« Newton 2008年9月号 | トップページ | ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について(感想) »

2008年7月27日

西夏文字Tシャツ

 西夏語勉強会の先生のご紹介で、下のようなTシャツを購入。真ん中に書かれている文字が西夏文字で、上から「ミ 文 字」。ミとは、西夏あるいはタングートのことなので、西夏文字で「西夏文字」と書いてあることになる。写真では読めないが、西夏文字の下にはTangut scriptと書かれている。

 なかなか良いでしょう(笑)

 サイズは、女性向けの150と160、それにS、M、L、XLの6種類。色は、チャコール(赤みがかったグレー)、デニム(紺)、オリーブグリーンの3種類とのこと。残念ながらLサイズはオリーブグリーンが在庫切れだった。

 興味ありという方は、もじもじカフェまで、問い合わせてみてください。


 こちらが、チャコール。


 こっらが、デニム。


 話は変わりますが、いちおう当ブログの本館である西夏史への招待は、今月で開設3周年を迎えました。珍しいTシャツを紹介してもらったので、記念にプレゼント企画なんぞやってみようかと思います。

 HPのカウンターがあと少しで10000という所まで来たので、カウンターが10000を超えてからメールを頂戴した方、先着で3名様に西夏文字Tシャツをプレゼントさせて頂きます。興味のある皆様、こちらからご応募ください。当選の方には、折り返し私からメールさせて頂きます。

|

« Newton 2008年9月号 | トップページ | ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について(感想) »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

うわ~これで西夏文字、契丹文字、女真文字の三セットでTシャツ欲しいです!
契丹文字で耶律阿保機とか、満洲文字でヌルハチとか欲しい~!

投稿: 宣和堂 | 2008年7月27日 14時20分

私が言うのも変ですが御購入ありがとうございました!
実は数年前に商品化の計画があった(そして立ち消えになった)のですが、今度こそ日の目を見たというわけです>Tシャツ

専門のタイポグラフデザイナーの方が頑張ってくれたので、予想以上に出来の良い一品になりました。
第一弾の売り上げ次第では次の企画も?!
今度検討してもらおうかと思います。

投稿: 某勉強会会長 | 2008年7月27日 21時29分

宣和堂さん、こんばんわ
自分も買いますが(笑)
だれか作ってくれないでしょうか(^^;


某勉強会会長さん、こんばんわ
こちらこそありがとうございました。

>今度検討してもらおうかと思います。

ということで、次は契丹文字で(笑)

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月27日 23時27分

これはいいですね〜。西夏文字は文字としても見た目がカッコイイ。
ですが、誰にも読んでもらえないという宿命!

投稿: 馬頭 | 2008年7月28日 00時28分

馬頭さん、こんにちは

>すが、誰にも読んでもらえないという宿命!

これから普及させれば・・・ってどうやって(笑

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月28日 06時18分

>普及

トンパ文字はあっという間に広がったのにね~。
「カッコイイ」より「カワイイ」系のほうがいいのかな?
でも、ひとの文字を心配する以前に自分たちの文字を広めねば(笑)。

投稿: 雪豹 | 2008年7月28日 10時50分

雪豹さん

突厥文字普及のために、立ち上がられるのですね(^^)

こと文字に関しては断然格好良い方が好きです
アラビア文字とかチベット文字とか・・・

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月29日 00時27分

私も満洲文字Tシャツ欲しい~!
瀋陽故宮で八旗Tシャツは見たことあるんですけど、満洲文字はなかったような。

あと契丹文字もいいですな。契丹文字Tシャツ期待してます。
西夏文字はたしかに造形的にかっこいいですね。

投稿: 電羊齋 | 2008年7月29日 21時54分

電羊齋さん、こんばんわ

>私も満洲文字Tシャツ欲しい~!

実は、満洲文字Tはいっちょ持ってます。
那覇で買ったもので、
満洲文字の横には漢字で「琉球国王の印」と書いてありますが(^^;

>西夏文字はたしかに造形的にかっこいいですね。

応募してください、
当選したら大連までお送りしますから(笑)

投稿: 武藤 臼 | 2008年7月29日 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/41980415

この記事へのトラックバック一覧です: 西夏文字Tシャツ:

« Newton 2008年9月号 | トップページ | ペルシア語文化圏における十二支の年始変容について(感想) »