« 東アジアと日本 交流と変容(感想) | トップページ | (書評)タンパク質の一生 »

2008年7月23日

チェーザレ 5巻

モーニングKCDX
チェーザレ 破壊の創造者 5
惣領冬実 著
ISBN978-4-06-375523-7
講談社 2008.7

 15世紀末、北イタリアを舞台にチェーザレ・ボルジアが活躍する?物語の第5巻。

 初めての実戦。
 最後の青春。
 帯にこのふたつの言葉が並べられている。細かく言えば、一つ目が本巻の後半、二つ目が前半に当てはめられる言葉。ただ、実戦というか学生が二手に分かれて行った実戦まがいの模擬戦なのだが。チェーザレはいまだ大学を卒業しておらず、話はあいかわらずのんびりしたペース。連載で一度読んでいるのだが、初めて読むほどに面白かった。

 巻末には、監修の原基晶氏による「ルネッサンス時代の大学生活」が載る。週刊モーニング先週号の予告どおりなら、明日発売の号から本巻の続きの連載が再開される。次巻の発売は来春?


 チェーザレ 1、2巻
 チェーザレ 3巻
 チェーザレ 4巻

|

« 東アジアと日本 交流と変容(感想) | トップページ | (書評)タンパク質の一生 »

収集本(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41952730

この記事へのトラックバック一覧です: チェーザレ 5巻:

« 東アジアと日本 交流と変容(感想) | トップページ | (書評)タンパク質の一生 »