる。

西夏年号一覧
 開運 1(李元昊)
 広運 2
 大慶 2
 天授礼法延祚 11
 延嗣寧国 1(ここから李諒祚)
 天祐垂聖 3
 福聖承道 4
 ◆都(◆:奢+單) 6
 拱化 5
 乾道 2(ここから李秉常)
 天賜礼盛国慶 5(ここから李秉常)
 大安 11
 天安礼定 1
 天儀治平 4(ここから李乾順)
 天祐民安 8
 永安 3
 貞観 13
 雍寧 5
 元徳 8
 正徳 8
 大徳 5
 大慶 4(ここから李仁孝)
 人慶 5
 天盛 21
 乾祐 24
 天慶 (李純佑、彼は例外で、在位14年とあるのみで、天慶が何年続いたかの記載がない)
 応天 4(ここから李安全)
 皇建 2
 光定 13(李遵頊)
 乾定 4(李徳旺)


< 宋史 夏国伝 とは >
 宋史は、モンゴル帝国の時代に元朝の宰相トクトによって纏められた歴史書であって、二十四史と総称される中国の正史のひとつとされる。名前のとおり宋国とその時代を扱ったもので、1345年に完成したとされている。全部で496巻あり、現在では中華書局から14,263頁、40冊本として出版されている。

 西夏については、列伝の中の外国一(485巻)、外国二(486巻)それぞれに「夏国上」、「夏国下」のタイトルで纏められている。当ブログでは、これらを纏めて『宋史 夏国伝』と表記する。

その3へ
最初へ

(追記)
 用語の整理と説明文追加のため、8月6日に加筆しました。また、引用文以外の漢字は、基本的に常用漢字へ改めています。
 一覧表に誤りがあったので、11月24日に訂正しました。

|

« 西夏と年号 | トップページ | 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

私は歴史畑の人間ではないので、深く関わることの無かった問題ですが、そのうち勉強会で「西夏文字西夏語表記による」年号についても扱ってみたいですね。
適当な材料を探してみますね。

投稿: 某勉強会会長 | 2008年7月30日 20時37分

おはようございます

>適当な材料を探してみますね。

ありがとうございます。

西夏陵関連の李範文先生の論文までは言及する予定でいます。先の小野裕子さんの論文に「貞観葵未三年」が出てきましたが、ロシア蔵黒水城文献の西夏文にはきっと沢山の年号表記が眠っているんだろうなと想像しているのです。

西夏文字に慣れれば、膨大な文章の中から年号表記だけを拾えるようになるでしょうか(^^;

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月31日 06時50分

どうもおじゃまします。
年号が4文字もあるのですか?これはちょっと驚きです。しかし、4文字の元号が少ないですね。西夏国には文字があったけれど発音は矢張り違うか気になります。国の末期に従い2文字が殆どになっていたり、4文字が時たま出てきたりしているので、4文字の時には中国化を防ぎ民族の誇りを取り戻したいと意気高い皇帝の時代だったのかと思ったりします(笑)。

投稿: 五遷・主簿 | 2008年8月 4日 22時01分

五遷・主簿さん、こんばんわ

4文字までだったらまだ散見されますがほんとうに点々とあるだけで、纏まってるのは西夏とベトナムの李朝くらいのようですね。
ベトナムの李朝が11世紀から12世紀、西夏で4文字が使われていたのが11世紀終わりまで。この重なり具合とか流行廃りに意味が見出せると面白いのですが。

↓とりあえず手っ取り早く、各種一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/元号一覧_%28中国%29
http://ja.wikipedia.org/wiki/元号一覧_%28ベトナム%29


そのうちここで紹介する予定でいますが、西夏の年号が西夏文字で書かれている文書がいくつか見つかってます。西夏文字は一文字一文字に西夏語としての発音がありますので、西夏語で発音することは一応可能ですね。

投稿: 武藤 臼 | 2008年8月 4日 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/42009009

この記事へのトラックバック一覧です: 西夏と年号 その2:

« 西夏と年号 | トップページ | 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 »