« 今週のシュトヘル | トップページ | 1995年アジア紀行〈アーグラ〉 »

2009年1月25日

1995年アジア紀行〈バム〉

 イラン南東部、沙漠の中のオアシス都市バム。歴史にあまり登場せず、街としてもさほど大きくないバムは、2003年に地震に見舞われるまでは一般にはあまり知られていなかったように思う。しかし、インドからトルコへ陸路を行き来する旅行者の中で、その都市遺跡はかなり評価が高かった。2003年の地震で大きく破壊されたというが、以来5年を経てどのくらい復興されただろうか。

 バムへは、パキスタンから陸路バスで入った。アフガニスタン関連のニュースで時々名前の上がるパキスタン西部の要衝クエッタから、イラン国境まで夜行バスで16時間。さらにザヘダンで乗り継いでバムのついたのは3月16日の夕方だった。一週間のトランジットビザだったので、のんびり滞在するわけにいかず、中一日の滞在で18日にはケルマーンへ移動している。


 都市遺跡は、バムの街の北西の外れにある。土を固めた城壁に囲まれていて、本来はいくつかの門があったのだろうが、南西にある門以外は閉じられていた。GoogleMapで見ると北側に城塞、南側に市街が広がる500m四方ほど大きさの遺跡であることが見て取れる。

 バムを訪れた頃数日間は、雲りが続いたおかげで、遺跡のスケールと雄大さのわりに奇麗な写真を撮ることができなかった。


 南側から北を眺めたところ。中央に小高く聳えるのが城塞部分。城塞は、迷路のような通路を通って上まで登ることができた。


 城塞の恐らくは頂上に近いところからの眺め。南東方向を見たものと思われる。眼下に広がっていた街を一望できる。


 正確な位置は不明ながら、市街地内のいち風景。迷路のような街路が巡り、廃墟としての雰囲気がたっぷり。


 城塞の上から南西方向を見たところ。城壁の向こうに緑豊かな今の市街地が広がっている。GoogleMapでも見て取れるが、バムは沙漠に浮かんだオアシスというイメージそのものに緑豊かな街。


 こちらは、城塞から西側を見たところ。道の両側に街が広がっているのが見てえている。GoogleMapの写真がいつ時点のものか不明だが、この写真と比べると地震で破壊された街を確認することができる。


<Google May Map>
 1995年アジア紀行参考地図

|

« 今週のシュトヘル | トップページ | 1995年アジア紀行〈アーグラ〉 »

1995年アジア紀行」カテゴリの記事

コメント

うわ~バム! しかも地震前の。最も好きな遺跡の一つです。嬉しくて勝手にトラックバック付けちゃいました。95年だとまだ「旅行人」のガイドブックも「地球の歩き方」のイラン編も無い時代ですよね。僕はNHKの「シルクロード」を観て、イランに行くならどうしても見たいって思っていて、たまたま一緒に国境を越えた他3人(彼らはバムを知らなかったけど)とザヘダンから向かったんです。城壁に座って陽が暮れるまで眺めていても飽きませんでした。

投稿: 没関系 | 2009年1月26日 23時05分

没関系さん こんばんわ

没関系さんが行かれたころはどうだったんでしょう
自分の時は、デリーとかで手書きをコピーしたイランガイドが出回ってて、これが地図いりで詳しくてかなり役にたちました。

没関系さんとこはやっぱり写真良いですねえ
自分の写真だと朧げだったものが、少し甦ってきます
イランは短期間ながらいろいろ思い出が有ります
また行きたいですね

投稿: 武藤 臼 | 2009年1月27日 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/43853190

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年アジア紀行〈バム〉:

» アルゲ・バム(イラン):泥の町・失われた遺跡 [没関系☆スナフキンの足跡]
 イランで日本人学生が誘拐されて以来、検索でこのページを見て下さる方が増えているようです。そこで是非、報道では語られていない旅行事情についてもご理解頂きたく、一時的に追記します。  彼の通ったルート、つまりパキスタンのクエッタからイランのザヘダンというコースは決して特異なものではなく、陸路で西を目指す場合、シベリア鉄道を除けばアフガニスタンへの旧ソ連進軍の後は長らく唯一のルートでした。現在では中央アジアを通過するルートが可能ですが、今でもそちらの方が珍しいでしょう。彼の通った国境は、日本人を含む多... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 22時56分

« 今週のシュトヘル | トップページ | 1995年アジア紀行〈アーグラ〉 »