« 山陽路を西へ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラーメシュワラムとアダムズブリッジ〉 »

2009年5月10日

アルハンブラ その1

 アルハンブラ宮殿を3回に分けて紹介するその1回目。

 東西におよそ800mに渡って広がるアルハンブラ宮殿は、城壁に囲まれた主体部分とその東側、小さな谷を隔てた山の中腹に広がる庭園ヘネラリッフェに分けられる。

 主体部には、城塞や宮殿、教会が建ち並び、東側半分は緑色濃い庭園。アルハンブラ観光の中でも特に目玉となっているのが、主体部の中央北側に建ち並ぶナスル朝宮殿と称される宮殿群。そのナスル朝宮殿は次回として、今回は主体部のそれ以外の部分についての話。


 宮殿観光のため、8時前にチケット売り場へ出かけたところすでに長蛇の列だった。ちなみに、中央ヨーロッパ時間を採用し、さらに夏時間の最中だったスペインでは実際の太陽時間とは2時間以上の差があるので、8時はまだ陽射しも弱い早朝になる。

 1時間経ってやっと入場を果たした。ナスル朝宮殿が10時30分からの指定だったので、その前にアルカサーバを見て歩き、宮殿を出てから庭園を見て回るという順番となった。



 主体部の東にある入り口から宮殿群へむかって続くセカーノの散策道。刈り込まれた糸杉の並木が続く。


 主体部のほぼ中央に広がるパルタルの庭園。池の向こうにあるのが貴婦人の塔


 セカーノの散策道の先、カルロス5世宮殿へと続くメインストリート。右に聖マリア教会が見えている。


 カスティーリャ王国併合後に建てられたカルロス5世宮殿。イスラム建築群の中にあって、正方形の厳つい外観と円形の広い中庭の組み合わせは、アルハンブラ宮殿の中では異質さが際立っている。イスラム教徒の反乱などのために完成をみなかったといい、中は宮殿というにはガランとしたただの空間といった感じ。一部が博物館として利用されている。


 主体部の西端には、城壁に囲まれた城塞アルカサーバがある。アルハンブラ宮殿の中でも9世紀に遡るという古い歴史を持つ。

 写真は、そのアルカサーバの奥に聳えるベラの塔。アルハンブラ宮殿の中で最も西にある塔で眺めの良さは随一。


 そのベラの塔から北西方向の眺め。宮殿下の繁華街から遠くにはグラナダ駅が見えるなど現代グラナダ市街中心部の街並が続く。


<参考>
 アンダルシア散策(Edilux 2003年)

 Googleのマイマップ2008年秋 スペインの旅 グラナダへ、この他にも写真を載せています。

|

« 山陽路を西へ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラーメシュワラムとアダムズブリッジ〉 »

2008年秋 スペインの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/44069477

この記事へのトラックバック一覧です: アルハンブラ その1:

« 山陽路を西へ | トップページ | 1995年アジア紀行〈ラーメシュワラムとアダムズブリッジ〉 »