« 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 | トップページ | 契丹の旧渤海領統治と東丹国の構造(感想) »

2008年8月 2日

スカイ・クロラ(感想だけ)


 久しぶりの押井守監督作品。期待が大きかったので早速見に行ってきた。説明一切省略。

 映画小僧ではないので、あまり映画館に出入りしていないのだが、上映が終わっても満席のホール内が静まり返っていたのは今まで経験した記憶がない。確かに新たなる押井守の作品だと思う。

 暑さでぼんやりとしていた脳味噌が妙に空回りし出していたことと、押井守の次回作をかなり楽しみにしているというのが見終わっての自分である。余韻を押えるのに随分と時間がかかりそうだ。

 一部趣味的な映画しか見ない自分にとってこの夏は珍しく豊作で、既に何度か映画館に通っていてあと数作見る予定だが、その中で本作が一番強く印象に残るのは多分間違いない。


 あと、細かい話。これから見に行こうという方には、エンドロールが流れ始めても最後まで見られることを一応お勧めしておきます。それと、主題歌のアレンジが塩谷哲だったことに気がつかなかったのはちょっと不覚。もういっちょ。自分の嫌いなとある名称が何度も登場することがかなり癪に障る。押井氏が宮崎氏の轍を踏まないことを祈って止まない。


 予告編が見られます→「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト

|

« 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 | トップページ | 契丹の旧渤海領統治と東丹国の構造(感想) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/42043895

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラ(感想だけ):

« 1995年アジア紀行〈カニヤクマリ〉 | トップページ | 契丹の旧渤海領統治と東丹国の構造(感想) »