« 1995年アジア紀行〈シリンホト〉 | トップページ | 西北出土文献研究 第6号(感想) »

2008年8月18日

南欧西夏

喬治亞軍隊撤出南歐西夏首府
(中央廣播電台)

 10日あまりが過ぎ後はロシア軍がどこまで撤退するのか、という辺りの駆け引きがニュースの中心になってきたグルジア情勢。どういう形に収まるのかまでは注視していこうとは思うものの、事件についての解説記事やブログが増え、このブログで採り上げることには一応区切りがついたと見ている。以下はまったくの余談。


 南歐西夏、この文字を検索サイト上で見かけた時は、これがグルジア関係のニュースとも思わず、かといって西夏と南ヨーロッパの関係というのも意味不明で見流していた。それでこれが「南オセチア」と読むと気づくのに少し時間がかかった。そもそも、中国語のニュースサイトで探すニュースは中国関係のものに限られるので、カタカナで覚えている固有名詞にどんな漢字が当てられているかさほど気にしたことがない。

 なにやら、これも西夏の縁ということで、グルジア情勢関連ニュースから地名を探してみる。

 喬治亞:グルジア
 特比利西:グルジアの首都トビリシ
 南歐西夏:南オセチア
 茨欣瓦利:南オセチアの州都ツヒンバリ
 哥里:ゴリ
 波蒂:ポチ
 北歐西夏:北オセチア
 阿布卡西亞:アブハジア
 卡多里峽谷:コドリ渓谷

 台湾の中央廣播電台に限定してみても南オセチアが「南歐希夏」、ゴリが「戈里」と書かれているものがある。これが中国になるとまた異なる。

 格魯吉亜:グルジア
 南奥塞梯:南オセチア
 阿布哈茲:アブハジア


 中華書局などが出版している中国の古典歴史書では、固有名詞に下線が引かれているので固有名詞に苦労することはあまりない。日常生活の中で固有名詞を読み分けるという作業は、慣れという範疇を越えているように思われるのだが、苦労はどれくらいのものだろう。


<参照もと>
全面備戰 阿布卡西亞下達軍事動員令
躱避戰北歐西夏計劃接收2000名南歐西夏居民
俄喬停火似能維持俄軍仍留駐喬治亞
俄國空襲喬治亞 國際社會加緊調停
50多架俄機轟炸喬治亞首都特比利西
(以上は全て中央廣播電台)
安理会南奥塞梯冲突問題磋商陷入僵局(杭州网)

<Google Map>
 グルジア-ロシア紛争関係

|

« 1995年アジア紀行〈シリンホト〉 | トップページ | 西北出土文献研究 第6号(感想) »

その他」カテゴリの記事

コメント

YouTubeで南オセチア情勢についてロシアのニュースを見るのが流行中!(自分の中で)
ゴリは行ったことあるんですが(スターリンの西夏を見に……いや違う、生家を見に)、旧ソ連の街並みってどこも似たり寄ったりで見分けがつきません!

日本語学習者を一番悩ませるのは、カタカナ語だそうですし、どこの言語でも外国の地名人名は難しいんでしょうね~。
ロシア語の中に中国の地名が出てくるときも、いつも悩まされていますよ~。

投稿: 雪豹 | 2008年8月20日 01時15分

さすが、旧ソ連圏には強いですね。
Google Mapで見ると奇麗な田園、盆地に見える彩合いが、実際にどう見えるのかは興味があるところですが。

スターリンとシェワルナゼがグルジア出身・・・てとこに中国とソ連の違いを感じますが。


考えてみれば、外国の固有名詞の扱いの難しさは何処も同じ・・・なんでしょうか。

投稿: 武藤 臼 | 2008年8月20日 22時34分

これは驚愕のネタですね!(一部に)
一番原音に近いのは「南奥塞梯」あたりでしょうか?


「オセチア」のオセット人による呼称は「イリストン」であると知って、ますますこの地域の複雑さを感じずにはいられません・・

投稿: 某勉強会会長 | 2008年8月21日 00時02分

某勉強会会長さんこんばんわ

ローマ字表記で並べると、確かに奥塞梯が近そうです。
歐西夏(ouxixia)、歐希夏(ouxixia)、奥塞梯(aoseti)

台湾だと発音変わってくるのかな?!?

投稿: 武藤 臼 | 2008年8月21日 21時46分

>スターリンとシェワルナゼがグルジア出身・・・てとこに中国とソ連の違いを感じますが。

エ、、、そうなんですか?
いま読んでる本に中国の民族識別とかの民族?問題について書いてある本を読んで、「それってスターリンが言ってたじゃん!」てな事が多いから似たようなもんかな?と思ってたところなんですが……。
違いがよくわかりません(汗)。

投稿: 雪豹 | 2008年8月22日 02時04分

>違いがよくわかりません(汗)。

チベット人とか、モンゴル人、チョワン人、ウイグル人はたまた回人などなどが、国家主席になるなんて中国じゃ絶対ないよなーという意味です(^^;

いや、自分はスターリンについては、教科書レベル以上のことは全く知らんのですが。スターリンでグルジア人なんだよね?

投稿: 武藤 臼 | 2008年8月22日 18時11分

スターリン、一応、グルジア人です。本当はオセットだとも言われてますが。
あれは特殊な例のような気もしますが、お飾りとはいえミコヤン(アルメニア人)が国家元首だったこともあったしなー。そういう名誉職的なのにも非漢人ってあんまりいないんですかね?

イスラムの国でキリスト教徒の外相とかいるくらいなんだから、中国でも回人出身の外相くらいいても良さそうですがね~。

投稿: 雪豹 | 2008年8月22日 21時25分

うーーん、どうだろ、現代の中国政治は良くわからないです。
ネット叩けば上の方の人の名前はある程度拾えそうですが、
それでも外相は見つからなかったな。

名前を拾えたとして、彼らの民族籍って分かるのかな。
名前だけでは区別つかないし。
明確にウイグルとかチベットとかの名前だったら良いんだけど。


投稿: 武藤 臼 | 2008年8月23日 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/42208900

この記事へのトラックバック一覧です: 南欧西夏:

« 1995年アジア紀行〈シリンホト〉 | トップページ | 西北出土文献研究 第6号(感想) »