« イタリカ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラホール〉 »

2008年11月15日

京都の秋を見に

 爽やかに晴れ上がった一日、秋の様を見に散策にでかけた。


 建仁寺境内、欅の黄葉は盛りを過ぎることろだろうか。だいぶ散り始めている。


 金比羅さんの駐車場にある銀杏。銀杏の黄葉は木によってだいぶ具合が違っていた。他にまだほとんど色づいていない木もあったが、この木は少し妙に朱い。


 種類にもよるが、楓の紅葉はまだ早いようで、本格的な紅葉は来週以降というように思う。これは、代わりというわけではないのだが、建仁寺の庭で撮った杉苔のまだ青々とした一枚。


 建仁寺の庭に望む縁側は、さまざまな観光客で溢れていた。12月に入るまで、この人出が続くのだろう。


 こちらは護国神社の境内。だいぶ色づいてはいるもののまだまだという感じ。

 坂本龍馬、中岡慎太郎の墓への参道には、墓参の人の列が入り口まで続いていた。旧暦の11月15日は龍馬の命日。


 お気に入りの場所から見下ろしす、暮れ行く京都の一枚。

|

« イタリカ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラホール〉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/43123520

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の秋を見に:

« イタリカ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラホール〉 »