« 鎌刃城 | トップページ | シュトヘル 1 »

2009年3月30日

今週のシュトヘルより「塩州」

 ひと月ぶりの掲載。ストーリーは少しだけ前進といったところ。今週は、イスラム商人の隊商宿がある街として登場する塩州について。

 塩州は、西夏の首都中興府(今の銀川)と西夏東部の重要都市夏州(今の統万城遺跡)、あるいは陝西北部の主要都市延安(北宋、金領)とを結ぶ街道が通る重要拠点で現在の陝西省定辺県とされている。また、その名前に「塩」の字があるとおり、古来より塩の産地としても知られていた。GoogleMapを開くと、塩湖あるいは採塩場と思しきものを定辺周辺に確認することができる。

 西夏建国の前夜、夏州を拠点としていた李継遷が塩州を手に入れたのは、西暦1000年頃と考えられる。塩は交易品として、また戦略物資として重要な意味を持ち、西夏と敵対する宋は、塩州産の塩を禁輸にすることによって経済圧力をかけることも行なったという。


 ストーリーに少し関わる話として上に書いたことを地図上で眺めてみると、塩州は東西あるいは北西と南東を結ぶ街道沿いの街と見てとれる。それを考えると、南へ向かう旅の出発地点として相応しかったかどうか少し疑問が残る。また、作中で「興慶より約80km」とあるが、地図上で計ってみると銀川から定辺まで150km近くある。塩州の中心の街ではなくて、行政区画としての塩州内で興慶よりの辺境の街という見方もできなくわないが、わざわざそうする理由はないように思う。

 それよりも細かいことも気にならなくはないものの、笑って放っておこうかと思う。

 次回はまたひと月後とのこと。これからは月いち連載になるのだろうか。シュトヘルが掲載されていないと、スピリッツを買う気がおきないのだが。


 今日は単行本の第1巻も発売になった。こちらについては、稿を改めて明日報告する予定です。


<Google May Map>
 シュトヘル 参考地図

|

« 鎌刃城 | トップページ | シュトヘル 1 »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

私は相変わらず(笑)、文字・言語にコメントさせていただきます。
今週気になったのは「大夏」の読み方。
今週のシュトヘル(スピリッツp.9)では「だいか」とルビが振られていましたが、以前は「たいか」(例えばコミックス1巻p.195)。
このあたりは何か事情があるのですかね??
私は「だいか」と呉音読みするのが好きなのですが、辞典類では「たいか」と漢音読み(例えば新字源)。
もしかして「大元ウルス」(だいげんうるす)とか「大唐帝国」(だいとうていこく)とか読んでいるのは私だけ?!皆さんこの「大」は漢音読み?

投稿: 某勉強会会長 | 2009年3月31日 20時59分

横レスすいません。

『元史』順帝紀に
「(至正)二 十 三 年 春 正 月 壬 寅 朔 , 四 川 明 玉 珍 僭 称 皇 帝 , 建 国 号 曰 大 夏 , 紀 元 曰 天 統 .」
ってあるみたいですが、元末の四川にも「大夏」なる国があったんですね。

某勉強会会長さまのお話を拝聴しておもったのですが、「だいか」と声に出して読むと元気があるというか、躍動感、ある種の遊牧民族的なリズムを感じるような気がいたします。

というのも「大夏」というと、昔の思い出からバクトリアの大夏国をまっ先に想起するものでして、
そしてバクトリアの方は必ず「たいか」であります(笑)
NHKのドキュメンタリーかの影響でしょうかわかりません^^
しいていうと、大厦(大きな家)のことも「たいか」と読んでますから、
砂漠の太陽のもと、粘土でつくった四角い家でくつろぐ定住オアシス民のイメージなのかもしれません。
「動」に対する「静」みたいな感じで

