« リニア中央新幹線 2008年12月の動き その1 | トップページ | 今年の西夏成果 »

2008年12月31日

リニア中央新幹線 2008年12月の動き その2

<今までのエントリー>
 リニア中央新幹線を諏訪へ
 リニア中央新幹線と長野県
 リニア中央新幹線 Bルートが無理なわけ
 リニア中央新幹線 知事の質疑応答ほか
 リニア中央新幹線 Bルートが実現する可能性 その1
 リニア中央新幹線 Bルートが実現する可能性 その2
 リニア中央新幹線 2008年12月の動き その1


 以下、その1からの続き

 次に、長野県知事、村井氏の見解について。これは、長野県の公式サイト内知事会見から読むことができる。10月26日の記事リニア中央新幹線 知事の質疑応答ほか以降については、10月31日分12月19日分12月26日分で計6件の質疑応答が収録されている。ルート問題とは関係のない10月31日分を除くと、内容のある回答は12月26日付の質疑応答の中にある以下の一文のみ。

 長野県はBルートということでずっと決めて、それで期成同盟会の活動なども続けてきた経緯があるのですから、そういうものを無視してもらっては困るということを言ってきたことは否定しません。
これ以外については、同じ文中にある以下の一文に代表されるように、問題について知事個人としての意見、コメントをすることを避けてきている。
 私は伝聞で知ったことに基づいて自分の判断をすることは基本的にありません。
これは、10月26日記事などに見られるように、一連の発言について波紋が大きく広がったことから、慎重になっているということだろうか。


 このような長野県の動きに対して、Cルートを取った場合に駅設置が有力視されている飯田下伊那地域では、Bルート案を疑問視する意見が出て来ることは自然なことと思う。

 「直線ルート視野」決議書案 飯伊経済団体、転換も視野
(信濃毎日新聞 12月12日)

 この点に関連して、以下のような記事も見られる。

 リニア中央新幹線:Bルートを確認 「建設促進議連」会長が発言を撤回し謝罪
(毎日新聞 12月10日)

 この会長発言に関わるやりとりが具体的にどのようなものかわ分からない。しかしながら、この事件とは関係なしにCルートを推そうとする意見に対して、「不協和音はまずい」といった理由を押し付けることは得策ではない。長野県全体としてBルート推進としたいのであれば、飯田下伊那地区などCルートを推す人達を理をもって再度説かなければならないと思う。


 今後Bルート推進を続けた場合に、他にどのような問題があるだろうか。一番に思いつくのはイメージダウン。長野県は、観光振興担当の部局が観光部として単独で存在する珍しい県である。それだけ観光は長野県にとって重要な問題と思うが、イメージダウンは影響しないだろうか。

 またそもそもリニア新幹線は、建設とそれに関わる部分以外でどのくらい地域の振興に資するのだろうか。これについては、毎日新聞に以下のようなコラムがあり次の一文で結ばれている。

 リニア中央新幹線の整備を否定している訳ではない。が、無条件に「リニアが経済繁栄をもたらす」という考え方は幻にすぎないと強く思う。
 しらかば帳:一年を振り返って リニア経済効果は?
(毎日新聞 12月19日)

 「“引っ越し道路”」という例示は、リニア新幹線に比べると質が違いすぎるとは思うものの、「無条件に・・・」という点については、自分も賛成である。

 例えば、Bルートが実現した場合、諏訪地区と東京は30分以下で結ばれる。諏訪には、上諏訪、下諏訪、蓼科といった温泉郷が存在するが、いずれの温泉地も近隣の観光地を背景とした存在であって、温泉地単独としてどのくらい魅力があるだろうか。諏訪まで30分であれば、蓼科や霧ヶ峰で日が暮れるまで遊んで、駅に出る途中で食事をしても、品川駅からの時間さえ短かければ時間的にゆっくりと帰宅できる。諏訪エリアの観光地が、東京からは完全な日帰り圏となる。温泉旅館に限らず、各地の宿泊施設は日帰りしようとする客を押しとどめるべく、より一層の努力が必要になる。


 まったくの政治的な事情で、JR東海が具体的に動き出したのが年末という慌ただしいものだった。最初の動きは、村井長野県知事の会見の見る限り、挨拶回りに毛の生えたていどのようだ。JR東海が来年度中と発言していることからして、来年この件は大きく進展をみることになるだろう。いずれにしても本番は、年が明けてからである。


<関連報道(日付順)>

近畿延伸も全額自己負担で リニア新幹線でJR東海社長
(産経新聞 12月13日)

しらかば帳:一年を振り返って リニア経済効果は?
(毎日新聞 12月19日)

国、中央新幹線「調査」をJRに指示 年内に地元と対話
(信濃毎日新聞 12月24日)

リニア計画で4項目調査指示 国交省、JR東海に
(朝日新聞 12月25日)

「リニア新幹線駅、沿線各県に」 JR東海会長
(朝日新聞 12月26日)

JR東海の葛西会長、景気後退でもリニア計画続行に意欲
(AFP 12月27日)

リニア中央新幹線:建設問題 JR東海社長が知事に報告 事務レベルで協議へ
(毎日新聞 12月27日)

リニア新幹線 実現へ地域と手を携え
(信濃毎日新聞 12月27日)

|

« リニア中央新幹線 2008年12月の動き その1 | トップページ | 今年の西夏成果 »

ニュース(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/43589799

この記事へのトラックバック一覧です: リニア中央新幹線 2008年12月の動き その2:

» eB0^79}DA09210P0Di7D05704F05908B [新幹線]
新幹線に関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私が新幹線関係で見てい... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 01時33分

« リニア中央新幹線 2008年12月の動き その1 | トップページ | 今年の西夏成果 »