« 西夏語勉強会 | トップページ | 1995年アジア紀行〈バラナシ〉 »

2009年4月18日

1995年アジア紀行〈シャンドゥール峠〉

 パキスタン北部、カラコルムハイウェー上の要衝ギルギットから、北西辺境州北部の街チトラールへ。ギルギット川を遡り、3700mを超えるというシャンドゥール峠を越えるルートは、一般にはほとんど知られていないだろう。当時、パキスタン北部を旅する者の中では、秘境を抜ける横断ルートとしてそこそこ知られていたように思う。

 最近はかなり道が良くなったらしいのだが、当時は小型のアウトドア車がやっと通れる細い崖道や、歩くような早さで登る坂など悪路が続く難所だった。直通のバスなどはもちろん無く、ジープを雇ったり、ヒッチハイクをしたりあるいは歩いたりと、メインルートの旅よりは多少の努力が必要なルートだった。


 乗り合いのジープに自分の他に日本人一人、ドイツ人二人、住民が二人乗り合わせて、ギルギットを立ったのは9月13日の午後のこと。今ひとつすぐれない天気の中、それでもバスが乗り入れる道を走っている内は良かったものの、途中から悪路となり100km余りを走ってグピースにたどり着いたのは夜8時のことだった。

 翌朝は、奇麗な星空に冬の大三角形が確認できるまだ暗い4時に出発、前日以上の悪路70kmあまりを半日かけて昼前にテルーにたどり着いた。ギルギットからの乗り合いジープはそこまで。その日は、先へ行く足が見つからずにテルーに宿をとった。標高は3000mを超え、宿といっても室内というだけで、自前の3シーズン用の寝袋ではかなり厳しい一夜だった。

 翌朝、峠を越えるジープが見つかり、2時間半で標高3700mを超えるというシャンドゥール峠に到達した。峠とはいっても広々とした草原で、日本でイメージする峠とは随分と趣きが異なった。峠からチトラールまでは、ヒッチハイクで車を乗り継いで5時間ほど。最後に乗せてもらったのは、身なりの整った紳士が乗る運転手付きの現地仕様のパジェロだった。



 登り道は、峠の近くまでギルギット川とその支流を辿る。荒々しい山肌が見られる途中所々に村があり、写真のような奇麗な風景に出会える。これは、グピースとテルーの間で見かけた吊り橋。


 正確な場所は既に思い出せないのだが、テルーの村の周辺と思われる。


 テルーの宿近くの風景。ここら辺は釣りの名所のようで、ヨーロッパからのツアー客が何人か泊まっていた。


 シャンドゥール峠周辺に広がる草原。既に草が枯れているので荒野に見える。


 峠には、簡素なチェックポストがあったので一休み。同行した日本人に写真を一枚撮ってもらった。


 没関系☆スナフキンの足跡に、96年のシャンドゥール越えのより詳しい記録があります。


<Google May Map>
 1995年アジア紀行参考地図

|

« 西夏語勉強会 | トップページ | 1995年アジア紀行〈バラナシ〉 »

1995年アジア紀行」カテゴリの記事

コメント

むとうすさんは僕より苦労して越えてるんですね^^A; 僕がテルーで知り合った人は、乗合ジープの荷台に立ちっ放しで景色どころじゃなかったって言ってました。今では直行バスもあるようだけど、グピス辺りは本当に美しいので出来たら1日過ごしてみたいです。でも今、あの辺りの治安はどうなのでしょう・・・

投稿: 没関系 | 2009年4月20日 19時25分

没関系さん
早速コメントありがとうございます
狭いジープの荷台に大量の荷物と4人が乗り合わせましたから楽ではなかったとは思います・・・というかもう細かい記憶はないですが^^;
なんせ悪路ですので、ジープがすっ飛ばして飛び跳ねるってこともありません。

没関系さんが行かれたのは初夏ですかね?
緑がより色濃い時にいったらよりいっそう印象深かったのかなとも思います。

簡単には二度行けない土地ですので、苦労も含めて楽しい思い出ですね^^

投稿: 武藤 臼 | 2009年4月20日 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/44726409

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年アジア紀行〈シャンドゥール峠〉:

« 西夏語勉強会 | トップページ | 1995年アジア紀行〈バラナシ〉 »