投稿: 巫俊(ふしゅん) | 2009年4月 1日 02時17分

>巫俊さま
そうですね。バクトリアの方は私も「たいか」と読んでしまいます。
これは「トハラ」の音写としての「大(タァ)夏(カァ)」を意識してしまうせいかも知れません。
とにかくどちらの読みでもよいので、変換候補に出て欲しいです(笑)>大夏

投稿: 某勉強会会長 | 2009年4月 1日 23時59分

某勉強会会長さんこんばんわ
たしかに振り仮名が違いますね
「だい」と「たい」は今まで意識したことがなかったですが、おっしゃられることに理が有るようにおもいます。
「だいか」の普及を計りましょう^^


巫俊さんこんばんわ
「夏」の字がつく国がほかにもあったのですえ。
知りませんでした^^
バクトリアと重なるというのも面白いです

投稿: 武藤 臼 | 2009年4月 2日 01時17分

改装開店した近所の本屋に行ってきました。

『皇帝たちの中国史―連鎖する「大一統」』(稲畑耕一郎、中公、2009年)
http://www.amazon.co.jp/%E7%9A%87%E5%B8%9D%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8F%B2%E2%80%95%E9%80%A3%E9%8E%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%A4%A7%E4%B8%80%E7%B5%B1%E3%80%8D-%E7%A8%B2%E7%95%91-%E8%80%95%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4120040011
見かけたのでパラパラと…
目次を見ると始皇帝から清朝まで章があり、序文か何かには以下のようにありました。
「中国大陸」はユーラシア大陸の一部であり、インド亜大陸のようにヒンドゥクシュのプレートによって区画されている訳ではない。始皇帝が成し遂げた「大一統」の中国は人工の建築物である長城によって、境界線が曖昧で入り混じった蛮夷の世界と中国を区画するものである。

とこんな感じであったと思います。
面白いのは始皇帝がつくらせたとされる「琅邪台刻石」の記事を紹介してることですね。
「六合の内は、皇帝の土なり。西は流沙に渉り、南は北戸に尽き、東は東海に有り、北は大夏を過ぐ・・・」
大夏というのはどういうことか不明と解説されていました。
「たいか」とルビを振っていましたが、これも某勉強会会長さまがご教示くださったように、

>「トハラ」の音写としての「大(タァ)夏(カァ)」を意識

したバクトリアの大夏国由来の日本語ルビを引きずっているように思われます。
『山海経』の西の経にも「流沙」が出てきますが、流沙の先にあるバクトリアが「北は大夏を過ぐ」がだとすると、ちょっと方位として無理がありそうだと思います。

以前むとうすブログさまに書いたことがありましたが、戦国期の『穆天子伝』に西夏という地名が出てくるんですよね。『穆天子伝』には黄河が北に大湾曲する部分(河宗)で周王が殷王朝の子孫に逢うという演出もあります。
やっぱり「大夏」というのもバクトリアだけじゃなくて、確か『孟子』に「禹は石纽に生まれ西夷の人である」とあったと思いますが、西方や北方の方に「大きな夏」なる上古の帝王の故地があるという信仰が中国社会にはあったんじゃないかと思っています。

だから「大夏」という言葉はトハラに限らず西北系の民を指す言葉でもあったのかなと。

投稿: 巫俊(ふしゅん) | 2009年4月18日 21時47分

巫俊さん
こんばんわ

なかなか遠大なお話ですね
私の知る範囲を超えた面白い話です

西夏が大夏を名乗った根拠が、たまたま夏州を根拠にしていた以上の意味がある可能性が考えられるでしょうか。

自分は李元昊が郝連勃勃をどの程度意識していたんだろうと想像してますが、古来西域を往来したトハラあるいはソグドといった人々を想像するのはとても楽しいです。
塩州や夏州といった土地は、ソグドとは時代的にも地理的にも縁の深い土地ですから、あながち荒唐無稽ではないのかもしれません。

投稿: 武藤 臼 | 2009年4月20日 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/44517856

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のシュトヘルより「塩州」:

« 鎌刃城 | トップページ | シュトヘル 1 »