« マルワリード用水路 | トップページ | シルクロード 文字を辿って »

2009年7月18日

遼金西夏研究の現在 2

遼金西夏研究の現在(2)
荒川慎太郎、高井康典行、渡辺健哉編
ISBN978-4-86337-031-9
東京外語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 2009.6

 研究所よりご恵贈いただいた。ありがとうございます。

 以下の4編の論文を掲載。いずれも各氏がこれまで続けられて来られた研究の途路における報告とお見受けする。単独としてもいずれも興味深い内容であり、遠からず熟読させて頂く予定。


契丹(遼)の授戒儀と不空密教
 藤原崇人

唐末・五代・宋初の華北東部地域における吐谷渾とソグド系突厥---河北省定州市博物館所蔵の宋代石函の紹介と考察---
 森部豊

金上京路の北辺---アムール川流域の女真城郭
 臼杵勲

契丹国(遼朝)の上京臨潢府故城の占地と遺構復元に関する一考察
 武田和哉

|

« マルワリード用水路 | トップページ | シルクロード 文字を辿って »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/45666327

この記事へのトラックバック一覧です: 遼金西夏研究の現在 2:

» 『遼金西夏研究の現在』2, 2009 [Abita Qur]
藤原 崇人 2009:「契丹(遼)の授戒儀と不空密教」荒川慎太郎・高井康典行・渡辺健哉(編)『遼金西夏研究の現在』2, [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 00時09分

« マルワリード用水路 | トップページ | シルクロード 文字を辿って »