« 野茂英雄引退 | トップページ | 東アジアと日本 交流と変容(感想) »

2008年7月19日

西夏語勉強会 初級編

 午後から西夏語の勉強会に参加した。今回からは、新しく初級編として西夏文金剛般若経がテキストとなる。勉強会に参加してちょうど2年になるが、今までは中級編の見学という状態だったので、2年経ってもあいかわらず西夏文初心者のままなのだが。4時間近く辞書をひっくり返しながら逐語訳に挑戦した。

 文法が漢文とは全く異なるので、先生のアドバイスの効果は絶大である。それに、見学しているのと自力で訳出するのでは、脳に残るものが全く違うので、少し深い世界が見えてくるまで真面目に取り組んでみようかと思う。


 後学の為に、西夏文金剛般若経に一番近そうな漢訳文を探してみたところ、ウィキソースの中文ページに鳩摩羅什訳の金剛般若波羅蜜經を見つけたので、リンクを貼っておく。


 TANGUT DICTIONARY(京都大学文学部 2006年)

 本日大活躍した西夏語辞典。

|

« 野茂英雄引退 | トップページ | 東アジアと日本 交流と変容(感想) »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!ろくに休憩も入れず長丁場を突っ走ってしまいましたね(今回も?)

御指摘はまさに正解で、西夏語訳金剛経は羅什訳の重訳です。
今回はあえてノーヒントで挑んでいただくため、大正大蔵経や岩波文庫の漢文部分コピーを皆さんにお配りしませんでした。
読んでみて実感したのですが、冒頭部分は入門編に最適な内容でしたね。

私は拙い説明でしたが、皆さん熱心に調べてくれて感激しました。
関西組からも需要があったので、何とか年内にもう一度くらい開催したいですね。

投稿: 某勉強会会長 | 2008年7月20日 22時31分

喉の調子が悪いのに、長丁場ありがとうございました。
4時間では足りないですね。
是非是非また御上洛ください。
お待ちしてます。

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月21日 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41913767

この記事へのトラックバック一覧です: 西夏語勉強会 初級編:

« 野茂英雄引退 | トップページ | 東アジアと日本 交流と変容(感想) »