« ヘルシンキ | トップページ | 1995年アジア紀行〈タシュクルガン〉 »

2008年9月29日

(書評)コーカサス 国際関係の十字路

集英社新書 0452A
コーカサス 国際関係の十字路
廣瀬陽子 著
ISBN978-4-08-720452-0
集英社 2008.7
序章がこちらから読めます

 8月初め、南オセチアから始まった一連の事件からもう2か月近く。自分は、半月の旅行中に情報的不足な状況にあったこともあり、今ひとつその後の状況を掴みきれていない。

 本書がこの時期に出版されたのは偶然ではあるものの、諸々の事件を理解する上での基本情報を載せたものとして極めてタイムリーだった。内容としては、グルジア、あるいは対ロシアに限定されるものではなく、コーカサスの南北両側を範囲として、重要なキーワードを押えたて現状をできるだけ把握することを目指したものとなっている。

 構成は、下記目次のようになっているが少し書き足すと、地理、地勢などの全体像を取り上げた1章、各国が抱える問題を取り上げた2章と3章、石油、天然ガスを巡る問題を取り上げた4章、対ロシア問題と南コーカサス三国における政治情勢の変化についての5章、その他の外側の国々との関わりを説く6章となる。ほぼソ連解体以後の話で、部分的に必要なもののみ時代を遡って解説を加えている。


 新書版220ページという厚さで、かつコーカサスの南北両側を対象にしているので、深さという点ではもちろん限界がある。特に各論部分は、チェチェンを除いてはかなりあっさりという内容で、興味が向く部分では物足りなさが残る。バランスという点では、グルジアの事件以前の段階としてはこの位だろうか。

 とはいえ、コーカサス地域の情勢についての入門書という点で、コンパクトに良く纏まっていると評価したい。特に各国関係、ロシアの関わり、石油や天然ガスについての解説は自分にはかなり勉強になった。また、民族や宗教についての慎重な取り扱いや、この地域を理解する上での基礎的用語を多く解説している点も評価したい。

 もともと情報が不足している地域のこと、基本情報と簡単な現状分析を含む入門書という位置づけで重宝する一冊ではないだろうか。本書を先に読んでいれば、先のグルジアを巡る事件についてもう少しまともな分析が出来たのではと思う。というか、随分と基本的な情報を抜きにしてニュースを眺めていたものと恥ずかしくすら思う。事件後でもあり、もう少し深い情報が欲しいとも思うのだが、現状ちょっと手一杯というところ。


<目次>
 序章
 1章 コーカサス地域の特徴
 2章 南コーカサスの紛争と民族問題
 3章 北コーカサスの紛争と民族問題
 4章 天然資源と国際問題
 5章 コーカサス三国の抱える課題
 6章 欧米、トルコ、イランのアプローチ
 終章 コーカサスの今後

|

« ヘルシンキ | トップページ | 1995年アジア紀行〈タシュクルガン〉 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/42627565

この記事へのトラックバック一覧です: (書評)コーカサス 国際関係の十字路:

« ヘルシンキ | トップページ | 1995年アジア紀行〈タシュクルガン〉 »